ジュース

いつのまにかすっかり秋になっています。秋といえば読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋といろいろありますが、今日は実りの秋。いろんな美味しい実りがありますがうちの神社の境内にもいろいろ実るものもあります。
昔は柿、栗、桃、イチジク、ビワがありましたが今はありません。今あるのは柚(みたいなの)、ザクロがあります。果物ではないですがエノキの木にキノコがはえます。エノキに生えるキノコだからエノキダケか?と思いきや違うキノコで、フランス料理では高級食材になるなんとかいうキノコでした。


昨日、町内の方が子供さんを何人か連れてこられて、境内のザクロを取らせてもらってもいいですか?とこられました。もちろん構いませんよ、とお返事し頑張ってとってくださいねと激励です。
ザクロの実は高いところになってますし、それを髙枝切りハサミできったら当たり前ですが、ザクロの実がひゅーっと落ちてきます。それをうまいこと下でキャッチしないと地面に落ちたら中身が飛び散ってしまって食べられなくなります。
一緒にきた子供たちに「ちゃんと落ちてくる実をキャッチしぃや」と

まぁでも小さい子がそんなにうまいことキャッチできるわけもなく、地面に落ちてだいぶ飛び散ったみたいですが、まぁうまいこと収穫できたみたいです。
今の子はザクロを食べたことあるほうが少ないでしょうし、楽しみにしていたようですから、よかったよかった。
続きを読む

チャンピオンふたたび

昨年の8月、御神木の枝が折れました。
CIMG2704.jpg


その枝があまりにも立派でしたし、御神木の枝ですからなんとか残しておくことができないかと考えていたところチェンソーアートの世界チャンピオン、城所ケイジさんがチェンソーで彫刻をしてくださいました。
ものすごく立派な龍に生まれ変わりまして、大勢の方が見に来られます。
20130827-261.jpg

http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1128.html

先日、私の友人の山科のお寺の住職が御神木の龍を見て大変感動されまして、ぜひ自分のところのお寺でもと、なんとかチャンピオンにお話できないだろうかと頼まれました。そこのお寺にも樹齢800年の杉の木があり、御神木として祀られていますが、昨年の大雨で枝が折れてしまい、なんとかならないものかと保管はしていたけれどどうすればいいかわからず時間だけが経過していったのだとか。
うちの神社のときと同じで枝といってもそこらの街路樹よりもよっぽど大きいですし、御神木だから処分するのもためらわれると。

チャンピオンに連絡してみたところ、ちょうど翌日に京都にくるのでそのときにそこのお寺にいってお話をお聞きしますということになりました。連絡をしてすぐに来ていただけるタイミングだったのは本当にご縁があったということなんでしょう。
続きを読む

体脂肪率3%その後

先月にブログで書いていますが、わたし人間ドックに入りました。
で、そこで要再検査になりました。何かというと中性脂肪が低すぎるということでした。体脂肪率が3%だったんで生命維持するのに危険でないかい?ということで数値が低すぎる原因が病気でないかを再検査しましょうということでした。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1201.html

それで先日再検査を受けてきまして、その結果がでました。
結果は白。
栄養状態は良好で、数値も正常値ばかりでした。というか結構理想的な感じみたいで、このままの生活習慣続けてくださいね、と先生がおっしゃっていました。
とうことで、中性脂肪が一般的な数値と比べるとかなり少ないし、体脂肪率も生命維持ぎりぎりの数値ではありますが、それは体質的なものかもしれないのでとりあえずは問題なしということで無罪放免となりました。

しかしこのままの生活習慣をつづけてください、はちょっと受け入れられませんが。
このまま休みが全くない生活習慣はあと少しで改善して、少しくらいは休みがとれる、休息のとれるような生活習慣にかえていきますけどね。後になって振り返ってみて、あの頃はホントに1日も休まずにやっていたなぁと、縁側でお茶のみながら懐かしく思えるようになりたいと思ってます。
続きを読む

銅像めぐり

昨日、テレビ番組の撮影がありました。
日本テレビの木曜スペシャルの企画で、日本の銅像をめぐる番組とのこと。
http://www.bs4.jp/mokuspe/index.html


全国5000体の銅像の中から、特に人気の高い3人の偉人を取り上げます。
幕末に新しい国家を築こうと奔走した坂本龍馬。
戦国時代、「風林火山」を旗印に天下統一を目指し活躍していた甲斐の虎こと武田信玄。
その信玄の永遠のライバルであり、戦国武将最強とも言われている、越後の龍・上杉謙信。
歴史上の人物の中でも特に人気の高い3人は、銅像も全国に点在しています。彼らの銅像を巡り、意外な歴史的事実を解明します。

というのが番組の内容。全国に5000体銅像があるんですね。というかうちの近くでぱっと思いつくだけでも数体あるんだから全国だともっと多いのかと思いましたが、全国で5000だと意外と少ない。京都が数多いってことですかね。
140917CIMG3196.jpg
続きを読む

お盆大工

少し前の話ですが、お盆のころのはなし。
ここ数カ月すごく忙しさは普通じゃないくらいでして、今までは私ひとりで仕事をこなしていたのですが、「こんなもん一人でできるかぁ( ̄□ ̄+)!!」ととうてい一人では無理だと悟って巫女さんに手伝いに来てもらっています。
そのかいあってか、お盆のとき8月16日だったと思いますが1日だけポッかり予定がなにもない日ができました。
というか今まで一人でやっていたのを2人で手分けしてやるようになって、それなのに3カ月間、90日で1日しか時間に余裕ができていないというのは考えものですが・・・

それはそうとそのポッかりと空いた時間に日曜大工をやっていました。8月16日は日曜日ではないですし、私べつに休日でもなかったのですが、まあ一応呼び方は日曜大工と。
休日にできればよかったのですが、急にポッと空いたこと、その日に予定はもともとなくても電話はくるし、参拝者、来客はあるし神社を空けるわけにはいきません。なんでハチマキ巻いて、耳に赤えんぴつさして、電動ドリルと電動ノコギリをもって大工さんやってました。
境内の中でやってましたから、その日参拝にきた方はまさかそこで大工仕事している穴あいたズボンはいている人が神主だったとは誰も気づかなかったことでしょう!


何を作ったかというと
古札納箱がかなり傷んでいたのでそれを補修したのと、フタを新しくつくりました。
140828CIMG3189.jpg
続きを読む

子ども神輿無事終了

先日8月31日には夏祭り子ども神輿の巡行が無事におえることができました。お天気もよく、かといって日差しが強すぎるわけでもなく、参加した子供たちもバテすぎないで元気に歩いてくれていました。
協力していただいた皆さま誠にありがとうございました。

今年は参加の子どもが100名を超えて、大変多くの子どもで賑やかなお祭りとなりました。時代は少子化で子供が少ない時代ですが、うちの地域でも例に違わず子供の数は少なくなってきており、小学校の1年から6年まで全員あわせても170名程です。そんな中100名超の子が集まってくれたのは嬉しいことです。

お神輿は幼稚園、保育園の幼児の部と、小学生の部にわけているのですが、幼児の部の参加がだいぶ多かったようです。いつも幼児の参加が20~30人くらいですから幼児用のハッピは50枚程準備をしていましたが、それがなくなってしまい急きょ倉庫にしまってあった別のものを出してきたくらいです。


ほかにもちょっとしたハプニングも。
この夏祭り子ども神輿の行事は子供の健全な育成をねがって地域の有志の方々がおこなっていただいているお祭りです。うちの地域にある三条会商店街さんも協賛して頂いていて、参加の子どもたちに参加賞のおやつを渡してくださいます。

もともとの参加予定人数は90名弱だったので、おやつの数は100弱用意してくださっていたのですが、子供の数が多くて足りなくなってしまいました。急きょ買い出しに走ったりするものの、それでも足りず、「みんなと同じものが欲しい~」と泣き出す子もいるしちょっとしたハプニングです。

幼児のほうはハッピが足りないくらいだったので受付終了後は参加できなかったのですが、小学生のほうはまだ少し余分があったので当日参加も受け付けたのですが、当日の参加が多かったようです。
続きを読む