きみ恋し

最近ちょっと気になることがあります。気が付いたのが最近ということで、実際にはずっと前からのことなのですが。
2年前に神社の参集所を新しくしまして、その建物のまわりには白い石を敷いています。白川石というやつで、白川でとれる美しい白色の石砂利です。神社やお寺の庭園などでよく使われるやつですね。
境内の改修整備をおこなうときに奉納していただいたもので、とてもきれいになりました。ありがとうございます。

そういわけですから、参集所のまわりにはちいさな、白い、きれいな石がたくさんあるのですが、去年くらいからそのキレイな白い小石が参集所の入り口に置いてあることがよくありました。わたしが参集所の入り口を朝明けて、夜閉めるというのを毎日やってますから「あ、今日も小石が置いてある」とすぐわかるんですね。

小石が置いてあるのに気付いてからは、入り口に目がいくようになったのですが、そうするとたまに小石と一緒に木の葉も置いてあることもあることに気が付きました。エノキの葉のときもあるし、松の葉であることも。


小石に松葉!
こ、これは恋文ではありませんか( ̄□ ̄;)!!
あなたをお慕い申し候・・・
その昔、思いを寄せる女性の家の門前に、小さな石に松葉をそえて置くという習慣があったそうです。
そして門前に置いてある小石に松がなくなっていたら(門の中に入っていたら)その女性が想いを受け入れてくれたという合図。

小石は「恋し」
松は「待つ」

きみ小石(恋し)、きみを松(待つ)

こういうのは掛詞っていうんですね。和歌や短歌でもよく使われます。
エノキの葉だとさしずめ
きみ恋し(小石)、縁(エンの木)願う
ってところでしょうか・・・


いやぁ~ ということは愛の告白をされているわけですね(。-_-。)ポッ
しかしここで問題点が2つ

問題点1、恋し(小石)、待つ(松)は参集所の入り口に置いてあるので、私の家(わたしがいるところ)ではない。はたしてこれは私への「恋し、待つ」なのか?

問題点2、そもそも想いをよせる女性の家の前に小石、松、なわけですから、それをおこなっているのは男性ですよね・・・

とそんな難問をかかえていたわけですが、この前解決しました。
ある日、女性の声で「そんなところに小石を置いちゃダメよ」そんな声が聞こえてきました。
声のしたほうを見てみると、そこには小さな女の子が参集歩の入り口に小石をならべて遊んでいる姿が・・・(^.^)

参集所の入り口付近に小さな綺麗な石がたくさんあるので、その石を並べて遊ぶのが気にいった、ちかくに落ちている葉っぱもいっしょに並べるのも楽しいな~(* ̄▽ ̄)
そんな感じでした。

愛の告白ではありませんでした。残念(^.^)



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


ジェラシー | Home | 限定

コメント

石にまつわる話

きっとその子は狐さんを見たんでしょう。ですからゴハンをあげてたんじゃないですか?

鳥居の上に石が乗ったら願い事が叶うと云う行為じゃないから構わないんじゃないですか?

子安石とか石に纏わる話しは多いですよね。塞の河原は仏教ですが、大阪の住吉っさんの五大力守石とか…

京都は西院春日神社も、戦時中、生きて帰れるように石を頂戴したとか(還来神社)聞いた事があります。

ミソは叶い事が成就すれば必ず御返しする点でしょうね。それは生命に対する神道の重要な点かと理屈っぽくなりましたが思います。

2013/04/03 (Wed) 21:11 | ジンジャー #- | URL | 編集

確かにちっちゃい子ってそんなことして遊んでますね。何人か寄るとおままごとになったり…(*^^*)
見ていたら可愛いです。

しかし神主様、男性からの告白じゃなくてよかったですね(笑)

2013/04/03 (Wed) 22:33 | 煌夜 #- | URL | 編集
残念(´・_・`)

ついに神主様に
季節だけではなく、
人生の春がーーーー!!と
期待したのですが。
神主様の装束姿も、作務衣姿も素敵ですが
早く紋付袴で隣に花嫁さんって
写真をUPして頂きたいです。
私の目が黒いうちにーーー!

2013/04/05 (Fri) 16:56 | りんだ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/05 (Fri) 22:50 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/07 (Sun) 00:48 | # | | 編集
ジンジャーさま

おぉ!キツネさんをみたのでしょうか・・
えぇ、べつにいいんですよ。こどもが遊ぶぶんには。あぶないことなにもないですしね。

春日神社さんは石にまつわるもの多いような気がします。病気がなおる疱瘡石とか無事かえる梛石とか。
還来神社の戦時中石を頂戴したそれは知りませんでした。いつもお手伝いに行っているのに・・・
今月末にもご奉仕にうかがうのでしっかりみてきます

2013/04/07 (Sun) 22:20 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
煌夜さま

かわいらしいですね(*^ー゚)
えぇ、まさかの男性からの?
と驚きと戸惑いだったのですが、違ってよかったです(*^_^*)

2013/04/07 (Sun) 22:21 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
りんださま

はい。ぜひともりんださまにも私の紋付袴の晴れ姿を見ていただきたく
いま鋭意邁進中です。
婚活に!!
りんださまの目の黒いうちに~(/・0・)

2013/04/07 (Sun) 22:24 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Re: 嵐

先日は遠方からどうもありがとうございました。

お昼休みに海に出てぼけぇ~っとできるなんていいですね。
大都会なのにそういう環境があるんですね。

完全に魂抜けている阿保の顔って・・・
どんな顔なんでしょうこっそり見てみたいです

神様へ自己紹介されるのはいいと思いますよ。ご挨拶も一緒にされるとさらによいですね。


ブログ炎上の御心配もしていただいているのですね。ありがとうございますm(_ _)m
繊細な心?が折れないよに、もしコメントで書きにくければ右にメールフォームがありますから、メールで送っていただいてもかまいませんので。

2013/04/07 (Sun) 22:31 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/08 (Mon) 00:05 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する