忘力

年をとってくると物忘れが多くなってきます。
私もほんと、物忘れひどくて、というか私の場合は若いころから物忘れ多いですが。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-995.html
物忘れに関する記事もこれ以外にもいくつもありました。

物忘れは記憶力の低下というか、大事なことを覚えていられないということで、機能が低下しているようにも思われがちですが、実際のところそういうことではないように思います。「忘れる」というのは思考力とか、歌唱力とかと同じように忘れる力、忘れる能力であると思います。

忘力とかいてなんと読むのか、実際のところは私知りません
「ぼうりょく」でしょうか。でもい暴力みたいでなんかアレですから、
「わすれりょく」・・はなんか語呂が悪い気がします
「わすれぢから」、なんとなくこれがしっくりくるような気がします。目力めぢからってのもありますし。
忘力はわすれぢからに決定。以下、忘力は「わすれぢから」とお読みください(*^-゚)b


最近お話ししたこと、約束したことを相手の方が忘れてしまわれて、行き違いになってしまうことが続いたのでふっと「忘れる」ということについて思いました。
相手の方は話の核心を忘れるというかなり強烈な忘れだったのですが、でも自分もふくめそういう忘力を発揮しないと大量の仕事をさばいたり、超集中力は発揮できないなあと。
人の記憶に関する脳のはたらきも、コンピューターでいうところのメモリとハードディスク容量みたいなものがあるらしいです。
ハードディスクは記憶を長期間保存するための装置。
メモリは情報を処理するための一時的に記録する装置。処理が済んだら忘れる。

自分の住んでいる住所、電話番号などはハードディスク部分に保存してずっと覚えていますが、お買いものをするとき1000円以内でおさめるために500円と200円と100円の品物を選ぶ、これは一時的に処理するための情報なのでメモリ部分で記憶して、買い物という処理がすんだら忘れます。

こういう脳の働きにも容量というものがあって、新しい記憶を入れるためには古い記憶を消していかないといけないんですって。
500円のものと、200円のものと、100円のものを買ったとずっと忘れずに覚えて続けていると、脳の容量がパンクしてしまって他の新しいことが記憶できない、長期保存の記憶も使わないものは消していかないと新しいものを覚えられないのだとか。



脳の機能の、理屈のうえでもそういうことですが、人間忘れることができなければ生きていけないと思うんですよね。

大切な人を失ったとしたら、茫然自失、もうなにも手につかないくらいつらいです。
人からキツイ言葉をあびせられて傷つくこともあります。
自分に悪気がなかったとしても相手を傷つけてしまうこともあります。
そのことで自分自身を責めることもあります。
思わぬ事故や病気で大変苦しく、辛い時間を過ごさなければいけないこともあります。
恥かしくて二度と人前に出られない、と思うくらいの失敗をすることもあります。

こんなの、だれでも経験していることですし、逆にこういうことを経験して人は成長していくもんだと思います。経験しないとわからないことってありますもの。自分がつらい思いを経験していたら、他の人が同じ辛い思いをしているなら本当の意味で辛さがわかるのでしょう。

でも、そのつらいこと、苦しいこと、自分を責めること、恥じる思い、これらすべてをずっとそのまま持ち続けていたら、とても平常心でいることなどできないです。経験したこととして、自分の糧として変換し、しまっておき、そのことは忘れていかないと。さらに忘れることで変なわだかまりが残ることもなくなるかも。


これって祓い清めと同じだと私思っています。
祓い・清めは前回の記事で書いていますが、神道では何かをおこなう前は必ず祓い清めを行ないます。神様の力をわけていただくため、自分が元気になるため、新しいことを始める前、祓い清めをおこない、罪・穢れをおとし、真っ新な状態、自然体になります。自然体とは穢れない、あるべき理想的な状態で、白紙の状態です。そうすることで神様の力を取り入れることができるし、自分が元気になる。
忘力は元気になるため、パワーを充電するため、リフレッシュするために祓う・清めるのと同じで、白紙に、自然体に戻るという能力なんだなあと。

忘力もっとみがくべし!と自分に言い聞かせたのですが、生活に支障のない範囲でねと付け加えました


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


倒壊 | Home | 続心構え

コメント

装束の帯を忘れたとのことですが、私、装束を着るのに靴下を脱いだ後、足袋をはき忘れ、しばらく気がつかなかったことがあります(笑)
お魚くわえたどら猫を追いかけたわけではありませんが、裸足でかけてく陽気な巫女さんになるところだったことがあります(^^;)笑い話程度のところで気付けてよかったですが…。

この頃、結構いろいろ忘れるので、自分の頭に物忘れも程々に…!と言い聞かせています(^^;)

2013/06/24 (Mon) 22:14 | 煌夜 #- | URL | 編集
小さな宇宙

脳科学を少しだけかじって見て思うのは、脳と言う小さな世界は、計り知れない謎を秘めていると言うのを感じてしまいます。
忘れること 記憶することも、すべて、脳内で選別してくれているんですものね。

極端な話、記憶喪失は大きなショックから精神を守る為の脳の働きですよね、それこそが神様から与えられた力なのかもしれないですね。

2013/06/25 (Tue) 21:31 | 花梨糖子 #- | URL | 編集
なるほど

夜分失礼致しますm(_ _)m
ご無沙汰でした

生意気盛りの頃よく親に「握ってるものをいい加減にはなしてみなさい」と諭されました…

また「空っぽになってみなさい、水が一杯になってる器に幾ら新しい水を注いでも、溢れこぼれるだけです」とも。

忘れ力。けだし名言ですね。

2013/06/27 (Thu) 02:31 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集
煌夜さま


足袋はわかるような気がします。
ただ、私は現地で着替えるということがかなりすくないので、あまりないですが。最初から足袋もはいているし、着物ですし、袴ですし。

裸足でかけてく陽気な巫女さん・・・
にはならなかったわけですね。よかったよかった(*^^)v

2013/06/29 (Sat) 22:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
花梨糖子さま



わたしは脳科学などまったく知らないですが、計り知れない謎を秘めているというか、わからないことのほうが多いのではないのかなぁ・・・と思っていまいます。
なんでしたっけ、ジャンク細胞?でしたっけ、いったいなんなのかわからないのが9割くらいって。

2013/06/29 (Sat) 22:06 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

おひさしぶりです。お元気にされていましたでしょうか。
> 生意気盛りの頃よく親に「握ってるものをいい加減にはなしてみなさい」と諭されました…
> また「空っぽになってみなさい、水が一杯になってる器に幾ら新しい水を注いでも、溢れこぼれるだけです」とも。
深い言葉ですね
忘れるということも、奥深い意味があると思います

2013/06/29 (Sat) 22:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する