ぶじおわる

本日、5月31日に京都邦楽ストリート、という催しが神社境内でおこなわれました。となりの三条会商店街のいくつかのお店と境内とを会場にして同時多発的に邦楽ライブがおこなわれるというイベントです。
5月はうちの神社の春祭りもありますし、ほかのイベントもあって盛りだくさんな月でしたが今日おわって一段落となりました。

今日の催しは本殿(ほんでん)の外側にある外拝殿(げはいでん)でおこないました。
本殿は神様が鎮まるとされる建物です。神殿です。なので通常は人が入るようにはなっていません。拝殿というのは字のごとくですが拝礼、祭典、神事をおこなうための建物です。御祈祷おこなったりするのもこの拝殿です。

で、拝殿も2種類あって、本殿にくっついているものと、本殿とは別に離れた外側にあるものがあります。本殿にくっついている拝殿を内拝殿(ないはいでん)、外側にあるものを外拝殿(げはいでん)といいます。


うちの神社では内拝殿が小さくて大人数がはいれないので、外拝殿でいろいろやっています。舞の奉納があったり、祈祷おこなったり、結婚式等人数がちょっと多ければそこに並んでもらったり。
今回の邦楽ライブもこの外拝殿でおこなったわけですが、拝殿でおこなう催しのときにはいつも頭をなやますことがあります。それは前を向くか、後ろを向くかどっちをむいて行うか、です。
拝殿は本来拝礼する場所ですから、もちろん神様の方をむくのが前ですよね。これ当たり前。神様に舞の奉納をする、等奉納するときは、これも神様に向かっておこないます。これも当たりまえです。
続きを読む

5月の催し

5月の催事のお知らせ


5月中はトップにおいておきます。
通常記事はこの下にアップしていきます。

続きを読む

餅は餅屋

先日のブログ記事でもアップしていたのですが、うちの神社の鳥居と外壁に落書きをされました。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1185.html


140512CIMG3061.jpg  140512CIMG3057.jpg


近くのお寺や神社でも同様の落書きされる事件があり、その事件の犯人は逮捕されていますが、その犯人と同一犯かどうかはまだわかっていはいませんが、捜査はしていただいています。

落書きについてはいつまでもそのままにしておくわけにはいきません。
鳥居に落書きされているというのを放っておくのは気持ちてきにいやなのもありますが、落書きを放っておくと模倣犯が出てきてさらに落書きが増えていきます。中学生、高校生くらいが真似してイタズラすることもありますし、バカな大人が真似することも。
だから落書きはすぐに消さないといけないし、窓ガラスが割れているのはすぐに補修しないといけない、とはよくいいます。

ということで早速補修作業をおこないました。
続きを読む

驚きいろいろ

5月11日がうちの神社の春祭りでしたが、お祭りがおわってはや1週間。とはいえ春はお祭りが重なる時期なので私はまだもう少しお祭り漬けの日々がつづきます。明日もよその神社にお祭りのご奉仕へといってきます。

お祭りのときは普段と違って大勢の方がこられます。うちのお祭りのときには大勢の方がこられそのときにいろんなお話しするのですがこの前のお祭りのときはたくさんの方が
「この前テレビみましたよぉ~。なにげなしにテレビつけたら出てはったのでびっくりしました」
という会話が何度も何度もありました。やっぱり全国放送のゴールデンタイムの番組でしたので大勢見ておられるのですね。私は自分がテレビみないものでそっちのほうが驚きました。こんなにたくさんの方がテレビみているんだと。


それから、先日ちょっとした用事があり以前つとめていた会社へ行ってきました。
行ってきたといっても正式訪問ではなく、わたしの仕事がおわってからですので夜になってから非公式の訪問です。おしのびの訪問でしょうか。(いやちょっと違うか)

夜の訪問なのですが物流業務をされているので夜間でも大勢の人が働いておられます。夜間の訪問だったので目立たないようには気をつけてたはずなのですが結構大勢の人が
「あ、仲尾さん(わたしのこと)ですよね。この前テレビ出てましたよね、見ましたよ~」とたくさん声をかけられましたので、こちらでもかなり大勢の方が見ておられたようです。
そのときも驚いたのですが、みんなテレビよく見ているんだなぁということは既に驚き済みなのでまぁ置いておき、そのときの驚きは会社を辞めてもう10年近くなるのにみんな私のこと結構覚えているんだなぁということでした。

もちろん目立たないようにしていたといっても、芸能人変装のように帽子にサングラス、大きなマスクで変装して逆に目立ったわけでもないし、神主の格好していたわけではなく普通にジーンズにシャツでした。念のため。
続きを読む

近況

昨日、5月11日に当神社の春の大祭をつつがなく執り納めることができました。祭典にご奉仕くださったみなさま、舞の奉納くださった方々、ご協力いただいたみなさまありがとうございました。快晴のもと大変気持ちの良いお祭りでした。
1405116.jpg

1405111.jpg


祭りにあわせて地域の書道、絵画教室の作品展もあり大勢の方がおこしくださいました。この作品展はもともとは子供が普段がんばって練習したお習字や絵の発表の場でしたが最近は少子化で子供の数が少ないので、子供の作品よりも大人の作品が多くなっています。
しかし元々子供の作品展だった名残で春の祭りの日は境内で子供向けに出店がでます。ヨーヨー釣りやスーパーボールすくい、わなげ、射的、ダーツ、等いろいろあります。基本的にがんばった子供へのご褒美という位置づけがスタートのものですから、無料でなにしろ楽しんでくれればいいというものです。


それから同じく境内で京めでた市も開催されていました。おめでたいをテーマにした作品の展示、販売会、フリーマーケット、それと体験型きつねお面絵付けワークショップが出店されました。
昨日はお店の数は少なかったのですが、おめでたい市ということで縁起いいし今後も継続的に開催していきたいと思っています。



ということで、ここまでは昨日の祭りのことでおめでたい内容なのですが、ここからはなんともけしからん内容です。
続きを読む

初実

最近はブログの更新が遅いので、そのときあったことをアップするのがずいぶんと後になってしまいます。途中まで書いていたのですが時間がなく途中で止まっていたので今回のも数日前のはなしです。

落ち葉の掃除をしているときのこと。
風がふいたときに、パラパラパラっと雨が降ってきたような音がしました。よく晴れたいい天気だったので雨ではないことはすぐにわかりました。では一体なんなのかというと・・・
「えのきの実」が落ちてきた音でした。

えのきの実↓
140502CIMG3049.jpg


春に緑色の山椒くらいの小さい実ができて風がふくとパラパラと落ちてきます。この実は秋になると熟してオレンジ色になってまた落ちてきますが、この実は熟すとちょっぴり甘くって食べることができます。
去年の秋、食べられるよぉと教えてもらって試してみました。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1151.html


さて、この「えのきの実」がなる親木、えのきは神様が宿る御神木です。
樹齢850年でありながらいまだにものすごい勢いで大きくなっているその生命力から健康長寿の信仰があり、また「えのき」は「えんの木(縁の木)」といわれて縁結びのご利益もいわれますうちの神社に縁結びのご利益を求めてこられるかたが多いのはそのためですね。
続きを読む