正月にむけて

今日が11月30日、11月の最終日です。毎月1日(ついたち)は月次祭(つきなみさい)というお祭りの日です。たいていどの神社でも月次祭はされますが、うちの神社では早朝7時30分から祝詞をあげてお祭りをします。
12月ですから今年最後の月次祭なんです一年は早いなぁ・・・大人になると1年が早く感じると言いますが今年は本当に早かったです。つい2~3日前に今年が始まったように思っていたのに・・・ってそれは大げさか。


そんなことですので今日は明日のお祭りの準備をいろいろしているわけですが、とにかく一番はお掃除です。もちろん普段からお掃除しますが時間的なこともあってなかなか隅々っまで完全にはできないものです。皆様も毎日のお掃除をしているけれど年末の大掃除をなさるのと同じようなもので、お祭り前には普段なかなかできないところまできれいにします。

掃き掃除、拭き掃除。今年はいつまでも暖かくなかなか寒くならないといっていますがさすがに12月ともなれば寒くなってきます。拭き掃除をするときに雑巾をしぼるのが冷たくなってきました。が、今日もごく普通にバケツの水に手をつけられますのでやっぱり水も温かいのだと思います。例年はもっと冷たい気がします。



さて先日、朝境内の掃除をしているとき7時ころに神社の前に軽トラックが停まりました。なにか配達されるような雰囲気だったのですが荷物の配達にしては時間が早いなと思っていました。するとやっぱり配達だったのですが、運送業者さんではなくて神社のお世話をいつもしてくださる農家の方でした。
葉牡丹(ハボタン)を届けてくださりました。
続きを読む

100万ドルの夜景にもの想う2

昨日の記事の続きです

地上はるか上空から、地上に輝く光を見ながら、ふと思った。
「目の前の景色これは現実か?」
星に手がとどくのではないかと思うほどの高いビルがたち、今そこから地上を見下ろしている。地上には光がつらなり帯となっている。

本当にこんなことがあり得るのだろうか。地球が誕生したときには生命はいなかった。「無」だ。無から生命が生まれたのだ。無から生命が自然に生まれる確率はどれくらいあるのだろう。
そのとんでもない確率に当って生命が誕生し、人間も生まれたのだろう。今度はその人間がコンピューターをつくった、星に手がとどくほどのビルをつくった、宇宙にロケットを飛ばした。
何もなかった地球上に人間が誕生しこれほどの文明を築いている。一体どれくらいの確率なのだろう。どれくらいの確率なのか計算することすらできないのだと思う。
「目の前のこれは本当か?」
続きを読む

100万ドルの夜景にもの想う

昨日の記事でもこっそり書いたのですが、実は昨日東京へ出張していました。例のハンサムスーツを着て。(この記事を書き始めたのが3日前、忙しくて中断していました)
当神社に神主は私ひとりですから留守にすると神主不在になるので普段はずっと神社にいます。が、用事があるときはどうしても神社を空けなければいけないこともあります。遠方への出張があるときは「仕方なし」と開き直って、めったにない外出を満喫しちゃったりなんかしたりします。

昨日は一通り用事が終わって帰る前、ですから夜に某超高層ビルヂングからの景色を眺めてみました。東京タワーを見下ろす高さでしたのでホントに東京を一望できそうでした。
建物の明かりが様々な模様をつくり、車のヘッドライトが光の帯となって、その光たちが作り出すそれは、これが100万ドルの夜景なのかとため息がでました。

以下は100万ドルの夜景を見ながら想ったこと。
続きを読む

乳製品3 エピソード2

先日記事にしました乳製品のはなしの続きです。
携帯とパソコンが新しくなりました。両方とも丸5年以上使っていましたのでずいぶん消耗していました。携帯は3分通話をすると充電がなくなるので、つねに充電機を持ち歩るき、コンセントにさしながらでないと通話ができないという、携帯電話でありながら携帯できない電話でした。これが先日新しくなって今では10分通話しようが、20分使用しようが 無問題
それが普通なんでしょうけど・・・


パソコンはとくに支障はなく、不便も感じていませんでしたが、あるとき使用中に急に画面がテレビの試験放送のような七色の画面になって固まりました。ボタンを押しても、画面をたたいても、やさしくキスをしても動いてくれません。
昔のテレビは映りが悪いとたたいたらなおりましたし、白雪姫でもやさしくキスすると眠りから目覚めます。なのにどれをしても動いてくれませんでした。これは重症ではないかと心配になり5年間以上酷使していますので長いあいだご苦労さんということで休暇をあげるつもりで新パソコンを購入をしました。

旧パソコンは予備機とプライベート機として使うつもりでした。ところがこの新パソコンがやってきたことで旧パソコンが安心したのか、スネたのかはわかりませんが、先日から言うことを聞いてくれなくなりました。ACアダプターを接続してコンセントにつないでも電気が通ってこない。バッテリーに充電がされないのです。今すでにバッテリーに充電されている電気を使い果たすと電源が入らなくなりそうです。ですから余命あと2時間くらいです。
この残された時間をどのように使うのか。修理をするために電源をいれるのか、あるいは残された時間を有意義に、ふたりの思い出をつくるために使うのか。難しい選択をせまられそうです。
続きを読む

新嘗祭

今日は11月23日です。一般的には勤労感謝の日で祭日ですが、そもそも祭日というくらいですから、祭りの日です。なんの祭りかというと新嘗祭(にいなめさい)というお祭りです。
皇室では天皇陛下が、また全国各地の神社で新嘗祭がとりおこなわれます。
「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する新嘗祭は、五穀の豊穣を祈願した二月十七日の祈年祭と相対する関係にあるお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると上もに、御自らも召し上がります。 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。
(神社と神道より抜粋)

当社、武信稲荷神社でも今日は新嘗祭でした。といってもウチの場合は先週のお火焚祭で一緒にするようにしていまして、今日は神前に今年とれた新穀でつくったお酒をお供えして神主がひとりでおこなうごく簡単なものです。

091106CIMG0399.jpg

続きを読む

葉っぱまつり

今年はいつまでもあたたかいですね。昔からお火焚きのころから寒くなるといわれているのですが、今年のお火焚きはちっとも寒くなく、むしろ暑かったくらいでした。ここ数日で寒くなりましたが、急激に寒くなったので体がなかなかついていかなくて戸惑っています。ここ数年は毎年、今年は暖かい、異常だと言っている気がします。異常気象が異常でなくなっていますから、深刻な状況なのでしょう。みんなでなんとかしないといけません。

さて、とは言ってもやはり冬はやってきます。春夏秋冬と季節が変わるはずが春夏冬と変わった感じがしますが・・・
今日は風が強く吹きました。俗に言う木枯らしというやつですね。おかげで境内中が葉っぱだらけです。
朝に落ち葉を掃いていますが、10時にはもう一面葉っぱでうまっています。
091121CIMG0413.jpg


夕方には地面が落ち葉で埋め尽くされて、落ち葉の占める面積のほうが多くなっているように思います。
091121CIMG0419.jpg


で、これを掃いても明日の朝には葉っぱで埋め尽くされています。葉っぱまつりです。
続きを読む

乳製品3

いま私の身の回りで買い替えラッシュがおこっています。
別にエコ家電を買ってエコポイントをもらおうとか、そういうことでなくて使い続けていた家電が寿命を迎えたと、ただ単にそれだけですが。

まず携帯電話。これを機種変更してきました。
今までのものは丸5年使っていました。6年目にはいっていたのですが、さすがにバッテリーが寿命を迎えていたようで、最近では3分通話したら充電がなくるという状態でした。だからつねに充電器と電話をセットで持っていました。コンセントのないところでは通話は3分しかできないという、光の国から僕らのためにやってきた携帯電話だったのです。
というか、コンセントのないところで3分以上通話できないのは携帯してないですね。

これがついに新しくなりました。
091114CIMG0406.jpg

いままで通話の途中で充電がなくなってしまって、迷惑をかけていた皆様もう大丈夫です。



続きを読む

HOT一息

みなさまお久ぶりでございます。前回の更新が11月11日でしたので今日が16日、もう少しで一週間のごぶさたとなるところですのでとりあえず滑り込み更新です。忙しかったのでなかなか更新できませんでした。
昨日、地元の三条会商店街の龍馬まつり、当神社の碁盤の儀、平安舞奉納が無事におわりましたので、ここしばらく連続でおこなわれていたお祭たちが一段落となりました。
お世話いただいた方々ありがとうございました。


14日はもともと天気予報では雨でしたが、例によって晴れ男の本領発揮で当日は、朝は雨でしたが見事快晴。龍馬まつりの私の講演はお昼からですのでそのときにはお日様もでて心地よい温かさでした。30分ほどお話しする予定でしたが、気がつけば50分くらい経っていました。

まぁお話しの依頼をされたときもそのお話しがプログラムの最後ですので別に時間はいくらでもいいと言われていたので時間は全く見ていませんでした・・・しかし私は坂本龍馬や幕末の歴史などについては専門ではないので素人ですから、最初は時間が余るのではないかな?と思っていたのですが逆でした。
神様のことを話すのではないので笑いを交えて話そうと思っていましたので、かなりくだらない話しや脱線もありましたので・・・
続きを読む

つぎのおまつり

先日11月8日にお火焚祭がありました。
そして今週の土曜日、11月14日にもおまつりがあります。しかもふたつ。なんともりだくさんなんでしょう!!

ひとつめは、神社主宰のおまつりではありませんが、神社でおこなわれます。当社のすぐそばの三条会商店街の主催で「龍馬まつり」というものが開催されます。
来年の大河ドラマ「龍馬伝」にむけて坂本龍馬にゆかりある商店街であることを広く知ってもらうためにいろんな催しがおこなわれます。坂本龍馬とどうゆかりがあるのかというと、ウチの神社に龍馬とおりょうの逸話が残っているということですから当神社でやらないわけにはいかないということですね。
http://www.eonet.ne.jp/~sanjo/

090617ryoma_pnf1.jpg


当日は、商店街のアーケードで1時から「京炎そでふれ!」というおどり、「チャンバライブ」という坂本竜馬や新撰組の登場するライブなどがおこなわれて、1時30分から当神社に移動して「龍馬にかんするはなし」があります。この「龍馬にかんするはなし」をするのは当然私です。龍馬にかんする、とか歴史についてなどというテーマは本当いうと専門外なんですけども。まぁそのへんは皆様にはわらって許していただくとしましょう。
続きを読む

おひたきの後

先日はお火焚祭滞りなく執り納めることができました。お世話くださった方々まことにありがとうございました。
普通はお火焚祭をおこなう頃から寒くなってくるのですが、今年は暑かった。
寒い中で火をたいて、集まった方々も火に手をかざして暖まり、ありがたいなぁと実感するのですが、今年は暑い。この時期なのに祭り当日にまだ蚊が飛んでいました。季節感もなにもあったものではありませんね。
確実に季節が狂ってきています。


ところで今日はお祭の後片付けの一日となりました。
お祭で使った道具を片付けたり、お祭仕様に飾り付けた境内をもとにもどしたりと外で体を動かすことが多かった一日でした。で、作業をしているとどうも体が重い。体がダルイ。
今年のお祭は毎年裏方でお手伝いしてくださっている方々が5人すべて都合が悪くておこしになれませんでした。
ということは必然的に裏方の仕事も全て私がすることになりました。もちろん別の方も手伝ってくださっているのですが今年初めてお手伝いしてくださる方は勝手がわかりませんから、何かと大変です。来年同じ方がもう一度お手伝いしてくださった時は全然違うと思いますけど。
というわけで非常~につかれました。神様のことをするのだからもちろん疲れるなどといわずに喜んでしますが、体は疲労します。


で今日です。なんとなく体が重い。ダルイ。寒気がする。風邪の症状とよく似ています。
・・・・・

ハッ( ̄□ ̄;)!! 風邪か!!


天候不順だったのと、体が疲れているだけなので大したことはないのですが、今日は早く寝ることにします。
続きを読む

お火焚前

まもなく当社のお火焚祭です。今年は11月8日の日曜日です。
hitaki071103.jpg


もともとは旧暦11月8日におこなわれるお祭りでしたが、近年は新暦で、かつ11月8日に近い日曜日におこなうようになっていました。なかなか平日に祭典をすることが難しくなってきていますもので。
祭りが日曜日になってからは毎年日にちが違うわけですが、今年はたまたま8日が日曜日になりましたので、京都の各地のお稲荷さんではほとんどお火焚祭をされるのではないかと思います。

京都ではお火焚はわりと一般的に知られています。京都の秋の風物詩でもあります。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-209.html
お火焚について
続きを読む

作務衣

昨日まで長編の記事を書いていたので今日は少し箸休め。

今日は11月4日ですが、2日ほど前から急激に寒くなりました。たしか11月2日に寒気がやってきて全国的に今年一番の冷え込みで、初めての雪が降ったとこもあるとか。京都も例外ではなくとっても冷え込んでいました。というか冷え込んでいます。
今、坂本龍馬に関連するところをめぐるナイトツアーという企画がありまして、ウチの神社にもこられます。ガイドの方から頼まれていまして私の時間があるときはこられた方にいろいろおはなしします。龍馬さんのどんな話がつたわっているのか、この神社はどんな神社なのか、ってね。
http://www.yasaka.jp/taxi/sightseeing/tour-bakumatsu.html

ナイトツアーですから当然ながら夜です。2日前から冷えました。
たしか11月1日にこられた方々におはなししたときはちっとも寒くはありませんでした。その日は私もわりと時間があったもので、15分くらい説明したりおはなししました。もちろんガイドさんに聞いていますよ。どれくらの時間お話しすればいいですか?と
で、いつまででも。別に朝までしゃべってくださっても結構ですというお返事でしたので。
続きを読む

遠くはなれて6

昨日からの続きです。
潜在意識や祈り意識は自分の中にあるのだけれども、自分自身のものではない。
私が思うに、これは全ての人で共有しているものではないかと。
イメージしやすいのは、「空 そら」ではないかと思います。大空。
空は上をみるとあります。自分の真上にあります。
他の人が上を見上げても、その人の真上に空はあります。
京都とニューヨークで二人同時に上を見上げたら、両方ともの真上に空はあります。
どこから、誰が見上げても同じ空を見ることができます。

ここでいう「空」が潜在意識や祈り意識です。どこまでも広がる空のようなこの意識は、全ての人で共有しています。
自分自身の意識は個人でコントロールできます。それは自分だけの意識だからです。
これが潜在意識、祈り意識と入れ替わったときに、祈り意識を通して全ての人とつながります。
続きを読む

遠くはなれて5

昨日からの続きです。
自分以外の人が、自分とは遠くはなれたところで祈ることで、自分によい効果が現れることは事実です(と私は思う)。そもそもこういうことは理屈のはなしではないのですが、あえて少し理屈っぽく話してみたいと思います。


わかりやすいように具体的な例ですすめたいと思います。病気の女の子、その病気が治って欲しいと願うその祖母。祖母は女の子とは遠く離れた場所にいます。
祖母は女の子の病気が治るようにと祈っています。女の子は、祖母が自分のために祈っていることを知りません。しかし女の子にとって祈りは素晴らしい結果をもたらした。
こういうはなしで進めます。

女の子は、祖母が自分のために祈っていることを知りませんから、自己暗示的な効果とは違います。この自己暗示的な効果というのは逆の場合にでもたまに説明されますね。呪いのわら人形など、自分のことを呪ったわら人形の存在を知ると、誰かが自分を呪っている、と意識することで、誰かに恨まれている、憎まれていると不安になり、非常に強いストレスを感じ精神的に不安定となり、体にも不調があらわれてくる。そんな理屈でいわれることもあります。

祈りに関しては呪いの逆の効果、良い効果がでるのではということですが、女の子は自分が祈られていることを知りませんからこれの効果はありません。
続きを読む