初蝉

平成18年7月8日午後2時40分、確認。
梅雨の合い間なのか梅雨の終わりなのか定かではないが、久しぶりの晴れの日である。犯人(ホシ)もそろそろ焦れて泳ぎだす頃だ。引き続き警戒を続け、次は確認次第、身柄確保せよ。
という指令が私のもとに告げられた。平成18年7月8日夕刻のことである。

↑わかりやすく普通に言うと、
平成18年7月8日の午後2時40分に今年はじめての蝉の声を聞きました。梅雨の真っ最中の連日の豪雨がちょっと一休みしたようで、久しぶりの晴れ空に蝉の声を聞き、少し動くと汗ばむ暑さに夏を感じました。夏の終わりに聞く蝉の声はもの寂しいですが、夏のはじめに聞く蝉の声は勢いというか活気があっていいですね。近所の子どもたちも蝉の声を聞いたようで「おっちゃ~ん、つぎ蝉ないたら捕まえて」と平成18年7月8日の夕方に頼まれました。
ということです。

平成18年7月9日 仲尾宗泰
夏の砂山 | Home | 3兄弟

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する