お知らせ

いままで神社関係のブログのリンクはなかったのですが今回はじめて同じ京都山科にある花山稲荷さんのホームページとブログをリンクしました。
ブログ 花山神社だより 花の山

100531_kwazan_3.jpg
http://www.kwazan-inari.jp/
ホームページ


ブログはまだ書きはじめられたばかりですが、現在はりきって書いておられますので一度のぞいてみてください。
私の書くブログとはちがってためになること間違いなし(?)


それから同じく山科の「折上稲荷神社」さんのホームページもリンクに追加しています。
折上稲荷さんは過去記事で折紙守りを紹介したときに登場しています。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-296.html

100531_origami_3.jpg
http://www.origami-inari.jp/


いままでこのブログでは他の神社さんのリンクはしていませんでした。このブログが少々脱力系?というか、私がわりと肩の力を抜いて書いていますので、他の神社の方からすると「おふざけ」にも見えるかもしれないなぁという思いもあり、そんなおふざけのブログからリンクされたら心外だと怒られてもこまりますし(笑)

今回の花山稲荷さん、折上稲荷さんはホームページを作るにあたって私がお手伝いをさせてもらったこともあり、ちょっとくらいなら大目に見てもらえるかな(≧▽≦)ゞということでリンクをはっておきました。
おすすめの紹介でした



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は15位。人気ブログ20位。→ 今日の順位

エービーシー

先日急にテレビ局から電話があり、急で申し訳ないけれど取材をさせてもらえないだろうかという問い合わせがありました。
今年は坂本龍馬ブームということもあり、テレビや雑誌等の取材もちょくちょく来られますので、龍馬さんにまつわる逸話についてのことかな?と思って聞いているとちょっと違って、バラエティー番組でアイドルの女の子が京都の町をまわって何やかんやする番組だそうです。(内容は結局よくわかりません)

テレビ局の方が番組の内容を説明してくださるときに、タレントのエーケービーが伺っておみくじを引いているところなど撮りたいというものでした。
内容がちょっと神社にはそぐわないなぁというときはお断りするのですが、話しを聞いているとこれは、なんとなくまぁそんなに変な内容でもなさそうなので、どうぞっと了解しました。

私は例によってテレビに出ている人のことを、最近の人はほとんど知らないので電話で聞いた時はさっぱりわからなかったのですが、名前を聞いてからインターネットにつなげると、そこら中にその名前が出ていました。
AKB48っていうアイドルグループなんですね。
続きを読む

きもの

弱くてはかなきもの
母は温かくて強きもの
奥義を記した巻きもの
熊の置きもの
スリッパは履きもの

などなど様々な「きもの」がありますが、っと無理やり「きもの」を集めてしまいましたが、ご想像のとおり今日の「きもの」は「着物」で、和服のことです。
先日のテレビの撮影のときの写真ですが、

100510CIMG0887.jpg

舞妓さんが着ているようなこういうのも着物ですし、私がきているのも着物です。そういうえばあまり考えたことはなかったですが、私は毎日着物ですごしているのですね。
私にとっては当たり前だった着物ですが、なぜ今日着物に反応したのかというと、
「京都ゆかた割」という企画が阪急電鉄が実施されています。阪急電鉄の沿線にある様々な場所に「ゆかた」で行くと特典がうけられるというヤツです。もちろん「ゆかた」はおおきなくくりで「着物」ですからゆかた以外でも和服ならOKなんだと思います。
続きを読む

今日は雨

昨日の記事で5月23日が他の神社のお祭りへお手伝いによせてもらうはなしを書きました。天気予報では雨。ただ私は神主としては超絶晴男です。
神主として、という条件付きですが。
というのは、神社のおまつりや行事では雨で中止になったことが一度もない。台風がきていても、直前まで雨が降っていてもその間だけは止んでくれています。くわしくは右にあるブログ内検索で「晴れ男」で検索してみてください。

神社のおまつり、行事などではなく私個人では雨男だったりします。これも以前に書いている気がしますが。
最近はネタとしてよく書きますが、早く鯉におちて、ケッコーンをしたい、そんな話しをしていますが、いまだにその気配がない。ということで読者の皆様には「モテない男」と思われているかもしれませんが、これでも昔は私もモテたこともあります。
いや、ウソじゃなくて、これホント。
で、最初のデート(今は死語?)をするときはかなりの確率で雨がふったものです。始まりはいつも雨率9割を超えていると思います。


昨日5月23日は神主の私が、他の神社へお手伝いにいくのですから晴れ男効果があるかなぁと少し思っていたのですが、
結果は・・・大雨でした。
全国的な大雨で、もうお祭りも中止されました。
雨でお祭りが中止というのは私にとって初めての経験でした。
続きを読む

下がる

前回の記事のタイトルは「落ちた」、今回の記事のタイトルは「下がる」とそれだけみると縁起悪そうな感じですが、実際はそんなことはありません。いつも縁起よしの当ブログです。
神社、神社、神社のススメ、神主のひとりごとをこれからもどうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。
と参議院選挙が近いので選挙ふうにいってみました。


前回の記事で書きましたが、私が自社である武信稲荷神社への道順を聞かれて、それを間違えて教えてしまったという内容でした。阪急電車、四条大宮という駅から北へ5分ほど歩く着くのですが、それを駅から南へ5分ほどと説明していました。
「四条大宮の駅から、大宮通りを下がってください。3つ目の六角通りを左に曲がると神社があります。」
と説明していました。

「四条大宮の駅から、大宮通りを上がってください。3つ目の六角通りを左に曲がると神社があります。」
とこれが正解なんですが。自分のところの説明を間違えてしまうというなんともまぬけなことをしていまいました。

でこれを書いて思い出したのですが、
下がる、上がるは京都だけしか通用しないんですね。以前これは全国共通なのだと思っていましたが、他府県の方に「それ何のこと?」と言われて京都ローカルルールだと知りました。
続きを読む

落ちた

昨日、私、落ちました。
何に落ちたか。
先日の記事で恋に落ちる希望を発表しました
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-754.html

また以前から一部読者様からはよく恋ばな希望という声もありました、だから今日は恋に落ちたはなし・・・・
と威勢良く書きたかったのですが

実際は
ことわざのはなしです・・・

「ブタもおだてりゃ木から落ちる」
「犬もおだでりゃ棒に当たる」
「猿も歩けば木にのぼる」


私も昨日落ちました
まさに
「ブタもおだてりゃ木から落ちる」
のことわざ通りです
しかしことわざは本当に物事をうまく言い表していますね
続きを読む

カーデタン

カーデガンとは
毛糸で編まれたもの、もしくはニットで作られたジャケットの一種である。前に開きがあって、ボタンでとめるセーターの種類のひとつ。日本においては、セーターと区別されるのが普通になっている。衿無し、長袖が一般的なデザインであるが、半袖のものもある。しかし袖の無いものはベストといわれ区別される。男女問わずに、普段着やフォーマルでも幅広く着られており、簡単な防寒用衣類としても用いられる。


ガーディアンとは
イギリスの新聞である。1959年までマンチェスター・ガーディアンという紙名だったため、今でもこう呼ぶ人も多い。
また、守護者(ガードする者)ガーディアン。主にある特定の人物が現世での使命を果たす手助けをする他にも守護対象に生命存続の危機が迫った際には警告夢を見せて守護対象が無事に寿命を全うするように働きかける事もある。日本で言うところの守護霊に近い。


クーデター
クーデターとは一般に支配勢力の内部で発生するものを指す。また、支配勢力内の権力移動が成功せずに武力衝突が続く場合、正規軍を持つ交戦団体同士の場合なら内戦、交戦団体ではない状態なら内乱(内戦状態)と呼ぶ。
軍隊などによるクーデターを「軍事クーデター」とも言う。日本語では流血を伴わずに平和裏に成功した場合は「無血クーデター」とも言う。軍事クーデターは軍隊が部隊を動かす際に訓練を名目にして行われることがある。

出典フリー百科事典wiki

と、たくさんの似た用語を解説しましたが今日のタイトルにもある「カーデタン」とは
続きを読む

地球は動く

歴史上には数々の発見や名言があります。

「地球は青かった」
人類ではじめての宇宙飛行をしたソ連のガガーリンの言葉です。実際にこのひとことだけではなく、もっと長い発言のなかの一部だそうですが。宇宙からみると地球は青く言葉では表せないほどの美しい星だという感動を伝えています。



「それでも地球は回っている」
古代は地球が宇宙の中心であり、まわりにある天体が動いているという天動説が信じられていました。それに対してガリレオ・ガリレイは天体が動いているのではなく地球が動いているのだという地動説を主張します。当時は
ローマ教皇庁によって地動説を主張することは禁止されていたのでガリレイは裁判にかけられて地動説を唱えないことを宣誓させられた。
しかし地動説に確固たる信念をもっていたガリレイは小声で
「それでも地球は回っている」
と言ったというはなし。


今では地動説は当たり前の説であるとして受け入れられています。
実は私も今日は地動説を自分の肌で感じました。
続きを読む

さつき祭り

5月9日は当社武信稲荷神社のさつき祭でした。お世話くださった方々、当日お手伝いくださった方々のおかげで滞りなくお納めすることができました。ありがとうございます。当日は暑くもなく寒くもない非常に心地よい日でした。春うららか?というのでしょうか。春うららかというのがどういう意味なのかはっきりしりませんが・・
まぁとにかくぽかぽかと気持ちのよい境内には大勢の方がおこしになってたいへんにぎやかでした。

9日の2時から祭典でしたが、それ以外にも8日からは境内で書道や絵画展示がおこなわれていました。もともとは地域の小中学生の作品を展示していたのですが、最近は少子化で書道教室に通う子供の数が少なくなっていますので、子供の作品よりも大人の作品のほうが多くなってきています。

とはいいましてもこのお祭りの書道、絵画展示は子供の作品を展示するということで始められたものですので、当日はゲームやくじ引きなど子供に楽しんでもらう催しも用意されています。
以前は作品を出品した子供たちへのご褒美として景品を用意したりくじ引きをしたりしていたのですが、子供の数が少なく寂しかったので2~3年前からは神社にきた子供すべてを対象にしています。
続きを読む

平成二十二年さつき御例祭

今週の日曜日、平成22年5月9日は当社武信稲荷神社の春の祭り
さつき御例祭です
14時から祭典、舞の奉納などがあります
8日から9日は書道、絵画展示があります

100509_pst.jpg


お知らせするのをすっかり忘れていました
あわてて更新( ̄□ ̄;)!!
みなさまお参りください

落としもの

今日は5月5日です。春の大型連休最終日。
今年は長い人なら4月29日から5月5日までの7日間がお休みとなるずいぶん長い連休となったようです。当神社にも多くの人が来られていました。
当神社は普段は決まった方が毎日お参りにこられる、昔でいうところの村の鎮守様といった感じですので観光の方が大勢こられるわけではありません。しかし今年は大河ドラマで「龍馬伝」をやっている影響で坂本龍馬ブームとなっていますので、当神社にも遠方から大勢の観光の方々が来られていました。
なぜ遠方からこられた方が大勢だとわかるかというと・・・授与所でお守りを受けられるときの言葉づかいでわかります。なんとなく九州と関東の方が多かったように思います。というかそれ以外の方言はイントネーションが関西弁との違いが少ないので記憶に残っていないだけなんでしょうが・・・


大勢の方が来られますといろいろあります。
先日、「連休中にそちらへ参拝させてもらったのですが、帽子を落としたと思うのですが境内に帽子が落ちていなかったでしょうか?」という電話がかかってきました。ウチの神社へ来たときは帽子はまだあったが、宿へ帰ったときには帽子がなかった。ウチの神社が観光の最後だったのでそこで落としたのではないか・・・
というものでした。実は帽子の落し物はよくあります。境内の落し物で一番多いのが汗拭きタオルか帽子です。大抵は朝境内の掃除をしているときに発見して身柄を確保しておくのですが、その日は発見されていませんでした。そういう電話があったのでもう一度ぐるっと一周境内を見て回りましたがやっぱりありませんでした。
もし見つかったら連絡いたしますからm(_ _)m
続きを読む

はなのまつり

春は卒業や移転など別れの季節とはよくいわれます。
また入学や入社など出会いの季節ともいわれます。
私はひとつの神社をおまもりしている神主ですから卒業や転勤はないので、別れの季節や出会いの季節ではありません。神主にとって春はお祭りの季節です。春には全国の神社で様々なお祭りがおこなわれています。本来お祭りは行うとは言わずに斎行(さいこう)するといいます。お祭りは神事ですからね。ここでは読みにくいと思いますので行うと言いますが・・
春祭り、夏祭り、秋祭り、いろいろありますが、そもそもお祭りとは人の暮らしと密接に関わりのあるものでした。春は農作業のはじまる季節ですから、春におこなうお祭りの多くはその年の豊作を願うものです。
夏の祭りは、昔は夏は食べ物も腐りやすく衛生上よくない環境でしたので疫病の流行する時期でしたから疫病退散をねがうもの。
秋の祭りは、収穫がすんでからその年の収穫を感謝するもの。
もちろん全てがそうではありませんが。

だからお祭りとは、屋台でりんご飴を食べたり、金魚すくいをする、それがお祭りではないんですね。それらはお祭りの付属なんですね。


というわけで今は春祭りの時期。各地の神社で春祭りがおこなわれています。当神社、武信稲荷神社でも5月9日が春のお祭りです。ウチの神社の春祭りは5月9日だけなので私の春祭りは5月9日・・・と1回だけではありません。
続きを読む