順番

数日前から一気に暖かくなり、春を感じられるようになってきました。
暖かくなるのが遅かったので、境内の梅の花が開くのもいつもよりも遅かったのですが、ようやく咲きました。
130314CIMG2432.jpg


この梅の花、白色ですが、淡い桜色のような色合いで、桜の花とよく間違えられます。先日も「もう桜が咲いているのですか!?」と驚いている方がおられましたが、いえいえそれは梅ですとそんな会話がしょっちゅう交わされます。もともと梅も桜も同じ種類?種族?なのでよく似ているのでなかなか見分けにくいのですね。
うちの梅はさらにややこしいのは、となりに桜の木があって、梅の木と枝が交差しているんですね。だから桜の木から咲いているようにも見えるので、間違える方が多いんですね。

先日「もう桜が咲いているのですか」と驚かれていたのが、御菓子屋さんの若旦那。うちの神社の紋菓(神社のシンボルマークの入ったお菓子)をつくっていただいている和菓子さんです。うちの神社には勝駒が古くからありますので、社紋というわけではないのですがいといろなところに使われてまして、撤饌のお菓子にも勝の駒が描かれています。

130314UMA_L.jpg

↑これです。
その和菓子屋さんは京都の北、植物園の前にあるのですが、若旦那がもう桜が咲いた?とおっしゃったので、その話のながれで「植物園のほうでは開花はどんな具合ですか?」みたいな話題になりました。

それで、もちろんまだ全く咲く気配はないということだったのですが、植物園の木が咲きはじめる予兆というか合図があるらしいのです。ある一本の木のつぼみが膨らみ、その木に花が咲くとそれに続いて一斉に咲き始めるというのです。
年によって開花が遅い、早いというのはあるのですが、順番はいままで一度も変わったことがないのだとか。少なくとも和菓子屋さんが植物園前に移ってから数十年のあいだは必ずその木が一番最初に咲いているそうです。だからその木を基準桜と呼んでいるそうです。

基準桜のその次に咲く桜、その次、と順番は結構きまっているみたいで、不思議だなあとおっしゃってました。
桜の種類によって咲くのが早い遅いは知ってましたが、同じ八重桜とか同種類の桜でも木の個体によってそんなにも順番がはっきりしているのは初めて知りました。


よく言いますが、春の季語に「佐保姫」というのがあります。
佐保姫は春をつかさどる女神様で、春がやってくるのは佐保姫がやって来たというように言われてきました。

佐保姫は美しい霞の衣をまとう若々しい女神です。機織と染色が得意で、着る衣もそれはそれは美しく、花を桜色に美しく咲かせて、冬の真っ白な、少し寂しげな風景を美しい春色に染めながらやってきます。木々に新芽が芽吹く様はまさに佐保姫のおはたらきですね。
佐保姫が通ったあとに桜が美しく花開きます。


先日わたし車で用事があって出かけたとき、自転車で走っていたのですが天気がよく、ちょうど暖かかったので、目的地にはちょっと遠回りになったのですが木がある景色のほっとする道を選んで走ってしまいました。

春の女神、佐保姫にもお気に入りの道があるんですね多分。だから桜の咲く木の順番も毎年かわらずに決まったとおりに花開くのでしょう。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


うまれかわり | Home | 開放

コメント

女神

ちょっと仕事で長野のスキー場に行って来ました。高天原というところです。雪に埋もれた高天原神社がありました。そのすぐ隣は一ノ瀬スキー場なんですが同じように一ノ瀬神社というのが鎮座されてました。

都会ではなかなか実感がわかないのですが、やはり田舎に行くと、「自然を畏れ敬う」という形が分かりますね。

秋は立田姫と対の佐保姫。

個人的にはサクヤコノハナヒメとイワナガヒメの話しが好きなんですが…

いつもありがとうございますm(_ _)m

2013/03/15 (Fri) 12:51 | ジンジャー #- | URL | 編集
季節感

自然界が順番を守ってくれているから、その時々の季節感を私たちは感じることが出来るのかもしれないですね。

梅が香って冬の終わりを感じて、桜が咲いて、春を実感出来るんですね。

ところで京都の植物園は桜の種類が数種類あるらしく、満開時期が少しずつ遅れるので、少し長めに楽しめるそうです。

春休みの間に行ってみたいと思っています。

2013/03/17 (Sun) 18:50 | 花梨糖子 #- | URL | 編集

遠目に見ると、ほんまに桜みたいに見えますね。
爽やかで風雅な趣です。

佐保姫にもお気に入りの道があるんですね・・・・ああ、なんて詩情あふれるフレーズでしょう。素敵やわ~

2013/03/18 (Mon) 05:59 | ぽん #- | URL | 編集

きれいな梅ですね。
難波津に 咲くやこの花 冬籠り 今は春べと 咲くやこの花
春になって風に土の匂いと植物の匂いが混じりだすと、この歌が思い浮かびます。きれいな歌で大好きです。

和歌山では桜の開花宣言がされました。
例年より早いそうです。
標高が高いので、市内より咲くのは遅いですが、4月の春の大祭に散らずに咲いていてほしいと思います。

2013/03/19 (Tue) 21:40 | 煌夜 #- | URL | 編集
鎮花祭

桜は穀物の神さまが宿るとされ花鎮めの祭りが執り行われたようですね…梅は花の魁、兄貴分。また実のなる樹木は梅であって桜はさくらんぼの種類だけ。其処ら辺りに古き人々は「神サマ」をきっと見たんでしょうね。

2013/03/23 (Sat) 15:03 | ジンジャー #- | URL | 編集
ジンジャーさま

自然を畏れ敬うという感覚、自然にふれられるようなところだと感じられますね。
「怖れ」ではなく「畏れ」という感覚自体が都会ではなかなか感じられないですよねたぶん。今の子供は「怖れ」でなく「畏れ」というのはわからないのではないかなと思います。

おもしろいお話し神話にいろいろありますよね。
神話で不思議におもうのは、世界中に同じような話が点在していること。
人間が生きていると自然とそういうものが出てくるのだとすると、人の根源的なもの、なにか共通するものがありそれが含まれていのかなと思います。

2013/03/24 (Sun) 22:59 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
花梨糖子さま

へえ、京都の植物園だけなんでしょうか。
そういう理由で長く楽しめるというのは。
いろんんな種類の桜があるというのは珍しいんですかね

2013/03/24 (Sun) 23:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま


桜にみえますでしょう?
木が重なり合ってるから本当にそう見えます。

佐保姫にも・・・・
情景目に浮かばれましたか

2013/03/24 (Sun) 23:03 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
煌夜さま

きれいですね、歌はみじかい言葉であらわすから、凝縮されているというか、洗練されているというか、きれいですねほんと。

今年はどこも咲くのが早いみたいですね。
でもうちはなかなか咲かないなあと思っていたら、今日咲いているのを確認しました。

2013/03/24 (Sun) 23:09 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する