コロムビア千景さん

神様のご加護です。ありがとうございます。
と、おおよろおびされている方がおられまして、私もそこまで喜ばれている姿をみるとうれしくなります。今日はその紹介。


その方のお名前は千景さん。
「せん」さんではなく、「ちかげ」さん。
苗字はありません。なぜ苗字がないのか、べつに捨て猫でまだ名前がないとかそんなのではなくって、千景さんとは芸名で日本コロムビアレコードから先日CDが発売された歌手の方です。


もともとは千景さんのお母様が歌の上手な方で、歌手になるのが夢だったのだとか。そのお母さんが亡くなるときに、自分は歌手になることはできなかったので代わりにその夢をかなえてほしいということを頼まれたそうです。
母の願いをかなえたいという思いは、いつしかそれは自分の夢となり、一生懸命がんばった結果今回CDを発売して歌手となることができた、こうやって歌手となることができたのは毎日神社にお参りして武信稲荷様の力をいただいたご利益だと大層喜んでおられます。


そもそもは私がサラリーマンをしている頃のお知り合いだったのですが、私が神主として神社に戻ってきたときに、
「へぇ~神社の方だったのですねぇ」
と一度うちの神社にお参りにきてくださり、その時にビビっと感じるものがあったようで、それ以来毎日かかさず参拝されています。
CDを発売して歌手となることができたのもそうですが、そもそもこうやって自分が今生きていることが武信稲荷様の御利益だといつもおっしゃっています。

以下ちょっとドキュメンタリー番組のナレーション風に(^.^)

歌手になってほしいと夢を託された母が亡くなり、その後次々に親しい方々が亡くなってゆき、辛いことが続きすっかり生きていく気力がなくなっていた。何をするのも気力がでない、食べることすら気力がでない、そんな状態だったときにひょんな縁で武信神社に足を運んでみた。

いままで神社やお寺に参ったことなどほとんどなく、参り方もしらないし興味もなかったから、普通だったら神社と接点ができることはないのだけれど、武信神社に足を運んだのはほんとに不思議な「縁」で、神様が呼んでくださったみたいだったと彼女は振り返る。

神社に入って、神域の空気をすって、参拝のしかたはわからないけれど、とりあえず神社の境内を歩いてみると、今まで空っぽだった自分の体に力が湧いてくるのを感じた。棺桶に足を突っ込んで、いつ死ぬかなあと考えながら過ごしていた自分に生きていく気力が戻ったと。

生きていこうという気力が戻ると次に目標ができた。それが母が亡くなるときに頼んでいた歌手になることだった。




お百度参りという言葉があります。どうしても叶えたい願いがあるとき同一の神社やお寺に百回参るというものです。1日1回参ってそれを100日間つづけて100回というものですが、これを短い期間ですませるときには神社に参ったら一度入口までもどって、もう一度参る。これを100回繰り返して100度参りとするいうものもよくあります。
回数を間違えないように小石や竹串を100本用意してひとつずつ置いていくというやり方もあります。

千景さんも願いを叶えたいと、お百度ではなくお千度参りをはじめられました。千回お参りするというものです。で、それは一日に千回というのではなくって、毎日参拝するのを千日間続けるというものでした。それ以来、千日間ですから約3年間、一日も欠かすことなく参り続けられました。


長くなったので続きは次回へ・・



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


コロムビア千景さん2 | Home | もう離さない君のこと

コメント

偶然の必然

千景さん と 武信稲荷さんとの出逢いは偶然に見えて神様が用意された必然なのかもしれないですね。

人間の浅はかな考えなどはお構いなく神様の采配で動いてるような気がします。

千景さんのストーリーの続き楽しみにしています。

2013/01/15 (Tue) 20:18 | 花梨糖子 #- | URL | 編集
花梨糖子さま


>神様が用意された必然なのかもしれないですね。

「縁」とはそういうものなんでしょうね。
いろんな縁をみてそう思います

2013/01/23 (Wed) 22:30 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する