感極まる

少し前のことになりますが、他所の神社の宮司様が亡くなられたのでお葬式に参列してきました。何度か紹介していますが神道ではお葬式などもすべてお祭りです。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-781.html

通夜祭、本葬祭、火葬祭、などいろいろなお祭りを斎行します。
祭りというと屋台がでたり、笛や太鼓でにぎやかに楽しそうにワイワイとする印象が強くおめでたいものばかりのように思われがちですが、悲しみのなかしめやかに行われる祭りももちろんあるわけです。
というかワイワイにぎやかなのは祭りの付属部分で祭り本体部分はどんな祭りもすべて厳かでしめやかですけどね。


先日お亡くなりになったのは私の父親と同世代の方で、父とは交流があった方でした。私は直接面識はありませんでしたが、父やうちの神社がなにかとお世話になっておりますのでお礼とご挨拶をさせてもらうために参列させていただきました。

葬儀をとりおこなう人は喪主ですが、祭典をとりおこなう方を斎主(さいしゅ)といいます。祭主ですね、祭りをおこなう責任者です。
先日の葬儀の斎主様は私の祖母の葬儀を行ってくださった神社の宮司様でした。といっても祖母が亡くなって20年以上たっていまして、私のところが父から私に宮司が代わったのと同様に、その神社も代替わりをされていました。
で、故人とその宮司様は近い間柄の方でして、親戚関係なのかどうかは知りませんが苗字は同じ山田さん(仮名)同士でした。
あれ、珍しいなとふっと思ったのでした。
普通、あまり間柄が近い方の場合あまり斎主をつとめることは少ないと思うんです。これは葬儀や祭りだけに限ったことではありませんが、夫婦間、家族間では近すぎたり、感情がはいってきてうまくいかないことも多々あります。やはり間柄が近すぎると逆にやりにくいこと、見えにくいこともありますから。


仏教のお葬式ではお坊さんがお経をあげてくださいますが、神道の葬儀では神主が祭詞を奏上します。祭詞では故人のプロフィール?何年に生まれ、どこで学び、誰と結婚し、どこで働き、こんなことを一生懸命やっていた、などその方の歩んできた道のりもはいっています。そういうところも神道の形での葬儀がよかったとみなさんがおっしゃるひとつでもあります。


先日の祭典でも斎主様が祭司を奏上されていましたが、途中で急にフッととまりしばらく空白の時間ができていました。アレ?どうしたのかなと思っていると、しばらくして再開しましたが声が震えています。その後もところどころ途切れることが何度かありました。

プロフィール?その人のあるいてきた道を読み上げているときに、思い出さすものがあり感極まって言葉につまった。そんな感じでした。
普通はそういうことがあるのであまり近い間柄の人が葬儀をご奉仕することはありません。どうしてもそうなってしまいますから。
でも実際に参列させてもらってその場にいましたが、途中で途切れたり言葉につまったりされていましが不快感は一切なく、逆に故人を偲ぶおもいがあらわれていた感じがして、こういうのもアリだなぁと感じた先日のお葬式でした。


ところでわたしの祖母のときは今回の斎主様のお父様がしてくださったのですが、そのときにご自分のことを
「○○神社 七星の神主・山田太郎(仮名)」といっておられました。
それを聞いていたわたし、ものすごくかっこいいなあと思って自分もそういう○○の神主というような呼び名がほしいと思ったこともあります。
その記事もあるはずですが、パッと出てこないのでここでは省略。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-293.html
↑これしか出てきませんでした。


おぉ、何かかっこいいなあ自分もキャッチコピーを考えようと思ったきっかけが「七星の神主」だったのですが、先日のときも同じような言葉が聞こえてきました
「○○神社 八世の神主・・・」

あ・・・
「八世の神主・・・」、じゃあ前の宮司様が名乗っておられたのは 「七星の神主」ではなくて「七世の神主」だったんですね。といまさら気づきました。
○○神社の七代目神主・・・

それを聞いて、自分もキャッチコピーを!ィ(≧0≦*)ノ”
とかいっていた自分の能天気さが恥ずかしいったらありゃしない・・・
穴があったら埋めたいとはこのことか


ランキング↓にクリック、よろしくお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

清め塩 | Home | つぎは屋根やねん

コメント

一度だけ

神式の葬儀に参加したことがあります


日本では仏式の葬儀が主流なので不思議な感じがしました

最後に榊をお供えしたことを覚えてます



キャッチコピー…私も考えよかな?

壬の離れ駒とか、北隅の黒大力とか

リングネームみたい(-"-;)

2012/06/11 (Mon) 00:37 | マガミ #- | URL | 編集
御葬式

私の御葬式のイメージは 派手です!

祖父が亡くなったとき、 ふさふさの帽子を被ったお坊さんと後四人のお坊さん!

ジャーンって銅鑼がなって、やたら金ピカだったような?
神式の御葬式にも一度出ましたが…イメージではなんだか静かだった気が…!
御葬式も、また地域性出ますものね!

2012/06/11 (Mon) 13:12 | 見古都 #- | URL | 編集
Re: 一度だけ

神式は仏式にくらべると圧倒的に少ないですからね
神式でされた方はみなよろこばれます

キャッチコピーかんがえられますか?
ではお互い決まったら発表してくらべてみますか(笑)

2012/06/13 (Wed) 21:09 | 神主 #- | URL | 編集
Re: 御葬式

派手なお葬式のところもありますよね
ジャーンっとドラがなる・・・一体どこのお葬式なんでしょう・・
宗教でも違いありますが、地域でもかなり違いありますよね
神式は静かですよ。ただ雅楽がながれたりします

2012/06/13 (Wed) 21:21 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
神主さま

キャッチコピーがウケたようで満足してます


某占い本によると

「お人好しの狼さん」らしく
大変気に入りハンネにも一部利用してますので

「お人好しのマガミ」でm(_ _)m

2012/06/14 (Thu) 15:49 | マガミ #- | URL | 編集
孫祭り

派手な葬式をしたのは、福井県です!

親族の男性は、みんな白の裃をつけて参列するのですよ。

不謹慎ですが…

おじいちゃんが亡くなって悲しいより、いとこが総勢八人集合したのが楽しかったです!

孫祭りと言われる所以ですね!

2012/06/16 (Sat) 12:02 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

いなかの方では結構古い習慣が残っているところありますよね。(別に福井をそうだといっているわけではありませんが・・・)
お葬式のあとに親戚、近所の人たちがあつまって、故人をしのびお酒を飲んでワイワイやるのもありますよね。
> おじいちゃんが亡くなって悲しいより、いとこが総勢八人集合したのが楽しかったです!
まさにこんな感じで
故人もよろこぶのではないかなぁ・・・とそれはこちらの勝手ですが(=^_^;=)ゞ 

2012/06/16 (Sat) 18:48 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
マガミさま

> 「お人好しの狼さん」
というか、お人好しの狼が想像できない
赤ずきんちゃんを食べずにおんぶしておばあさんのところまで送っていくとか
3匹の子ブタに料理をつくってあげるとか
そんなのかな・・・
「お人好しのマガミ」は覚えました

2012/06/16 (Sat) 18:51 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
神葬祭

神葬祭は仏式と違い良い意味地味で、厳かではあると思いますが、斎主(特に祭詞)や典儀の技術に左右されますね。
また、当然ですが雅楽はCDよりも生演奏のほうが良いです。
当地は神葬祭が比較的多い地域ですが、それでも仏式の方が宗旨替えをする事はとても抵抗があるみたいです。
しかし1度神葬祭を行えば大抵は納得されますから、如何に厳かに行う事が出来るか日々研究してます。
私は今後の宗教への関わり方をはじめ、様々な意味での積極的な神葬祭運動を推進すべきと思います。

2012/07/25 (Wed) 19:58 | まーく #USufH/tE | URL | 編集
まーくさま

そうですね。厳かな感じでいうと神式が一番そうでしょうね。
わたしは、通常の祭典であれば神々にいかに礼をつくすのか、またいかに心が近づくことができるのか、それを追求していくとひとつの形になると思っています。その結果祭式作法なんかも生まれてきたと。葬祭も同じでいかに礼をつくすかなど大事な部分をきっちりしていくと結果、厳かになるのだと思ってます。

> 私は今後の宗教への関わり方をはじめ、様々な意味での積極的な神葬祭運動を推進すべきと思います。
京都でも同じように積極的に推進すべしと活動されているお社もありますよ。

2012/07/25 (Wed) 21:55 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する