はつうまさい

みなさまお久ぶりです。
更新したかったのですが、バタバタとしておりまして久しぶりの更新となってしまいました。もしも更新を楽しみにしているよ、という奇特な方がおられましたらお待たせしてしまいあいすみません。

ということで今日ははりきって更新していきましょう。
今日は2月9日で、初午祭の日でした。午前10時から祭典をおこない無事に執り納めることができました。

稲荷神社では2月(立春後)の最初の午の日を初午として大切な祭りの日としています。これは稲荷の神様が約1300年前の2月の最初の午の日に、伏見の御山に鎮座されたためです。いうならば稲荷の大神様の人間でいうところのお誕生日みたいなもんですね。
またこの2月最初の午の日はエネルギー、生命力の大変に強い日で、この日以降草木が萌え出でたり、万物が活き活きと活動をはじめます。
そういう日ですから、稲荷の本宮である伏見稲荷では盛大に祭りがおこなわれていますし、日本全国の稲荷神社で初午祭が執り行われています。
うちも武信稲荷神社という稲荷神社ですから今日、9日に初午祭をとりおこないました。

といっても、うちの場合は初午祭は大祭というわけではなく、神主が一人で行っています。5月の例祭、11月の御火焚祭が大祭で、神主は4人、それに雅楽を奏する楽人が3人でお祭りご奉仕します。
神主がひとりでお祭りをおこないますが、初午は稲荷神社にとってはもっとも大切なお祭り(誕生日なわけですから)、これはしっかりとおこなわないといけません。
大祭ではないので、神主大勢でご奉仕するわけではないですが、たくさんの立派にお供えものをし(これが普段の祭りよりもかなり豪華)、神主が祝詞を奏上し(ここも普段の祭りの1.5倍(当社比)気合いがはいっている)、拝礼。
いろいろ書きましたが、要するに、立派にお供えものをして、神主が祝詞を奏上するだけのすごくシンプルなお祭りです。とくに参列される方がたくさんおられるわけでもありませんし。
とはいえ、今日は何人かはお祭りに参列されたのですが、そのときのこと。
参列された方がお供えものをみて
今日はお供えものが立派ですね。

130209.jpg  130209CIMG2391.jpg


紅白の鏡餅や鯛、その他たくさんあります。大祭のときとだいたい同じラインナップです。でその中のひとつをみて
「あの緑色の野菜、あれって何ですか?」
とおっしゃいました。

130209CIMG2390.jpg

↑これのことです。

これ畑菜(はたけな)なんですが、その方は京都の方でなくご存じありませんでした。ということろで私も気が付きました。畑菜は京野菜なんだ、と。そういえば、以前神社のお手伝いをしてくださる方々に参集所で鍋たべて一杯のんでもらったこと(鍋パーティー)があったのですが、そのときも京都以外の方々だったので畑菜は御存じありませんでした。

京都では初午の日には畑菜のからし和えを食べる習慣があって、それにちなんでうちの神社では初午のお祭りでは畑菜を供えています。
なぜ初午の日に畑菜のからし和えを食べるのかは私は詳しいことは知りませんが、まあなにかいわれがあるのでしょう。畑菜(はたけ)→秦家→秦氏、秦氏は稲荷と切ってもきれない間柄、ということで畑菜というのもあるらしいですが、本当かどうかは知りません。


そんな習慣が京都にはあるので、お祭りがおわったあと、その畑菜はしっかりいただきました。とはいえかなり大量ですので、からし和えだけ食べきるのはちょっとしんどいので、いろいろ料理してみました。わたし意外と料理もやちゃったりします。
お揚げもあったので、畑菜とお揚げで鍋にしてみたのと、バターでいためて洋風な感じでいただいてみたり、今日は畑菜づくしで夜ごはんいただきました。

初午祭もすみ、初春の祭りはこれで一段落です。今年が良い年になりますように。


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


ごふこう | Home | 平成25年節分

コメント

はじめまして

稲荷神社は子どもの頃からお世話になりっぱなしでした。
お札をいただいている神社が遠方なので、なぜだかここで癒やされてます。

初午、初めて知りました。
もう、おそいですが、自宅の神棚では何か祀ったほうが、神様はお喜びになったのでしょうか?

毎朝、お水をお上げしてると、すこし近づけると聞きました。
喜んでもらいたいので、できそうなことであれば、何でも教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

2013/02/09 (Sat) 23:52 | まるまる #- | URL | 編集

節分と初午、お疲れ様でした。
昨日は三条会のイベントへ行ってまして、お肉が当たりましたのでお鍋をよばれました。もちろん大野屋の稲荷寿司と、畑菜の辛子和えも。
畑菜は、私はクセがないから好きですけど、あっさりしてるので小松菜と比べたら頼りないし他府県に浸透せんかったのかな。

由来は、秦いろぐから来たというのが有力みたいですね。

2013/02/10 (Sun) 18:27 | ぽん #- | URL | 編集
お疲れ様でした。

初春の行事は、これでひと段落と言うわけですね。

立春を過ぎて、窓越しに差す日差しは春を感じます。
窓の外は冷蔵庫ですが!

『畑菜』ググってみたらば、
ほうれん草よりも栄養価が高いと載ってました。
1月2月が旬だそうですね!
今度 買って帰って京都の冬を舌でも味わってみます。

2013/02/11 (Mon) 18:51 | 花梨糖子 #- | URL | 編集
来るか?

テレビは観ないんですが、今度始まった「八重の桜」に因んだ話。

松平容保と西郷頼母は共に神主さんだったんですね。

日光東照宮の宮司に松平容保が任命され、頼母が禰宜としてつかえたそうです。

♪梅は咲いたか桜はまだかいな~神主ブームが来るかもしれない(笑)

2013/02/13 (Wed) 23:02 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集
お稲荷さんつなぎで

きょう東京の歌舞伎座に歌舞伎稲荷の神さまが御遷座?されました♪

巷では色々言われてましたが、無事元の場所に落ち着く事が出来て良かったですね。

取り毀しの話しが出てから次々と…そして勘三郎さんだけでなく團十郎さんまでも。そりゃ鉄砲洲稲荷の宮司さんが否定しても変な事思いますよね。

今回は屋上ではなしに「より多くの人の目に触れられる場所の方が神さまもお喜びなさる」との事で、一般の私らでも参拝出来るようで、嬉しいです。

そう言えば東寺のストリップ劇場には入口のところに神社が祀られてましたね。

南座は楽屋にあるんでしょうか…いずれにせよ、神さまを身近に感じる「畏れ敬う」日本のこころは守りたいと思います。

2013/02/14 (Thu) 20:16 | ジンジャー #lH9P8MKE | URL | 編集
まるまるさま

はじめまして。書きこみありがとうございます。
稲荷の神様とのご縁ですね。

> もう、おそいですが、自宅の神棚では何か祀ったほうが、神様はお喜びになったのでしょうか?

初午祭はすみましたが、遅いということはなんにもありません。これからでも毎日拝んでいただけばいいと思います。
基本は毎日手をあわせて拝むことです。なにが神様がお喜びになるのか?といわれればこれが一番です。

> 毎朝、お水をお上げしてると、すこし近づけると聞きました。
これもいい事ですね。一緒にするならお米もお供えするといいですね。
さらにもう一段階するならお酒。
お米、お酒、お塩、お水。これらがよくある供え物ですね。
大量でなくていいのです。神棚に大きさにあわせた量でいいですし、お水だけでも、お米とお水でも、毎日する、続けることが大切ですね。

2013/02/15 (Fri) 20:46 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽんさま


畑菜はよそでは別の名前でいわれているだけで食べられてるのかとも思いましたが、違うんですね。浸透してないんだあ。

> 由来は、秦いろぐから来たというのが有力みたいですね。
なんだかそうみたいですね。
でも私は個人的には違うんじゃないかなあと思ってますが、じゃあなんでやといわれるとほかがわからないので、そうなのかなあとも

2013/02/15 (Fri) 20:50 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
花梨糖子さま

はい一段落です。
祈念祭は特別祭典としてはおこなってませんので、神主が拝むだけです。お供えものも普段とおりですし。

畑菜は旬ですね。
初午にお供えしているのも旬だからというのも大きいと思います
神様にお供えするのは基本旬でおいしいものですし


2013/02/15 (Fri) 20:52 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ジンジャーさま



>松平容保と西郷頼母は共に神主さんだったんですね。
へえそうだったんですね。八重の桜で同志社ですし京都はまた盛り上がるかもしれませんね。


歌舞伎のほうは
詳しい経緯はわたし知りませんが、
「より多くの人の目に触れられる場所の方が神さまもお喜びなさる」というのは私もそう思います。
ただ内容にもよるんでしょうけど。

人に親しみをもって、多くの人にふれていただきたい面と
厳かに人が軽々しく近づいてはいけない面と

それが怖れ敬うというのによくあらわれてますね

2013/02/15 (Fri) 21:02 | 神主 #- | URL | 編集
ありがとうございます

毎朝、お水は供えていたのですが、お米、お酒、塩は1日と15日に交換するだけでした。
明日から、お米も毎朝お供えします。
また、よらせていただきます。
(本、ネットで探して購入します<(_ _)>)

2013/02/16 (Sat) 00:40 | まるまる #- | URL | 編集
まるまるさま

お米もしなければいけないというわけではありませんしね。

神様にとっての一番のごちそうは(たとえの表現ですが)まるまるさまが毎日手をあわせて、拝むことですから。
本、ありがとうございます。ぜひ読んでみてくださいませ

2013/02/18 (Mon) 22:33 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する