旅の香り

先日の記事で書いていました地鎮祭の前日がどしゃ降りの雨、天気予報では雨のち曇りでしたが、晴天にめぐまれまして無事にご奉仕できました。やっぱりね(*^―゜)b大丈夫だとおもったんだ。と油断しているといつか失敗をまねきそうなので毎回全力投球です。具体的にどう全力投球したらよいのかわかりませんが・・・


今日はお昼からテレビの取材がありました。テレビ朝日系列の「旅の香り」という番組です。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinokaori/
野際陽子さん、中井美穂さん、氷川きよしさん等が出演される旅番組です。・・・といってもテレビをほとんどみない私は知らなかったので、ネットで調べました。
タレントさんがレポーターとして日本各地を訪ねるということで、今日は武田鉄也さん、びびる大木さん、中井美穂さんがレポーターとして来られました。今の時期に当社にこられて、さらに旅人が武田鉄也さんとくればもちろん坂本龍馬さんのエピソードを紹介するために来られたというわけです。
自他ともに認める大の坂本龍馬ファンの武田鉄也さんです。「おーい龍馬」という漫画の原作を書いておられるくらいですから。


私は普段からテレビをほとんどみないので、テレビに出ている方の名前と顔が一致しません。ですが今回は武田さん中井さん大木さん(びびるさん?こういう場合はどうよぶのだろう)は名前もお顔も知っていました。
続きを読む

明日のことや他

明日は地鎮祭の御奉仕をさせていただきます。地鎮祭は家を建てる前に、土地の神様にこれから家を建てますと奉告したり、建築工事の神様に工事の安全無事を願うお祭りです。ですから当然まだ建物がありませんから当然屋外でのお祭りです。
で前日の今日のこの時間はどしゃ降りです。ひさしぶりの晴れ男記事です。
いままでの晴れ男戦記はこちらから。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-654.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-494.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-482.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-472.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-368.html

ちなみに明日は天気予報では雨のち曇りでした。いままでの実績からいくと大丈夫じゃないかなぁ~と油断している私。


~●~●~●~

すこし前の新聞でみたのですが
「マクド偽造優待券輸入」
という記事がありました。

100223_1318~01


私のところは京都新聞をとっています。この記事はマクドナルドの株主優待券を不正に中国から輸入した男らが逮捕されたというニュースです。
マクドとはマクドナルドのことなんですが、関西ではマクドナルドのことをマクドといいます。関東ではマックですよね。
中間の名古屋あたりではなんというのでしょう。中をとってドナルとか?
続きを読む

デジャヴュ

デジャヴュ、既視感(きしかん、「既に見た」の意)とは、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。
一般的な既視感は、その体験を「よく知っている」という感覚だけでなく、「確かに見た覚えがあるが、いつ、どこでのことか思い出せない」というような違和感を伴う場合が多い。
「過去の体験」は夢に属するものであると考えられるが、多くの場合、既視感は「過去に実際に体験した」という確固たる感覚があり、夢や単なる物忘れとは異なる。
フリー百科事典Wikiより

ということでデジャヴュとは初めて体験するはずなのに結果がわかる、初めてきた場所なのに既に知っている。そんな感覚のことです。
先日記事で書いていますが、夢の「おつげ」。今まで行った事もない、聞いたこともない神社にお参りにいきなさいと夢でおつげがあった、調べてこの神社(武信稲荷神社 うちの神社です)に来ました。という方ともちょくちょくお会いしますし、またこの神社には今日はじめて来たのですが過去に見たことがある、はっきりと覚えているという話をきくこともあります。
そういう経験をされている方とお会いすることがあるからかどうかはわかりませんが、実は私も不思議な経験をするようになりました。
そしてそれは今日、突然やってきました。
続きを読む

一歩先をゆく

時代の一歩先をゆく男。
こんなフレーズを聞くとなんとなく「できる男」を想像します。私も「できる男」でありたいと日々精進しているわけですが、私に時代の一歩先をゆくが当てはまるかというと職業柄先に行き過ぎるのもどうだかなと思う今日このごろ。
神主ですからね。先人達がつくってきた伝統を守ることも大切な役目ですから。

しかし伝統を守るということは古くから決まっていること、しきたりを引き継ぎ、それをそのまま続けるだけではいけないと私は思っています。もちろん昔からのことを受け継ぐのですが、それを生かさないといけないということです。神主の場合はとくにそれが必要です。
たとえば古い茶碗を保存するとします。方法はいくつかあると思いますが、博物館でケースに入れて展示するのではなく、実際に使っている家で大切に補修しながら使いながら残していく。受け継いだものを生かさないといけないというのは、そういうようなニュアンスだと考えています。

古くから伝わるいろんなしきたりや決まりごとなどありますが、それを今に生きるわたし達にあうようにして伝えていかなければいけないと。絶対に変えてはいけないところと、守るべきは守ったうえで変えていかないといけないところがあるということですね。今の時代にあっていなければその次の時代に残すことは難しいのではないかとも思います。
そういう意味では神主も時代の一歩先を見据えていないといけませんね。ということで私も今日から時代の一歩先をゆく男を目指します。

で時代の一歩先をゆく、お手本を実は先日お見かけしました。その方は女性だったので一歩先をゆく女ですね。
続きを読む

説得力

今日は神社も神主も関係ないはなしです。

みなさんそうだと思いますが、メールを使用していますとたくさんきます。迷惑メールが。私のところも例外なく毎日山盛り届けてくれます。迷惑メールを。必要なメールと邪魔なメールとを分けるのにも結構な時間がかかります。迷惑メールめ( ̄ ^  ̄)
最近は自動でメールを判断して迷惑メールかどうか振り分けるフィルターもありますが重要なメールが間違ってそちらに振り分けられることもありますから、やっぱり自分の目で一応確認しています。


ここ最近目につくようになったメールがあります。
1日に何回も何回も頼みもしないのに一方的に送られてくるメールなので、迷惑メールの基準値を楽々クリアしています。ですからめでたく迷惑メールとしてゴミ箱に自動割り振りされているのですが、一応全メールをチェックする際に目に付きました。

「WhiteSmoke」 というもので、文書を英語に変換したり翻訳したりできるソフトの宣伝のようです。よくある悪質なメールか、詐欺のメールなのかと思ったのですがちょっと調べてみると会社はちゃんとあるようで、大々的にやっているようでした。
世界的に使用されている英語に変換するもっともすぐれたソフトだということを熱心に言いたいようです。
以下は送られてきたメールの内容のコピーです
続きを読む

おつげ日和

まだまだ寒い日が続きますがもうすでに花粉が飛び始めているようです。花粉症の方のために花粉情報が出されていました。まだそれほど大量に飛散しているわけではないようです。花粉日和はまだもうすこし先ですね。

花粉日和とそんな言葉があるかどうか知りませんが、日和関連で連想したのが小春日和(こはるびより)。立春がすぎて春となったのでぽかぽか暖かい小春日和ですねぇ。などと言いたくなるところですが、小春日和は春のことではないですよね。秋から冬のぽかぽかと暖かい日のことを「まるで春みたい」ということで小春日和といいます。わざわざ説明するほどの事ではありませんが・・・


さてさてこれから書く今日の日和は、花粉でも小春でもなく「おつげ日和」です。
「おつげ」とは、神仏がその意思・予言などを人間に告げ知らせること。
夢のおつげがあった、神のおつげがあった、そんな使い方をします。

ですから、「おつげ」は「おすぎ」とは関係ありません。ましてや「ピーコ」とはなんの共通点もありませんので、くれぐれも間違いのないようにお願いします。(敬称略ですみません)



さぁではなぜ今日がおつげ日和なのかといいますと。
今日、夢のおつげがあって当神社へお参りにこられた方がおられたからです。それも2人。
といっても普段からそういう方はもっとおられるのだと思いますが、たまたま私が今日、おつげがあってお参りにきましたという方からはなしを聞いたというだけですけれどね。
以前にも何度もおつげがあって当神社にこられた方もおられますし。http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-20.html
続きを読む

メメント・モリ

メメント・モリ。私は最近まで知らなかったのですがこのあいだ新聞記事で知りました。東京六本木の森美術館で行われていた(確か去年のはなしだったと思います)「医学と芸術」展の紹介記事でメメント・モリという言葉がキーワードとしてでていました。
六本木の森美術館?あぁ、六本木ヒルズのあそこだよね。ついこの間行ったとこじゃん。と、東京・六本木という言葉に反応してなぜか関東弁で頭で考えて、その記事に目がとまったのですが、その中でメメント・モリという見慣れない単語があったのでそれを詳しく読みました。

調べてみるとメメント・モリ(Memento mori)とはラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。日本語では「死を想え」「死を忘れるな」などと訳されることが普通。芸術作品のモチーフとして広く使われ、「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。
フリー百科事典wikiより
ということでした。


森美術館で開催されていた「医学と芸術展」では、解剖図や手術用具、義手や義足、そして死をテーマにした絵画や彫刻などが混在している、医学と芸術が出会う場になっていると紹介されていました。記事中にもありましたが医学と芸術はかなり深くかかわりあいがある、有名なレオナルド・ダ・ヴィンチも正確なものをというために動物の解剖や人体の解剖をおこない詳細な解剖図をたくさんのこしています。
続きを読む

今日のできごと2.12

毎日いろんなことがあります。ブログに書いてみなさまに見ていただくほどのことでもないことが大半ですが・・・

廊下を歩いていたら小指をぶつけて痛かった。とか
朝ごはんのときにお茶を飲もうとしたら茶柱が立ちそうで立たなかった。とか
坊さんが屁をこいだにおいだら臭かった。とか

まぁいろいろあります。


さて今日のできごとを小ネタみたいにご紹介です

午後13時、関西テレビの取材の方々がこられました。つい1週間ほどまえに毎日放送のちちんぷいぷいの取材があったばかりですがhttp://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-714.html、重なるときはかさなるものです。
関西テレビ 冒険チュートリアルという番組だそうです。
あまり内容は聞いていませんでしたが、先日も節分のときに剣劇などされたサムライの方々との撮影でしたので一応撮影OKしておきました。
内容はあまり知りませんので私も見てみます。境内で時代劇みたいな立ち回りを撮影されてました。
ちなみに重なるときには本当に重なるもので、他にもあと2件テレビの取材の依頼が来ています。
続きを読む

文明開化

世界7不思議といえばエジプトのピラミッド、万里の長城、オリンピアのゼウス像、ストーンヘッジ、イースター島のモアイ像などがあります。どれをもって7不思議とするかはいろいろ意見があると思いますが、これは私が個人的に好きなものです。イースター島のモアイ像が7不思議に数えられるのかというとあまり入らないような気もしますが、私モアイ像のあの風貌が好きなので・・・
100208450px-Moai_Rano_raraku.jpg


ほかにもいろいろ7不思議はありますね。日本の7不思議、学校の7不思議など。で当神社でも7不思議があります。というか勝手につくってみました。これは以前に書いた当社7不思議のひとつ(笑)
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-612.html


でさらにもっと前に書いた記事にも7不思議がありました。ブログをはじめる前に神社のホームページの息抜きコーナーで書いていたころのもので、6年ほどまえに書いたものですね。
よければ先にhttp://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-3.html
こっちを読んでもらうとこの後の内容がわかりやすいと思います。
続きを読む

ちちんぷいぷい

先日当社にテレビの取材がありました。
毎日放送の「ちちんぷいぷい」という番組で、毎日15時から17時45分まで放送されています。関西地区だけの放送だったそうですが、昨年からTBS系列で全国放送されたようです。
http://www.mbs.jp/puipui/
例によって私はテレビをあまり見ないので、ちちんぷいぷいといわれても、???なんだいそれ?となっていたのですが、他の方々に聞いてみるとみなさん知っておられましたので、関西では有名な番組のようです。

で今回の分の放送は2月の24日水曜日だそうです。
そもそも何の取材だったのかというと、ウチの神社にこられたのはたまたまでして。ディレクターさん?どう呼べばいいのかわかりませんが、なにしろテレビ局の番組を作っておられる方が、たまたま当社に立ち寄られて、あぁこの神社で撮影をしようと思われたようです。
・・・乱暴な説明ですね、要約しすぎですね( ̄_ ̄|||)
日本昔話でいうと、昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。めでたしめでたし・・・
これくらい要約していますが、間のはなしは想像力をはたらかせてもらうということでご了承くださいm(_ _)m
続きを読む

初午と節分と立春と

おひさしぶりの更新となりました。2月1日が初午祭、2月3日が節分祭とお祭りが続いていたものですから時間がなかなかなか・・・
というわけで節分そして立春が過ぎました。立春とは春のはじまりですから、あたりはもうすっかり春、ぽかぽか陽気で私のまわりにはれんげ、たんぽぽが咲いてきま・・・
と全国的に猛烈に冷え込んでいる今、そんなことを言っていると
「ぽかぽか陽気でたんぽぽが咲いているのはあなたの頭の中でしょう」
ときびしいツッコミがとんできそうですね。


それはおいておいて、立春は春のはじまりで1年のはじまりですから旧正月ともいうように昔は立春がお正月で節分が大晦日ですからね。当社でも「勝駒」という駒札が授与されるのですが、新しい年のもの、今年であれば寅年の「勝駒」の授与がはじまるのは節分、立春です。
om_koma_kati.jpg


というわけで無事に節分立春がすぎて新しい年を迎えてやれやれ、とほっこりして頭の中にたんぽぽが咲いたのでしょうか
続きを読む