年末年始のお知らせ

1月1日 午前0時
歳旦祭


12月31日 23時30分~3時頃
振る舞い酒
おでん
無料接待

1月1日・2日・3日 9時~16時
振る舞い酒
おでん・稲荷汁
※500食なくなり次第終了
無料接待

140104CIMG2859.jpg

12/15のツイートまとめ

takenobuinari

御神木のエノキ、幹に空洞が見つかったため、樹木医さんにより治療中。腐っている部分が少ないことを祈ります。 https://t.co/U32WcKeB54
12-15 13:38

エノキ保全

本日から、御神木のエノキの保全工事が始まりました。

161215IMG_20161215_094535.jpg   161215IMG_20161215_094709.jpg


もともとは、
10年以上前ですがエノキからキノコが生えるようになりました。その頃は私はまだ神社に常駐していませんでした、父親が生きていましたからね。その当時はキノコの量はほんのわずかでしたが、私が神社に戻ってきてすぐの頃ですから数年前くらいからそのキノコが頻繁に生えてくるようになりました。

それでキノコ博士
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-152.html
に相談してみたら、キノコが生えてくるのはやはり木が弱ってきているからだと言われまして、一度樹木医さんに診てもらうのがいいかもしれません。とアドバイスを頂いていました。
この御神木のエノキは京都市の天然記念物ですので、樹木医さんのことを京都市にも相談してみたところ京都市の他の案件で依頼している樹木医さんがいるんのでその方にみてもらいます、と紹介をしていただきました。
続きを読む

12/13のツイートまとめ

takenobuinari

今日は12月13日、「事始め」今日から御正月を迎える準備をはじめます。神社でも大掃除、しめ縄、絵馬、諸々新しく替えたり、振る舞いの準備等あわただしくなります。
12-13 09:26

高校生がオススメする!二条界隈のおもろいとこポスター展

昨日、「高校生がオススメする!二条界隈のおもろいとこポスター」展というものに招待していただいたので行ってきました。三条会商店街のカフェでの開催でしたので神社のすぐ近くですし、ちょっと仕事をぬけて行ったらいいか、ということで行くことにしました。

これは高校の授業の一環で「人間力講座」なるものがあり、高校生が課題解決のためにチームとなって、自分達で考え、発信する授業ですが、その中で二条、三条会商店街の近隣をフィールドとして、高校生がオススメするおもろいとこをポスターにして紹介しよう、という課題。

9月ころに高校生たちが近隣を歩き回って写真をとったり、インタビュー、取材をしていました。そのとき大勢の高校生たちが入れ替わり立ち替わり神社にやって来ました。そりゃこの近辺をあるきまわっていたら神社はうちしかありませんから、お、ちょっと立ち寄ってみようか、となりますよね。
インタビューもチーム毎にやるので、合計すると10回くらい同じような話しさせられたのではないかと思います。

その成果のポスター展です。ポスターの題材とさせてもらったところの方にできあがったポスターを贈呈して、御礼、ポスターの狙いなどを発表するというものでした。
神社もポスターになっていましたので招待していただいたので行ってきた、というわけです。
続きを読む

12/05のツイートまとめ

takenobuinari

神社のあるこの地域一帯、二条、三条あたりを紹介するポスターを、自分達で歩いて取材して作成するという課題です。
12-05 16:28

9月に授業の一環で取材にきた高校生の作品が出来上がったので、見に来て下さいと連絡をもらったので行ってきました。ポスターを作成したようですがどれもかなりレベルの高いものにしあがっていました。すごい! https://t.co/Hjm5t6vbS2
12-05 16:26

ジョブク

今日はジョブクのお話しです。
ジョブクといっても、あのリンゴのマークのカリスマ経営者のスティーブのことではないですし、ましてや人気のあのジョースター一族のひとりジョブク・ジョースター・・・なんてことは当然ありません。
漢字でかくと「除服」これで「じょぶく」です。
先日、特別除服の依頼がありましたのでそのご奉仕をしました。

なんのことかというと、不幸があった際のはなしで、亡くなった方を悼み祭祀に専念すべき期間を「忌(き)」といいます。この期間を「忌中」といいこの期間は神社への参拝は遠慮しますし、自宅でも神棚には白い紙を貼りお祀りも控えます。
以前にもブログ記事で紹介していますが、期間は最長で50日間で、亡くなった方との間柄によって期間は1日のこともあれば10日のこともあり様々です。

忌が明けるのを「忌明け」といいますが、忌明けの後もしばらくは悲しみは残りますし、故人への哀悼の意を表す期間があります。それを「服 ぶく」といいます。いわゆる「喪中」の期間で、その間はあまり晴れがましいことは避けておこうというのが一般的です。年賀のあいさつも控えたりします。
ただし忌とは違い、忌明けの後ふつうの生活に戻る途中のいうならばリハビリ期間のようなものですから、神社に参拝したり神棚のお祀りは通常通りにおこないます。

で、これら「忌」と「服」をあわせて「忌服 きぶく」といいます。

今回のジョブズ・・・じゃなかったジョブクは「服」を「除く」で「除服」です。
続きを読む