攻めの子育て

「イクメン」という言葉が流行語大賞に選ばれた(ノミネートされた?)ように子育ては父親母親が協力しておこなうというのが定着してきているように思います。
本来、父と母が協力して子育てするのは当たり前だとは思いますが。
男性が女性まかせになりがちだった消極的な子育てから、積極的に子育てにかかわっていく、いうなれば攻めの子育てにシフトしてきたのではないかと思います。攻めの子育てってちょっとカッコいい言い方です(笑)


さて、5月にはいり春も本番かと思いきやまだ寒い日が続いています。とはいえ桜も散って椿も散って、つつじが咲いて春は確実に進行しています。
そんな春の恒例行事のひとつ、カラスの巣立ちがあります。以前にも記事にしています。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-65.html


カラスのヒナは今の時期に巣立つようですが、完全に飛べるようになる前に巣立つんですね。それで地面をぴょんぴょん跳ねまわったり、あるいたりしながら飛ぶ練習やエサをとる練習をして、しばらくたって自分で飛べるようになるらしいのです。だから今の時期どうしても地面に落ちてくるんですね。
そんなわけで、先日からカラスのヒナが境内をウロウロしています。

130503CIMG2455.jpg  130503CIMG2458.jpg


で、ヒナがウロウロしているもんだから、ヒナに近づくものがいたら親カラスが威嚇、攻撃してくるんですね。

別に君たちの大事なヒナに近づいているんじゃなくて、お参りをするためにそこに行ったのだが、カラスにそれが伝わるわけもなく、境内を移動するたびに大きな鳴き声で威嚇されます。カラスはオス、メス夫婦で子育てをするようなので、オス、メス両方ともが威嚇してきます。

これは毎年、今の時期おなじみの光景なので、あぁまた今年もだなあと思ってたのですが、どうも今年はちょっといつもと違います。
なにが違うかって、今年のカラスは「攻めの子育て」をしてくるんですね。
大きな声で威嚇するだけでなく、頭すれすれまで急降下してきて攻撃をしかけてきます。うちの父親はその攻撃で頭をつっつかれてケガしてますしね。

威嚇のために近くまで飛んでくることはあるのですが、今年の親は多分攻撃を仕掛けようとしてますね。私が後ろをむいたらビューっと急降下してきます。威嚇だけなら後ろを向いた途端に急降下でなく、見えるように正面からきますよねえ。
攻めの子育てですね・・・


参拝の方にも威嚇しています。朝掃除をしているときに参拝者の方が「いつもお参りさせてもらっているんだけど、昨日は神社の中に入ろうしたらカラスが怒るから外からお参りさせてもらいました」とおっしゃっていました。

実際に攻撃してケガをされたら困るのでなんとかしないといけないなあと思いつつなかなかやりようがありません。
方法は多分、ヒナを捕まえるか、親鳥を捕まえるかどちらかなになると思うですが、捕まえるとその後がどうしようもないんですね。というか捕まえるのがそもそも難しいですが。

ヒナが地面におりて、親鳥が攻撃を仕掛けてくるのは1年のうちのわずかな期間だけなのでなんとか捕まえたり、駆除したりしないでやり過ごしたいと思います。

神社の杜は私たち人間にとっても神様を拝むための大事な場所ですが、カラスにとっても生きている大切な場所ですしね。人だけの都合で駆除するのはヤダなあと思ってしまうあまちゃんの私。とりあえずケガをさせないように攻撃をしかけてきそうだったら追い払うように気を付けていることにします。
みんながこの世界で生きているんですし、人もカラスもつつじの花もなんにも違わないです。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


平成25年例祭 | Home | かんせん

コメント

みんな一緒

親が子を心配し守るのは、人間も生き物すべて同じですね。

でも、毎回攻撃されるのは困りものですね。
迷惑ではありますけど、カラスにしたら子供を守るのに必死なのだから、それを駆除するのはしのびないですよね!

私も 攻撃されちゃうかしら…?

2013/05/04 (Sat) 21:52 | 花梨糖子 #- | URL | 編集

鴉は人の顔をすぐに覚えて一度手を出した人間を、見つけたら攻撃し続けてくるそうです…。
なので私は親に「鴉だけは絶対に手を出すな」と小さい頃から言われ続けました。
くれぐれもお気を付けください。

2013/05/06 (Mon) 20:20 | 煌夜 #- | URL | 編集

先日は失礼しました。
いろいろな行事もお疲れ様です。

ああ、そうやったんか!
この頃、カラスがよう鳴いてるなとは思てたんですが、犬を連れてるせいか、攻撃されたことはないんです。
で、こないだお話しした帰りに鳥居を出たところで、知らんおばあさんから「カラス、どうもないか?」と話しかけられました。「大丈夫ですけど」と答えたら「こないだ、急に攻撃してきて怖かった」というて、結局境内には入らず、表から拝んでおられました。
運悪く雛に知らんと近づいて、親カラスにつつかれそうにならはったんでしょうね。

2013/05/06 (Mon) 22:55 | ぽん #- | URL | 編集
烏神主?

今晩わ、寒いですね(笑)

北海道では雪が降ってたり気象状況が違うからいつもより過激なんですかね?

そのカラスの泣き声は「カァ―」ですか「ガァ―」ですか? 濁らないならハシブトで、濁るのはハシホソです。

話しかわりますが九州は佐賀や久留米あたりの観光バスで必ずガイドされるのが、お腹の白いカチガラス。なんのことはない七夕に出てくる鵲(カササギ)の事だそうです。

さてイクメンのカラスさんに過激な攻撃をされてますが、唯一助かる方法があります。ちょっと法律に引っ掛かる可能性がありますが、幼鳥のときから餌を与えたりして仲良しになると肩に乗るほどなつくそうですよ。
まあ馬でも怖がってる人間を理解するっていいますから…。
一度試して下さいませ。

2013/05/07 (Tue) 20:36 | ジンジャー #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/08 (Wed) 15:20 | # | | 編集
花梨糖子さま

最近の人間社会よりもしっかりカラスのほうが子供守ってますね。
少し前までは威嚇され続けてましたが、今はもう子供も飛べるようになって親が威嚇することもなくなりました

2013/05/14 (Tue) 21:58 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま

うまいこといったみたいでよかったです。
今度の件もよろしくお願いします。

そうなんですよ。カラスが威嚇していたんです。
そのおばあさん私もその話を聞きました。たぶん記事中に登場した方と同一だと。それであぁなんとかしないといけないなと思った次第です。

2013/05/14 (Tue) 22:00 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
煌夜さま

そうなのですか。
顔おぼえられているのかな?
いちばん多く顔合わせているのは私ですしね。
別に手は出してないんだけどなぁ

2013/05/14 (Tue) 22:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま

> 今晩わ、寒いですね(笑)
> 北海道では雪が降ってたり気象状況が違うからいつもより過激なんですかね?

こんばんは
いまはもう暑くなりましたね。今日は夏日だったようです。
急すぎて私の体もびっくりしています。

> そのカラスの泣き声は「カァ―」ですか「ガァ―」ですか? 濁らないならハシブトで、濁るのはハシホソです。
えぇ・・「カァ―」か「ガァ―」か、わからないです。
濁らず「かぁー」のような気がしますが、どちらにも聞こえる・・

2013/05/14 (Tue) 22:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Re: はじめまして

ご質問の件
回答ながくなるかもしれないので後ほどメールにてお送りいたします。
もう少しだけお待ちください

2013/05/14 (Tue) 22:16 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Re: はじめまして

回答をメールにてお送りしました。

2013/05/17 (Fri) 21:20 | 神主 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する