ぼくのお正月

ぼくのお正月

3年2組 なかお むねやす

ぼくは神社の神主です。
神社はお正月はたくさんの人が来るのでとても忙しいです。1年でいちばん忙しいときです。だからその準備をしなければいけないので、12月も忙しいです。

ぼくのお父さんも神主さんでした。
だから、ぼくは小さいころからお正月の前は神社のお手伝いをしていました。12月31日は次の日がお正月なのでとても忙しいので、ぼくもいつも夜おそくまでお仕事をします。


ぼくには夢があります。

それは、おおみそかの夜に紅白歌合戦をみることです。
ぼくは紅白歌合戦をみたことがありません。なぜかというと、おおみそかの夜は子供のときからお手伝いをしていたからです。お手伝いができないくらい小さいときは、その時間まで起きていることができませんでした。

お友達はみんな、おおみそかの夜は紅白歌合戦をみて、赤組が勝ったねとか、白組のあの人の歌がよかったねとか、そんなお話しをしています。
でもぼくは、紅白歌合戦をみたことがないのでなんのことかわかりません。
だってみたことがないからです。


だから、メガ小林幸子も知りません。


ぼくの夢は、一度でいいから紅白歌合戦をみることです。
ぼくの夢、いつかかなうといいなぁ。

おわり。


ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

現実は

そろそろ全国の書店に並んだようです。
なんのはなしかって、「神主ライフ」のはなしです。わたしの書いた本で、このブログのエピソードも結構はいっています。遠方の方でも書店で購入しました。といううれしい声もお聞きできました。

わたしも昨日、外におつかいに出る用事があったので、その帰りに本屋さんをのぞいてみると、ちゃんと置いてありました。あんまり目立つところではなかったですが、まぁ仕方ないですな。無名の新人の本ですから。
たくさんの人に読んでもらって、いつの日かもっと目立つところにもおいてもらえるようになりますよーに。


さて、本で思いだしたのですが、以前書店にお勤めの方がこれおもしろいよ。といって送ってくださった本がありました。あ、マンガです。
「読経しちゃうぞ」というマンガ。
101225.jpg
続きを読む

お顔つやつや

本日12月22日、早いところでは書店にわたしの書いた本が並んでいます。出版社さんのはなしでは、東京から発送されるので東京近郊から円形に広がっていくということでしたので、東京の書店では今日お店にならんだのではないかと思います。
京都では多分明日じゃないかなと思っています。25日には全国全てに並ぶのではないかと。

タイトル「神主ライフ!神様に好かれる秘訣、教えます」
出版社:徳間書店
12月22日発売
仲尾宗泰

kannusilife.jpg


ところで今わたし、ノドの調子がどうもおかしいようです。
ようです、というか明らかに調子が悪いです。
熱があるわけでないし、別にしんどいわけでもないので、風邪の症状はあまりありません。が夜に咳き込んだり、むせたりします。昼間でもたまに咳きもでることもあるし、ちょっと長引いているのでお医者さんにもいってきました。
まもなくお正月だというのに、声がでなければ困りますから。
続きを読む

氏神様の社にはご先祖様がいる3

前回からの続きです。さきに前回の記事を読んでもらうと意味がわかります。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-837.html

氏神様の社にはご先祖様がいる、その2つ目の理由として重要なポイントが人は死んだ後には神となって子孫を護るということを前回書きました。
亡くなった人が神になるといっても、当然ながら遺影のように写真をあげて、それを祀り神とするのではありません。たとえばAさんという人がなくなったとして、そのAさん個人(故人でもあるが、シャレてる場合ではない)が神となるのではありません。
ちょっと言葉を変えていうならば、Aさんが神の一部となるとでもいいましょうか。

これも当然ながら、神様とは私たち人間のように肉体をもった存在ではありません。いうなればエネルギー体とでもいえるでしょうか、この世界に満ち溢れている偉大な力のことです。
それにAさんも同化するということです。

人はもともと神の子孫なわけで、神と同じ性質を持っているのですから、亡くなったあとに神と同体になる、というのもそんなに無理があるわけではありません。
私は神主なので、「神」という言葉ではなしていますが、べつにこれを「仏」といっても同じことです。
続きを読む

氏神様の社にはご先祖様がいる2

前回からの続きです。さきに前回の記事を読んでもらうと意味がわかります。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-837.html
氏神様の社にはご先祖様がいる、これがどういうことなのか、そういうには2つ理由があるといいました。前回はそのうちの1つ、氏神様とはそもそも氏族の祖先神であるという話しをしました。

で2つ目の理由。それを書く前にまず、日本では(神道では)人間は死んだら神となって子孫を見守るとされています。
これが非常に大切なので、それを先に説明しておきます。前回の記事で人間は神の子孫であるという話をすると、長くなるので省略としましたが、ここでそれも一緒に説明します。


古来より日本では、私たち人間は神々の子孫であるといわれてきました。これは自分の成り立ちを順番にさかのぼっていけば納得できます。
自分は親から生まれた、親はその親から生まれた……。では、この世でいちばん最初の人間が生まれたのはいつだったのか? この世でいちばん最初の人間なら、その親はいないはずです。進化論では人間は猿から進化したことになっています。では最初の猿はどうなのか……? そんなふうに考えを進めていくと、「この世でいちばん最初の生命はどうやって生まれたのか」という疑問に辿り着きます。
続きを読む

氏神様の社にはご先祖様がいる

先日いただいたコメントで、「氏神様の社にはご先祖様がいる」という話がでていました。その方は神職の方からそれを聞いたとおっしゃっており、それを聞いてはっきりとどういうことか理解していないが、感覚的には理解をされていたご様子。
わたしも「なるほど、うまい表現だな」と思いました。そんなことですので私も
「氏神様の社にはご先祖様がいる」というのはどういうことなのかを書いてみようと思います。私の言葉で


ご先祖様とは、いまさらいうまでもないですが、自分が生まれたのは両親から、両親は祖父母から、祖父母はまたその両親から・・・とさかのぼっていく連綿と繋がっているそのつながり上の存在のこと。自分が今ここに生まれているのはご先祖様がいたからである。

両親や祖父母も当然ご先祖様には違いないですが、普通はご先祖様といえばすでに亡くなっている方で、祖父母よりも前の代の方々をさす場合が多いようです。
だから亡くなった方は普通はお墓に埋葬されますし、また現在の日本では家庭ではお仏壇で亡くなった方を祀ることが多いので、ご先祖様といえばお墓やお仏壇におられるものであると思う方が多いようです。
続きを読む

浦鳥太郎

先日まで目まいがするくらい忙しかったのですが、ようやく一段落しました。忙しいあいだ後回しにできることは全部後回しにしてきましたからそれらたまったツケを昨日あたりで精算しまして、今日あたりでようやくホッと一息つけました。
何が忙しかった原因かというと、先日から話題にのぼっていますが、わたしの本を出版してくださることになりまして、11月中旬から12月の6日までその原稿の締め切りなどに追われていました。それはもうみっちりと。
さらに、ちょうどその時期というのは神社の秋祭りの時期ともかさなりまして、忙しさは普通じゃないものでした。
本当に大げさでなく、食事と睡眠と入浴、これ以外の時間はずっと働いている感じです。

だから世間からも完全に取り残された感じです。浦鳥太郎状態です。
もともとほとんどテレビを見ないのですが、それでも食事時にニュースをみたりはしていましたし、食後の一服時間には新聞も読んでいましたし、ネットをひらいたときにニュース記事に気になるものがあれば読んでいました。
食事もとりあえず急いで食べて、食事が終わっても新聞読む時間を削って仕事してましたので、約1ヶ月間に世間で一体何がおこっていたのかが、スッポリ抜けてしまっていました。

さすがに北朝鮮が韓国に砲撃したとか、そういう強烈なニュースは目に入ってきましたが、普通のニュースはもう全然わかりません。
その11月から12月にかけてのニュースをちょこちょこ今になって知って
「ヘェ~そんなことがあったんだぁ」と驚いています。
続きを読む

スランプ

今日は12月8日、針供養祭の日でした。
針供養祭については過去にも何度か書いていますが、神前でコンニャクに折れた縫い針をさして日頃の労をねぎらって供養します。
参加されるのは、西陣織工業組合の主催される西陣和裁ファッションスクールの方々。
http://www.nishijin.or.jp/kaikan/f_school.html西陣織といえば京都を代表する織物です、みなさま綺麗な着物姿で祭典にのぞまれます。今年は約65名の方々が参列されました。
harikuyo071212_2.jpg

harikuyo071212_1.jpg


さて今日の記事のタイトルは「スランプ」
スランプといっても、
おならがとっても臭い動物のことでもないし
マジシャンがよく使うカードのことでもないし
ましてやジャニーズの国民的アイドルグループとは一切関係ありません

スランプとは
一時的に調子が落ちていることをいいます。スポーツ選手などがよく、スランプにおちったなどとして使うことば。スランプにおちいると、普段の実力を発揮できずに結果を残せないことが多くある。


私、現在スランプにおちいっています。
続きを読む

神主ライフ!

できました。先日からちょっとだけお知らせしていた本のはなしです。といっても私の作業が終わったということで、これからは出版社の方や、印刷屋さん、製本屋さんがフル回転して本の形にしてくださいます。

私が締め切りに追われていたのでそのへんを確認している余裕がなかったのですが、発売日は12月21日だったようです。ようですってなんだか他人事みたいですが、ほんとに余裕なかったので・・・

タイトルは
「神主ライフ!」
副題に、神様に好かれる秘訣教えます。
出版社は徳間書店さんです。


私の神社での日常を紹介するようなかたちで、神社のことや、神様のこと、神主のこと、作法や、ちょっと考えること、などを書いています。
普通に神社のことや神様のことを書くとどうしても硬く、難しい印象を受ける方が多く、敷居が高いと敬遠されがちなので、笑いを交えてページをめくるのが楽しくなるように書いています。このブログと同じ雰囲気です。
実際このブログで書いたエピソードも紹介していますしね。


12月21日に発売ですが、本屋さんにならぶのは22日からだそうです。
で、出版社の方いわく、22日から都心を中心にして広がっていくようにとおっしゃっていたので、東京の本屋さんでは22日ですが、東京からはなれたところだと24日、25日くらいになるのではないかとのことでした。


あとは出来上がってくるのをまつだけになりました。
楽しみにまってます。

恋人やお子様へのクリスマスプレゼントにぜひどうぞ
職場の部下や後輩への人生を説く人生のバイブルとしてお贈りください
夫婦間や友人同士ではいつもの感謝の気持ちを込めてぜひこの1冊を

なんて、TPOを考えろといわれそうですね(笑)



ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

あと少し

先日も書きましたが、本を出版していただけることになりまして、その原稿やらなんやらで今非常にわたただしくしております。
また12月にもはいりまして、年末、年始の準備もそろそろはじまりつつあります。そんなのが重なって目がまわりそうです・・・

来週の月曜日で本のほうは、わたしのやることは完成するので、そこでようやく一息つけますから、あともう少しです。そこからは印刷やら、なにやら、は出版社の方にお任せですから。


そんなことで、今日もあまり時間がないので、ついこの前の出来事をさらっと紹介。
先日、神社に中学生くらいの数人の女の子のグループがやってきました。背はそんなに高くて、顔も幼いので小学生?とも思ったのですが、制服を着ていましたし、多分中学生だと思われます。

その子たちが授与所にやってきました。
先頭の女の子は今風な感じの子で、小さくて、サラサラの黒いストレートの髪、お人形さんのような、ものすごく可愛らしい子でした。
それでその子が、

「ジュジュください」


私「・・・・?」

ジュジュ?
じゅじゅ?
JYU-JYU?

ティーンの女の子のファッション雑誌か?
そんなの神社においているわけないじゃない・・・

と、しばらく考えてわかりました。
「数珠ください」ですね。じゅず。

神社には数珠はおいてないよ。数珠はお寺でしか使わないんだから。と教えると、
「えぇ、ジュジュはお寺なんだぁ。知らなかった」
と驚いていました。それでその後、お寺いこぉ~とみんで帰っていきました。


今の子は神社もお寺も、神道も仏教も違いってまったくわかっていないですね。でも大人でも意外と神社とお寺ってどう違うの?とか疑問に思うかたもあると思います。
そんなのも本には書いてます。

今回のこれは、ジュジュくださいとやってきた女の子が、あまりにも可愛らしい、子供モデルみたいな子だったので、ついジュジュが私の頭の中で「JYU-JYU」に変換されて、ティーン向けのファッション雑誌か?となってしまいました。




ランキング↓にクリック、ご協力お願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる