空があお木がみどり

1週間ほど前のことですから4月のおわりころ、境内のそうじをしているときふっと空をみたとき、空の青色と木の新芽の緑色がこわいくらいに美しくて、おもわず感動してしまいました。
べつに絶景ポイントだとか、特別に美しいとされるなにかがあるわけではないんですが、感動してしまいました。あまりにも美しかったので写真にとってみました。

120505CIMG2013.jpg

120505CIMG2002.jpg


難しいですね。
いま自分がみている風景をどうやっても表すことができないんです。この空の高さ、広さ、青の色は透き通るようでいて、でもどこまでも続くような深さがある。木の緑色は瑞々しい生命力そのもののようだ。それに太陽のひかりがキラキラと差し込んでいるからなおさら。
自分のとった写真は今自分がみているこの風景と全然ちがうものなんですよね。
写真ってカメラのシャッターを押したら撮れるんだから、誰でもおなじものが撮れるじゃない。と思っていたのですがとんでもないですね。別の場所で別の人にいま自分が目の前にしているものを見せるということは至難のわざですね。
最近いろいろあってプロカメラマンの撮った写真をみる機会が多いのですが、プロの人達って簡単にとっているようにみえて、すごいもんだなと最近わかるようになりました。


結局その日、わたしが感動した景色も写真で再現することはできませんでした。
ならばと言葉でつづってみようかと思い立ち
日本人の魂のリズム、五・七・五でまとめてみようとやってみました

空あおく どこまでも高く 風の輝く

いざ五・七・五でまとめてみようと思い立ってやってみたら難しいですがちょっと面白いなぁと感じました。
今回の場合は、空の青さやどこまでも続いているような空の高さ広さ、その青空の下には木々の新緑の鮮やかでやさしい色が太陽の光をうけてキラキラと輝いているそれを言いたかったんですが、
なんというか感激した今のこの気持ちをなんとか表すためにはどういう言葉を選ぶのがいいのかなど考えたりするの結構面白いもんですね。

私が和歌の知識が一切ないので出来上がったものは適当なものですし、結局5・7・5におさまらず字余りでどうしようもないものですが、でもちょっと面白かったのでいつか和歌の勉強でもしてみようかな(そういう時間がとれるようになりたいなという願いもこめて・・・)という気になった春のある日のできごとでした。

そういえば私の父は和歌を詠む人でしたし、歌の勉強もしていたようです。
(でも私は多分、勉強しようとは思っても実際にはしないだろうなぁ・・)



ランキング↓にクリック、よろしくお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


ごめんね | Home | 奇跡の実体

コメント

その通りです!

私も先日の春日神社の祭礼!「籐花祭」に参列してつくづく思いました。
周りは、なぜに写真を撮らなかったと責めましたが、カメラに問題があったのもありますが(携帯のカメラ)
あの日 あの時の幽玄の世界を写し取るなんて素人には無理ですし。
自分が見たその時が一番最高なのですきっと!

最近メールにもそれが言えると思って来ました!だから、メール嫌いになりつつある私です!

2012/05/05 (Sat) 19:30 | 見古都 #- | URL | 編集

こんにちは。
普段の通勤ルート上の街路樹も
ふと気付けば、いつの間にか青々としています。
すぐ近所の一角に田んぼが残ってるんですが、
夜になればカエルの大合唱。
良い季節がやって来ましたね。

2012/05/05 (Sat) 19:44 | 青嵐 #G.Tpg2uE | URL | 編集
その通り

あちこち旅行して素晴らしい風景を目にしていますが

目にしてる1/10も画像に残せません


画面が小さいからかな?と思い
A4サイズにプリントしたけど

素人では姿は撮れても
プロみたいに空気や音まで撮れませんでした (T_T)



ましてや…和歌や俳句など

完全理系には特殊相対性理論より難解です

2012/05/05 (Sat) 23:40 | マガミ #- | URL | 編集

今年は妙に美しいと思っていましたが、そう感じる方は存外多いのかも、と思いました。みんな生命感に敏感になっているのかも知れませんね。今日は近郊を桜巡りしました(雨でしたが)
ちなみに、列島最後の桜が、7月の大雪山で咲きます。春の女神は意外に長く日本を巡るんですね・・・

2012/05/06 (Sun) 00:00 | ぐんじ #- | URL | 編集
本当にカメラは・・・

難しいですね。
やはり絵心って言うか、センスの問題でしょうね。
いつも阿修羅王さまの写真には、感銘を受けています。

私はもう、メモがわりと割り切ってシャッター切っています。

2012/05/06 (Sun) 13:04 | Bako #1jhbtX.k | URL | 編集

ホントこういう自然のつくりだす.:美.:に触れると感動しますね。
パワーをいただいて、しあわせな心持になります。
自分が過去に出会ったことのある青と緑と輝きを重ねあわせてみました。
~清々しい風~おすそわけしていただきました~_~

2012/05/06 (Sun) 15:26 | るる #- | URL | 編集
与えられた今

私がエジプトのシナイ山に登って夜明けを迎えたとき、写真に残そうとしましたが、

自分がその瞬間(とき)目にしてるもの、肌で感じてるもの、手に触れるもの、耳にするもの、すべてをファインダーに映し出すことは無理な話と、つくづく思いました。

だから人間は、与えられた今を大切に生きようとするのでしょう。

人の気持ちも、本当の思いは言葉にはならないですからね、

神道で言われる「ことあげせず」もそういうう部分も含んでるのかなと・・・

生意気ですが思いました。

2012/05/07 (Mon) 17:44 | 望月 #- | URL | 編集
見古都さま

そうですねほんと。自分が見たそのときが一番
と思うので今まで写真撮ることをしてないんですけどね

メールが嫌いになりつつある、ですか。
メールには以前からそういうのありましたね。温かみがないといわれてましたね。

2012/05/07 (Mon) 20:53 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
青嵐さま

こんばんは。
忙しさのあまりあまりそれらに気づかないこともありますが
いつの間にか、季節はちゃんとめぐってきますよね

わたしも今の季節大好きです

2012/05/07 (Mon) 20:54 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
マガミさま


私もそうなんです。だから写真はいままでまったく撮ってきていません。
というか今でも撮りませんが。ブログ用に撮るだけですね。

特殊相対性理論・・・一度ジュニア版の相対性理論が本棚にあったので読んでみようとしたことがありましたが・・・
難しかったです。
現代の科学者のなかでも相対性理論を本当に理解している人ははたして何人いるか、みたいなことを言われているのを聞いたことがあります。

2012/05/07 (Mon) 20:59 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぐんじさま

そうなんですかね。今年はとくに美しいと感じる方が多いのかな。
去年の今の時期はまだそこまで感じる余裕はなかったのでしょうかね。

最後の桜は7月なんですね。すごいな。日本もけっこう広いですよね。
こちらはもうセミの大合唱のころです。

2012/05/07 (Mon) 21:02 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
Bakoさま

難しいですね、ほんと。
以前、阿修羅王さまの写真をお借りしてポスターをつくったことがあります。
うつくしい満月の写真でした。
センスは大いにとわれますね。

2012/05/07 (Mon) 21:03 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
るるさま

感動します。ほんの少しまえまではなんとも思わなかったのになぁ。
歳をとってきたんですね、多分。
いや、精神的に成長したと言い換えておきましょう。
だって自分が過去にであったことと重ね合わせてみることができるようになることで感動が生まれるわけですからね。

2012/05/07 (Mon) 21:05 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
望月さま

エジプトの夜明けのはなし、よくわかります。無理ですね。
「その場」のそれは視覚だけではないですし、自分のすべてで感じるものですから。

「ことあげせず」に関しても、そのとおりだと思います。
自分自身で感じ取ることですし。
言葉にすることで本来のものが定型になってしまうというか、スケールがかわるというものありますし。
しかし、それをしないとそもそも気づかれないのもまたしかりで、
今は難しい時代だとおもいます。

2012/05/07 (Mon) 21:10 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

撮る人によって、どうしてあんなにも違ってしまうのでしょうね。

宍道湖の夕日を見に行った時、地元のアマチュアカメラマンの男の子に会いました。
2月の寒い時期。ばかみたいに一時間近く、夕日を見て、写真に撮り、しゃべって。
その後、一緒にご飯を食べに行き、彼の撮った写真を見せてもらったけど、やっぱり違う。
才能ってあるんだなぁって思いました。

でも、たとえ同じ写真や景色を見ても、誰も自分と同じようには見えてないんだろうなぁ…と思います。
自分の目で実際に見たものは、その時の天気、誰といたかetc.
記憶はきっと美化されているけれど、死ぬ時に思い出すだろうなぁ…って思ってます。写真に撮ると、忘れちゃう。

携帯のカメラで写真を撮る時、太陽を入れると(目に良くないから、ホントはいけないはず)何となくいい感じの写真が撮れます。
インチキ写真の撮り方ですけどね。

2012/05/07 (Mon) 22:59 | 吉花 #PoWRB6fw | URL | 編集
休み明けの休み

人が休みの時ほど、忙しい僕の仕事、ゴールデンウイークも関係なし。

でも、人が消えた観光地に行ってボケーッとするのもいいもんです。

今、岡山の蒜山高原にいます。以前友人がデートで来た事があって、とてもよい場所と聞き訪れました、夜明け前にコテージのテラスから林道を見てると、木々の隙間から朝日が徐々に輝きを増しながら昇って来るのが見えます。

写真に撮ろうそう思って部屋に引き返して戻ってきたら、もうさっきとは違う風景になってました。

肉眼で見るに勝るものなしですね。

2012/05/08 (Tue) 09:19 | 鏡花水月 #- | URL | 編集
みそひともじ

三十一文字には、不思議な力が宿るようですよ。
神主さまなら、さぞや。
ぜひ、お父様のように和歌を!

2012/05/08 (Tue) 16:05 | ぽお #zWOVatjo | URL | 編集
吉花さま

そうなんですよね。同じ写真や景色をみても自分と同じようには見えてないと思います。
見るのはその人であって、見るということはその人の目、心を通してその人が見るわけですからね。
記憶というのはまさにそれで、
それにかなうものはないんでしょう多分。

2012/05/09 (Wed) 18:54 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
鏡花水月さま

あ、人が休みの時ほどお忙しいのですか。私もだいたい同じようなものです。
> でも、人が消えた観光地に行ってボケーッとするのもいいもんです。
私もそういうのは好きです。

一瞬でさっきとは別の風景になっているというの、そういうことありますね。だから一瞬も目がはなせない、その場から離れられないというのもよく言われますね。
肉眼で見るのもそうですし、五感すべてで感じるのがね。

2012/05/09 (Wed) 18:59 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集
ぽおさま

言葉のちからを大切にする私たちですから、和歌は勉強しておいたほうがいいのは重々わかっているんですがね。
よし、一念発起(いつか・・・(=^_^;=)ゞ 

2012/05/09 (Wed) 19:01 | 神主 #X.Av9vec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1週間ほど前のことですから4月のおわりころ、境内のそうじをしているときふっと空をみたとき、空の青色と木の新芽の緑色がこわいくらいに美しくて、おもわず感動してしまいました。べつに絶景ポイントだとか、特別に美しいとされるなにかがあるわけではないんですが、感動...

2012/05/06 (Sun) 05:09 | まとめwoネタ速neo