人目につかない暗がりで

暗がりにはいろんなものが潜んでいます。
古くは妖怪など。
でも最近では街は夜でもつねに灯りがついており、暗がりが少なくなったので妖怪も居場所がなくなってきていることでしょう。

日本でいうところの妖怪はいわゆる悪魔とか魔物というのとはちょっと違っていて、森の精霊とか水の精霊とかそういうニュアンスのものもあってなんだか親近感のもてる面もあります。
日本でいうところの八百万の神々(やおよろずのかみがみ)とはこの世の中には数え切れないほどの神がおられ、あらゆるものに神が宿っているとするものです。もちろん山や川には山の神や川の神。形のないものでも知恵の神、それから幸福の神もいますし、災いをもたらす神、いたずらをする神など様々です。

災いをもたらす神やいたずらする神などは、先日記事で登場していましたが妖怪の枕がえしとか、座敷わらし等となんだか似ている感じがしますしね。
そんなふうに暗がりがなくなって妖怪の居場所がなくなってしまうのはそれはちょっと寂しい感じがします。
ほかにも暗がりには悪者もいます。
これも定番。悪はお天道様の下を堂々と歩けない、などといいますから、暗がりには悪人もいることでしょう。
また、映画でもまんがでもマフィアの決闘は夜の埠頭とか、ひと気のない廃屋とかと相場は決まっています。

ほかにも暗がりには若者もいます。
夜の公園とか川辺とか、ひと気のないところにカップルが潜んでいることも。
そういうえば私がまだ小学校の低学年くらいのころ、夕方のあたりが薄暗い神社のすみの人目につかないところでカップルがチューしていたことがありました。たまたまそこを通りかかった子供のころの私、なぜかドキドキして、「すみません」といって逃げてきた記憶があります(=^_^;=)ゞ 
かわいい頃もあったんだ。


神社でも人目につきにくいところはどうしてもあります。そういうところは残念ながら悪さをする人もたまにあります。盗んだ財布を中身だけぬきとって捨てたりされたものを発見することもありますし。
珍しいのでは、若い血潮をたぎらせた中学生か高校生くらいの男の子が決闘(ケンカ)をしようとしていたこともありました。いまどき珍しいなと思っていたんですが、さすがにそこで殴りあいのケンカされるのはやめてほしいので、「これこれ、ここではしちゃダメよ」とやめさせましたが。


とまぁ、神社の人目につかない暗がりでは結構いろいろあったりします。
それで昨日、境内のすみっこの人目につかないところからなにやら物音がしているのに気付きました。
「パンッ、パンッ」とか「ペチッ、ペチッ」とか「パチッ、パチッ」
なにかにぶい音というか、肉と肉がぶつかるような音です。

・・・なんだろう
マフィアの決闘か・・・?(||゚Д゚)ヒィィィ!
カップル?・・・(。-_-。)ポッ
若い血潮の男の子?・・・( ̄_ ̄|||)


おそるおそる音のするほうにいって、(懐中電灯とカメラをもって)のぞいてみると・・・








・・・
こんなんでした


120527CIMG2060.jpg  120527CIMG2052.jpg

大きなクモがヤモリを捕食したところです。
ヤモリがバタバタともがいて壁にぶつかっている音でした。
クモよりもヤモリのほうが体は大きいのに、すごいなぁと驚きました。自然の摂理ですねこれぞ焼肉定食。

見上げればついこの前まで寒々していた木々の枝には葉っぱが生い茂り、この前まで葉の色も薄い緑、新緑の萌黄だったのが、いまでは濃い緑になっていますし、足元では小さな生き物が自然の摂理にそって生きています。
私たちの生きているこの地球も大きな大きな生命ですし、その地球のうえで大小さまざまな命がいきているんですね。私たちといっしょに。


ランキング↓にクリック、よろしくお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

折紙 | Home | 金環日食

コメント

ぬばたまの夜

昔の人は、闇をそのように表現していたのですよね。

僅かな明かりに家族がよりそい、闇を怖がる子供は親の言うことをよく聞いたそうです。

昼と夜のはっきりした区切りがあり、昼は人の世、夜は、神や魔物の世、そうやって昔の人たちは四季とともに過ごしてきたのでしょう。

これからの季節、闇の贈り物・・・蛍

京都だと大原あたりで見れそうですか?

2012/05/27 (Sun) 20:36 | 望月 #- | URL | 編集
人目のない暗がり

と言えば、この時期は「螢」を思い出します。

私の育った下町では…人目のつかない暗がり=中学生の喫煙でしたが
お祖母ちゃん家へは駅から1キロほどの街灯のない田舎道

螢と月明かりをたよりにしてました


今は螢を観るには車で1時間以上走らなければなりませんが

彼女の喜こぶ顔が見たくて、仕事が終わってから行きます


開発と言う名の人間の身勝手で、妖怪ばかりか地球の仲間もどんどん減っています。

そろそろ考えを改める時期と思います

2012/05/27 (Sun) 21:31 | マガミ #- | URL | 編集

ほう、これは素晴らしい。
ハシリグモではないですか。捕食している所なんて、初めて見ました。
大型の蜘蛛ですから、さすがのヤモリも適わなかったのでしょう。
自然のルールは厳しいですね。

2012/05/27 (Sun) 22:46 | 阿修羅王 #QmhNi1cU | URL | 編集

ええええぇ~っ、
クモがヤモリを襲っちゃうんですか!?
いくら大きいとは言え
フツー、逆な気が…驚きです。

2012/05/27 (Sun) 23:31 | 青嵐 #G.Tpg2uE | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/28 (Mon) 15:36 | # | | 編集
自然

ひえーっ !

自然界の厳しさですね~
クモがヤモリを補食するとは…

以前何かの番組で
群れから外れた象をライオンが補食するのを見ましたけど、自然界には私たちの常識が通じないこともあるんですね!

人間もその自然界の一つにしか過ぎないのだなと思いますね!

人間だけが特別じゃないっておっしゃった神主さんの言葉、なんだか胸にしっくり入って来ます!
最近、ツバメの姿や
『土食って虫食ってシブーイ』って鳴き声聞かないと思いませんか?

本当に暮らし方を考え直す時が来てるのかもしれませんね!

2012/05/28 (Mon) 17:08 | 見古都 #- | URL | 編集
みんな生きてるね

前までは、蛇とか、ヤモリとか見つけたら、「キャー」と言ってました。

でも、あの日から、小さな生き物を見たら「オーッ、お前生きてたんだね」って、まるで友達に再会したみたいに私たちうれしくなります。

暗闇は、怖かったけど、友達や先生とのつながりを深めてくれました。

一個のキャラメルの凄く美味しいことを知りました。

明るい電気のありがたさを知りました。

夜はテレビを消して、家族や友達や大事な人と話す時間にするのが、楽しいです。

2012/05/29 (Tue) 16:22 | 智美・真希 #- | URL | 編集
智美ちゃんのコメントを見て

17年前の夜明けを思い出しました

光があんなにありがたいと思ったのは初めてだし

隣のワンコに「お前だいじょうぶか?」と話しかけた


育った町は燃え尽きたけど

素晴らしい出会いを手に入れた


余計なこと書いたかな……

2012/05/30 (Wed) 16:40 | マガミ #- | URL | 編集
望月さま

「ぬばたまの」まくら詞ですね。
おっしゃるように区切りがあったのですよね。今はいろんな意味で区切りがなくなってきている気がします。
ホタル、そうですね。大原。
私は近いのであれば清滝なんかが近くです。 ホタルも暗闇があるからあの繊細なあかりを美しくみることができるんですものね。

2012/05/30 (Wed) 21:27 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
マガミさま

ああ、そうですね。それわかります。
かたまって人目のつかないところにタバコを吸いにいったときは、タバコの火もほたるみたいにみえますね。

そうなんですよね。そろそろ考えを改めるというか、思いださないといけない時期です。すこし遅すぎますが、少しでも早く切り替えないと。

2012/05/30 (Wed) 21:54 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
阿修羅王さま

ハシリグモというのですか。このクモは。
というかよくご存知ですね。そういうえばよく虫の写真もアップされていますが、虫お好きなのでしょうか?
うちにこのクモよくみかけます。もっと大きいのも。私の手のひらくらいの大きさのヤツなんかもみかけます。私は手が大きいのでひろげると直径は25センチくらいあります。さすがにその大きさのクモをみかけるとゾゾ~っとします。模様もなんだか毒々しいですし。

2012/05/31 (Thu) 17:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
青嵐さま

わたしも最初は逆だろうと思ったんです。
ヤモリがクモを食べているのかと。そしたらヤモリがバタバタとしていて、ぐったりしたので
逆だったんだと

2012/05/31 (Thu) 17:06 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
見古都さま

おどろきました。自分より大きなヤモリを食べいるのをみて。
『土食って虫食ってシブーイ』、あ、わたしそれ聞いてもあまりピンとこないんですよ。そんなふうに聞こえるか?と(笑)
えぇ、人間が特別ではない、
もちろん自分にとって自分とは世界そのものであって特別なんですが、人間がすべてのものの中で特別だということではないですしね。
それをしっかりみなで考えたいものです。

2012/05/31 (Thu) 17:14 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
智美・真希さま

このコメント、すごくいいです!
これからの時代はそういうふうに思うことができる人が必要な時代になるはずです。
20世紀型の物質中心的な思考やスタイルから、そういう21世紀型にかわってくるはずです。
ふたりとも最先端です(*^ー゜)b

2012/05/31 (Thu) 17:20 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
マガミさま

神戸より、たしかにいただきました。
ちょうど私が出かけているときに届き、甥っ子がうけとったのですが(ボクがやる~と)
おおよろこびしていました。開けるのは私が帰ってからといわれていたので、私が帰ったら
「はやく開けて~」

ありがとうございます。

2012/05/31 (Thu) 18:22 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
聞こえるんです~

ツバメは、
『土食って虫食ってシブーイ』って泣くって
聞いたもの
(¬з¬)

でも…本当にツバメの姿見ないのです。

これも天候不順だからですかね?

2012/05/31 (Thu) 20:50 | 見古都 #- | URL | 編集
確かに

ツバメの姿見ませんね!

東京は、ツバメには住みにくいと思いますね。

東京なんて、不夜城ですからね。エコな暮らしは難しいですね。

見古都さん

確かに、僕にもツバメは、「土食って虫食ってシブーイ」とは聞こえません。


神主さんに一票です

2012/05/31 (Thu) 23:16 | 望月 #- | URL | 編集

「土食って虫食ってシブーイ」初めて知りました。

ツバメ…確かに見かけませんね
コンクリートとアスファルトに囲まれて
巣作りの材料や餌の虫が減ったからでしょうか

開発から共生へ進むべきでしょう

2012/06/01 (Fri) 08:05 | マガミ #- | URL | 編集
神主さま

冷凍なので今日あたりが食べ頃かと…

喜んでいただき、幸いです。

2012/06/01 (Fri) 12:16 | マガミ #- | URL | 編集
右に同じ

いやあ、凄い決定的瞬間ですね!

ナショナルグラフイックばりな感じが良いです。

普通にヤモリが居るのが不思議ですね。

それと・・・

僕も、ツバメが、「土食って虫食って渋い」と鳴くとは初耳です。

2012/06/01 (Fri) 12:38 | 鏡花水月 #- | URL | 編集
聞こえますよ~

ちゃんと
「土食って虫食ってシブーイ」って鳴くんです!
(>_<)

それに、Wikipediaにも

そう書いてましたよ!

p(´⌒`q)

2012/06/01 (Fri) 16:11 | 見古都 #- | URL | 編集
見古都さま

ええ。それは私も知ってますよ。ただそう聞こえないだけで・・・
ほんとうだwikiにものってますね。

そういえばたしかにツバメあまり見かけないようになってきたような気がします。
いろんなものがだんだん姿をけしています。

2012/06/02 (Sat) 23:04 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
望月さま

ほんとに見なくなりました。つばめが地面すれすれを飛んでいたら雨だ、というのもそもそも最近ツバメ事態を見なくなってきました。
>「土食って虫食ってシブーイ」とは聞こえません。
やっぱりそう聞こえない人、多いみたいですね、

2012/06/02 (Sat) 23:06 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
マガミさま

見かけなくなりましたね。
ええ、共生にもどさないと。もともと日本はそういう国でした。はやく元にもどさないと大変なことになりますよね。


おいしくいただきました。ありがとうございます。

2012/06/02 (Sat) 23:08 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
鏡花水月さま

けっこう大きな音が聞こえてきたので、みにいくと・・・・
決定的な場面に遭遇しました

うちはヤモリは普通にそこらじゅうにいますよ。
ヤモリはまだ30年前と比べてもそれほど見る機会は減ってない気がします

2012/06/02 (Sat) 23:10 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

暗がりにはいろんなものが潜んでいます。古くは妖怪など。でも最近では街は夜でもつねに灯りがついており、暗がりが少なくなったので妖怪も居場所がなくなってきていることでしょう。日本でいうところの妖怪はいわゆる悪魔とか魔物というのとはちょっと違っていて、森の精...

2012/05/28 (Mon) 01:07 | まとめwoネタ速neo