もはや別物

先日の記事で神社の名前が間違われたことを書いていますが、今日も同じく間違われました。先日の場合は「たけのぶ神社」を「まつのぶ神社」と竹が松に間違われたランクアップ形式の間違いですからまあよしと。

さて今日の間違いは。これは私が直接聞いたわけではなく、神社に来られた方が
「さっき観光の人と思われる方とすれ違ったときに聞こえてきたんやけど」
と教えてくださいました。
なぜ観光客?と思ったかというと、
1、世界遺産二条城から出てきた。
2、ガイドブックを持っていた。
3、言葉が関東のイントネーションだった。
もう、確定でしょう。必要要素すべてそろっている感じです。

それでそのお嬢様方とすれ違ったときに聞こえてきたのが
「タケヤブ神社ってどこかな~」
「三条会商店街の近くってかいてある」
「タケヤブ神社の道案内看板とかないかな~」

た、竹藪?
竹藪神社?
もはや別物です。
最初聞き間違え?かと思ったらしいのですが、何度も「タケヤブ、たけやぶ」と連呼していたので聞き間違いではないらしい。

そうか竹やぶ神社はお祀りされているのはきっとかぐや姫でしょう。そして狛犬のかわりに狛パンダが左右にいるんです。口を開けた阿の狛パンダ、口を閉じた吽の狛パンダが神社の聖域をまもっていることでしょう。

実際に竹やぶ神社は日本のどこかにはありそうですけどね・・・
なのであまりふざけたことは書けないですが(笑)

今日のもちょっと面白かったので、メモ書き感覚で更新


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


格上げ

いまさらですが、私のご奉仕する神社は武信稲荷(たけのぶいなり)神社といいます。
神社名の武信「たけのぶ」とは人名に由来していまして、平安時代ですから1000年ほど前に藤原武信という方が神社の発展に寄与されたので、武信神社といわれるようになったといわれています。

人の名前に由来するんです、という話しを聞くと多くの方が間違われるのが、戦国武将の武田信玄に関係ある神社なんですか?とよく聞かれますが、武田さんとは関係ありません。
(武田さんって知り合いみたいに気安く言ってますが、何も接点ありません)


昨日、名前に関して間違いがありました。
神社の設備工事をしてもらうことになったのですが、その工事業者さんから電話がかかってきたときのこと。わたしがお話していたのは営業、受注担当の会社の方。電話がかかってきたのは工事担当の会社の方から。

電話をとって
私「はい、武信稲荷神社です」
相手「株式会社○○です。お世話になります。」「マツノブさんはおられますか?」
私「いえ、うちにはそのようなものはいませんが」
相手「それではナカオさんはおられますか?ご依頼いただいた工事の件で・・・」

で何のことかわかりました。
タケノブをマツノブと間違えたんですね。タケとマツを間違えるってこれは初めての間違われ方です。単純に音を聞き間違えただけでなく、竹→松と間違えていますから、かなり高度な間違え方です。さらに竹から松にランクアップしていますし。

しかし、タケノブとマツノブが違う以外にも、武と竹で字が違うし、タケノブさんは担当者の名前でなく神社の名前だし、間違いが3つくらい重なっていますね。面白い。


ちょっと面白かったので、メモ書き感覚で更新


よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


おたきあげ

御焚き上げ。古くなった御札や御守りなどを焚き上げる、平たく言うと燃やすことです。御札や御守りは神様の力のこもった尊いものですからゴミとして捨てるわけにはいきませんから、燃やして元の処へお還りいただくというような感じですね。
080115_1.jpg

燃やすというのは当然のことですが、火を使います。火というのがある種のキーワードで、
火を通じて神様とつながることになります。
御焚き上げのほかにも、お盆には迎え火、送り火などもそうですし、神社、神道だけでなく、お寺、仏教やキリスト教でも火は神聖視されることが多くあります。

火はエネルギーの象徴であり、人間の生活に欠かすことができないものです。火を使い食べ物を調理できる、寒さをしのぐことができる、これらは途方もないくらいの恩恵です。しかし一つ間違うととても恐ろしいものでもあります。
不浄を焼き尽くす、穢れを消し去るなど火は清めでもあり、焼き尽くした後には清浄となり、肥料にもなる。新しい命の芽吹きにもなります。
火を扱えるのは人間だけで智の象徴でもあります。火によって得られる光で夜も活動ができるようになります。火・エネルギーを扱うことができるようになったことで文明が生まれました。

とまあ、火は生活に欠かせない大切なものであり、ときに神聖なものでもあるのですが、最近は火に接する機会が格段に減っているようです。すこし前まではたき火があちこちでありましたが、最近は都市部ではたき火は禁止ですし、下手すると家がオール電化でガスコンロがなかったりすると、火を見たことがない子供というのがいるかもしれません。
続きを読む

う~ん、○ンダム

先日ようやく完成しました。思い立ってからもうすぐ10年になるでしょうか。

160617IMG_20160617_102323.jpg


昔の参集所の屋根にのっていた鬼瓦です。建物を解体するときに鬼瓦が立派だったので処分するのも申し訳ないので飾ってみなさんに見て頂けるようにしたいなと思っていました。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-387.html
解体のときの様子

それからあっというまに1年過ぎ、3年過ぎまもなく10年ですが、10年になる前に飾ることができました。
高校のころの悪友に瓦を飾るための土台を石を積んで作ってもらい、完成しました。
続きを読む

ニホニウム

113番目の新元素が日本で発見されて、「ニホニウム」と命名されたと報道されていました。新元素発見はアジア初の快挙ということで喜ばしいことです。
ニホニウムという名前もいい名前ですよねえ。
ニッポニウムというのも同じような感じですが、過去に一度提案されたことがある名前は二度と使えない命名のルールがあるらしく、過去に一度提案されているので不可。ジャパンのということでジャパニウムとかジャポニウムとかという案もあったそうですがそれよりもニホニウムのほうがなんとなく素敵だと思います。

113番目の元素!ということですが、そもそも元素って何ですか?いわれるとノーベル賞のニュースの時にも登場しますが、いまいちよくわかっていないなぁということに気付きました。
この世にあるすべての物質を細かく分解していったときに、もうこれ以上小さくは分解できないという最小の単位が原子。というのは中学生くらいのときに習った気がします。じゃあ元素ってなんだろう、原子と何が違う?と調べてみたら、結局同じもののことだけど、呼び方、何を目的にするかによって表現の仕方が違う、放射線と放射能の違いのような感じ?的なことで理解しました。(いや理解はしていないか)


それで、こういういわゆる自然科学の研究と宗教は似ていると私は常々思っています。科学と宗教って正反対のように思われがちですが、突き進めていくと同じところを目指しています。
続きを読む

神社探訪

京都の青年神職があつまってつくる、京都府神道青年会というものがあります。青年神職なので私はもうOBになっています。少年隊は50歳でも少年隊(まだ解散してないですよねたぶん)ですが、青年会はそうはいきません。
ですが行事の案内や、手伝ってくださいというはなしは来ます。

で京都府神道青年会の企画で、
「神主さんと行く、神社探訪」というものが開催されますoyamaiko1.jpg


生き先は今大人気の伏見稲荷。
なんだ、知っている。行ったことある。と思う方、そこは甘くみてはいけません。神主さんといく、です。当然伏見稲荷の神主もいますからそれはもう深い世界へと導いてくれることでしょう。

しかしこれ、対象が学生なんですね。
実施は6月16日の13時から16時頃まで

学生対象であるにもかかわらず、平日に開催されます。
・・・学生さんは平日は授業じゃないの・・・?

大学生は休みの人もいるのかな

というわけで、まだ定員に達していないので、どなたか興味ある方いれば紹介してくださいと頼まれたので、このブログをみてくださっている学生さんにお知らせです。
詳細はこちらから
よければ参加してくださいませ

重なる

5月がおわりました。2月いっぱいで巫女ちゃんが退職しましたが、3月、4月は比較的余裕があって、「おぉ?もしかして一人でもいける?処理能力が上がったのか自分?」と少し自分を見直したのですが・・・
そういわけではなかったようです。
いや5月はもう本当に大変でした。何が大変だったって、もちろん春のお祭り月ですからお祭りの回数が多いというのもひとつ。その他にもいろいろ理由はあるのですが、その中でも地域や組織の役が一気に増えたというのは大きな原因のひとつです。

去年から地域の役を引き受けているのですが、今年はそれに加えて町内会長がまわってきたり、自治連合会の役がまわってきたり、もう役員だの理事だの評議委員だの、いくつ掛け持ちしているのかわからなくなっています。重なるときは重なるんですね・・・

それで、そういう役員になるとこの時期、総会が多いんです。今月のわたしの予定表を見直してみると7回総会に出席しています。4日に1回あるんですね・・・これ総会の回数ですからそれ以外にも理事会やら評議会やら諸々あるわけで、もう2~3日に1回くらいはそういう用事で出かけていました・・・( ̄_ ̄|||)
それも一応今日で終わり、5月で総会のピークは過ぎたので明日からは少しは余裕が出てくるかと思っています。


ちなみに今日も夕方からとある施設の総会がありました。今年からわたしもそちらの評議委員となったので出席してまいりました。
京都ホテルオークラで4時30分から開始。ですので神社を4時には出発しないと間に合わないのですが、今日は月の最後の日です。明日は月次祭ですのでその準備もしないといけないのですが、それが終わったのが3時50分頃。あぁ、ギリギリだ。急いで着替えていかないと。作務衣で仕事していましたので、そのまま行くわけにもいきませんからスーツに着替えようと上着を脱ぐと、ピンポーンとチャイムがなる・・・
続きを読む