遠くはなれて4

昨日からの続きです。
この潜在意識を活用できればすさまじい効果があります。そりゃぁそうです。同じことを1回するのと、10回するのでは10回するほうが効果はより多く出て結果はよくなるでしょう。
潜在意識がはたらいてくると、無意識のうちに行動したり、意識のアンテナが張り巡らされて関連する情報を自然とキャッチして新たなひらめき、インスピレーションになったりします。

祈ることで(思ったではなく祈りのレベル)この潜在意識を活用できるようになると言えるのではないかと思います。先ほど書きましたが赤いリンゴを1分間維持することができない程度の思考は祈りではなく「思う」です。
祈りをイメージしやすいように分解してみると「真剣さ」、「素直さ」、「集中力」、「継続」ということが必要になるのではないでしょうか。
祈ることで潜在意識が活用できて素晴らしい結果を生み出すことができる。と現代風にいうとこう説明ができるのではないかと思います。

続きを読む

遠くはなれて3

昨日からの続きです。
人間の中にある(別に人間だけではありませんが)、エネルギーというものは膨大で途方もないものだと思うのです。それで祈るということでその自分の中にある途方もないエネルギーを表に出そうというものです。

ちなみに祈るということをナメている人は多いとおもいます。そんな祈るだけで何も変わらないよ。とか祈ったって気休めだよとか。そう思う人は特に軽くみているはずです。
しかし祈りとか思考というものは意外と難しいものですよ。

たとえば何かひとつのことを考えたとします。それをどれだけの時間考え続けられるでしょうか。試しに赤いリンゴを頭に思い浮かべてみてください。思い浮かべましたか?
ではそれを思い続けてみてください。


どうでしたか?
1分後には何か別のことを考えている自分にフッと気がついたでしょう。たかだか1分間同じことを考え続けることすらできないのですから。人間の思考とか集中力なんていいかげんなものです。
続きを読む

遠くはなれて2

昨日からの続きです。
祈りということが人に大きな影響を与えます。これは間違いないことなのですが、しかし祈るだけで人に影響を与えるはずがない。結果が変わるはずがないと思う方もおられることでしょう。
でもちょっと真剣に考えてみると意外とわかるものですのでちょっとそのあたりから書いてみたいと思います。

祈りの作用のしかたとして、直接的な効果と間接的な効果との2つがあると思います。
前回のはなしで出た御祈祷の例でいうと直接的なものは自分が実際に神社で御祈祷を受けるときなどです。これは以前から何度か記事にしていますので繰り返しになりますが、まぁもう一度あらためて。

御祈祷を受けて神様のお力を頂くということなのですが、それを分解してみてみると、神社という神域にいるということ、祝詞を耳で聞く、目で社殿が見える、これらの作用によって(もっともっとありますが)自分自身の力が増大される。自分の中に眠っていた力が表に出てくる覚醒する。そんな表現があうでしょうか。

祈ることで自分自身にもともとないものが、ポンっともらえるのではないという事がポイントだと思います。
ゲームの世界のように呪文をとなえたら傷が回復するとか、人の姿をした神様が現れて力を2倍にしてくださるとかそういうものではないですね。「ホイミ」って唱えると病気が治るとかそういうものではないと。当たり前ですが・・・
続きを読む

遠くはなれて

先週から毎日、朝と昼に御祈祷をおこなっています。
ある方が入院して大きな手術、治療を行うということで、その方のお母さんからお願いされました。京都の方ですが特殊な治療になるので静岡の病院へ入院されることになり、お母さんもつきそいで病院に行かれるため、自分が神様に直接お参りできないので、毎日祈祷をしてもらいたいということです。

本日連絡があり、治療はうまくいったので明日に退院する。京都に戻ったら御礼参りによせてもらうとおっしゃっていました。
よかったです。


御祈祷もそうですが、祈るということは自分自身の本来もっている力、自分の内側に眠っている力を引き出します。人間は自分の持っている本来の力を全て発揮することができればとてつもない結果を出します。
人間の本来もっている自己治癒力も素晴らしいものがありますし、
潜在能力、直観力、ひらめき、途方もない可能性を秘めています
もちろんただ、ちゃちゃっと祈るだけでなく、真剣に素直な心で祈るということです。

このような御祈祷や祈りについては以前から何度か書いていますが、
今回は遠く離れた場所での祈り、自分が直接その場にいない御祈祷。これらについて書いてみたいと思います。
自分の頭の中の考えを整理する意味もこめて・・・


間違いなく長くなるので、今日はあまり書く時間がないので明日からあらためて・・・


↓面白かったらクリックしてください。
たくさんのクリクがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は25位。人気ブログ20位。→ 今日の順位

雑誌の紹介

当社、武信稲荷神社が掲載された雑誌が今月にはいってたくさん届いているのですが、今日もまた1冊届きましたので思い立ってその紹介をば。

先月、今月と新聞や雑誌の取材がたくさんありました。どれくらいだったか数は忘れてしまいました。来年のNHK大河ドラマは「龍馬伝」、坂本龍馬が主人公のおはなしです。いよいよ放送が近づいてきたので、各誌でも龍馬に関係したスポットを紹介する企画がたくさんでてきました。
当社にも、坂本龍馬と妻おりょうにまつわる逸話が伝わっていますので、今回は全てそれに関連した記事です。

091021CIMG0395.jpg

091021CIMG0394.jpg

091021CIMG0387.jpg


とりあえず「掲載誌です」と送ってきてくださった分だけが手元にありますので、それだけの紹介です。取材にはあと数件こられていましたので、他にもまだ掲載されている雑誌もあるでしょうし、まだこれから発売される雑誌もあるのでしょうね。

新聞に関しては手元にはひとつもないので紹介できません。見た方が今日の新聞に載っていたよぉ。と教えてくださって気がついたケースも3度ほど。
以前に同じ○○新聞に掲載されたときは掲載紙を送ってきてくださっていましたが、今回は掲載紙はありませんでした。新聞社によって掲載紙をくださるのかどうか、ではなくて担当の方によって違うのでしょうかね。
続きを読む

奥さまは○○

当神社では子供の名付けや改名の相談に来られる方が多いので、いつも社務所で名前についてお話しします。
今日も改名の相談にこられた方と私と、ふたりでお話しをしました。

ごく普通のふたりは
ごく普通にお話しをして
ごく普通に名前が決まりました
でもただひとつ違っていたのは・・・・


来られた方はお坊さんだったのです


・・・・・奥さまは魔女ふうに書きましたが、別にふたりが鯉におちて結婚・・・とか今日の記事はそういう展開にはならないです。男同士ですからね。
最近ブーム(?)のものにBLというものがあるそうです。どういうものなのか私はいまいち理解していませんが、だいたいの雰囲気はわかります。
神主と坊さんという組み合わせはBL的にはどうなんでしょう?さすがにソレはありえないのかな(笑)
未成年神主や未成年坊主は設定に多少が無理があるか。
絶対やめてほしいですが( ̄_ ̄|||)
続きを読む

秋祭り2日目

昨日に引き続き今日もよその神社の秋祭りのお手伝いにいきました。昨日とは別の神社です。今は秋祭りシーズンですから毎日どこかでお祭りがやっていますからね。

でふと気がついたことがありました。
昨日のお祭りのときにいた人(お祭りの写真をとっていた)を、今日も見かけました。
あれ?そういえばこの人、昨日も見たな。(別の神社でです)

で、それに気がつくと、そういえば先月のお祭り(またそれも別の神社)のときもこの人いたなぁ。
あ、そういえば夏のお祭り(またまた違う神社)でも見かけたなぁ・・・

というように、その人は私のお手伝いにいくほとんどのお祭りでみかけることに気がつきました。結構大きなカメラをもって祭典中に動き回って写真をとっているので結構目立ちますからよく覚えています。

でもう今日はもうひとつ気がつきました
「この人昨日と同じ服だ(笑)」


で、お祭りの後片付けまで手伝っておられましたので、そこの神社の方に聞いてみると、神社の関係者というわけではなく、たんにお祭りが好きな方だということでした。
よっぽど好きなんですね。京都でおこなわれるお祭りのうち私がお手伝いさせてもらっているものはほんのわずかなのに、それだけ高確率で遭遇するということは・・・
その人はかなりの数のお祭りに出向いているということですよね。
40代くらい?の男性


神主である私よりもお祭りに参加している数は多いのではないかと・・
見ているとお祭りの流れもちゃんと理解されているし、おじぎしなければいけないところも心得ているし。
いまの時期はもしかして毎日どこかの神社のお祭りに出かけているのでしょうか・・
すごいなぁ


今日は短め記事でした
↓面白かったらクリックしてください。
たくさんのクリクがあると記事を書く元気がでます (*^―゜)b



人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は12位。人気ブログ20位。→ 今日の順位

秋祭り21

ここのところ忙しくてなかなか更新できませんでした。
というかまだ忙しい真っ最中ですが。

なぜ忙しいか、秋祭りシーズン到来というのも理由のひとつです。それだけでなくほかにもいろんなことが重なっているからなのですが・・・

ところでタイトルは秋祭り21としています。なんとなく秋祭り09とみなさん言いたくなるのかもしれませんが、あえて平成21年としています(笑)
神主が日本の年号を使わないとね(*^ー゜)b
09より21のほうが数も大きいし。


さてこの時期は私も自分のところのお祭りだけでなく、よその神社のお祭りのお手伝いもさせていただいています。私のところのお祭りにも他の神社からお手伝いに来て頂かないといけませんし。
神社同士で助け合っています。


今日も他の神社のお祭りのお手伝いによせていただきました。
091015CIMG0379.jpg
続きを読む

あのころのように2

前回古いお守りやお札を炊き上げる云々の記事を書いていましたが、途中で台風すぐると結婚式の話題が緊急速報で入ってきたので中断していました。改めて続きをお届けします。


前回の記事で登場した子供。小学校の低学年くらいだと思います。これくらいの頃は好奇心が旺盛でなんでも興味があるようです。そんなあいだにできるだけ多く神社や地域のことなどにふれておいて欲しいものです。
そういう経験が人間として成長していくうえで絶対に必要な心の栄養になるのだと思います。
そんな子供を見ていてふと自分の子供の頃のはなしを思い出しました。
私がちょうどこんな小さな頃のことです。
080715mune1.jpg



神社ではお祭りのときなどに鯛や鯉を神様にお供えすることがよくあります。
070515_U7F9330.jpg


そんなわけでお魚を調達してくださる方とはお付き合いがあります。お祭りがすんで神様にお供えした後は、人間がそれをいただきますので、お魚をさばいてもらわないといけまえんし。
ちなみにお供えしたものを人間がいただく。これ「おさがり」です。
神様にお供えしたものが下がってくる。から「おさがり」

お兄ちゃんの服を弟が着るのも「おさがり」。それとイメージとしては似ているかもしれませんね。
続きを読む

結果奉告

昨日の記事で、本日10月8日に当神社で結婚式があること書きました。
また10月8日は台風18号が上陸する日。
どうする?晴れ男と題してお送りしましたが

結果は晴れました。
よかった。大勝利です。
式は13時からでしたので、なんと青空の下で行うことができました。参列した皆さんは当初諦めておられたようですが、奇跡だと喜んでおられました。

実は新郎さんが前日に台風を心配して電話をしてこられました。どうしましょう・・と。でそのとき私は、なんとなく晴れる気がします。私お日様が味方してくださる晴れ男ですからといってあまり根拠のある安心をあまり与えることができなかったのですが、晴れたので一安心です(*^―゜)b

091008_0A9Q0378.jpg


091008_0A9Q0399.jpg


しかしこの台風18号では各地で猛威をふるったようで、甚大な被害がでています。被災された方お見舞い申し上げます。






↓皆様のクリックが晴れをよびますm(_ _)m


人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は25位。人気ブログ21位。→ 今日の順位

緊急台風速報

昨日の記事には続きがあって、今日はそれを書くつもりだったのですが、急遽予定を変更してお送りします。
なぜかって、それは台風18号がやってきたからです。
卓(すぐる)はどうも10月8日に上陸するようです。
少し説明しますと卓とは台風の名前です。外国ではハリケーンに名前が付くでしょう?カトリーヌとか。ということで私が今つけました。もし名前の由来がわかった人は素晴らしい推理力です。


それで、なぜ台風が8日に上陸するかもしれないと、予定を昨日の続きを書く変更して急遽台風速報を書いているかというと・・・・
10月8日は、実はウチの神社で結婚式があるのです。
えぇ、台風がもっとも接近すると予想されている8日にです。

ちなみにウチの神社では結婚式はしょっちゅうあるわけではありません。1年に1回あるかどうかです。
それが10月8日、台風のもっとも接近する日です。
続きを読む

あのころのように

先日までの記事で登場していましたが、古い御札やお守りはまとまってくると焚きあげます。
ようするにこういうことです。

080115_1.jpg


これを紹介しようとして昨日までの古札納箱にゴミが・・・とはなしが脱線したのです。
さて今日は脱線せずに進めてゆきます。

写真をみてもらえばわかるように巨大なおなべの上で燃えています。
だから燃えたあとはきれいに洗います。水をかけてブラシでゴシゴシと。

091005CIMG0349.jpg

091005CIMG0350.jpg

先日ちょうどこの大きなお鍋を洗っているときのことです。小学生、低学年の男の子がやってきて
「なぁ~ 何やってんの~?」
と聞いてきました。

まぁ一目瞭然なんですけどね。おなべを洗っているのですが、まぁそこは子供のこと。
続きを読む

神主の事件簿3

先日からの続きです

古札納箱にゴミを入れる(現場にいつもいあわせる)人が例のお風呂屋さんスタイルで社務所の前を通ったので
「もしゴミを捨てようとしている人がいたら注意してくださいね」と声をかけました。

その人は「わかった」というような返事をしてとおり過ぎていきました。
私は少し忙しかったので、外に出てその人の行動を確認することはしませんでした。つい先日、あの箱は古いお守りや御札を納める箱だからゴミを入れてはいけませんと注意したばかりです。わざわざ外にでて見張るのもいやらしいかなという気持ちもありました。


その人が通すぎてすぐ、威勢のいい水の音が聞こえてきました。手水舎(参拝する前に手、口を清めるためのところ)は社務所のわりと近くにあるので音は聞こえてくるのです。
あまりにも水の音が威勢よく聞こえてくるので、なんだぁ?と思ってのぞいてみると、その人が手を洗っているようでした。
やけに水の音のする時間が長いので一体どうしたんだろう?とは思いましたが、忙しかったのでそのまま放っておきました。
続きを読む

神主の事件簿2

先日の記事の続きです

古札納箱にゴミが入れられるようになってから毎日見回るようにしていました。そんなある日、納箱の中をみるとまた、コンビニの袋に入ったゴミがいれられていました。
またか( ̄_ ̄|||) と片付けましたが、ふと見るとすぐそこを歩いている人がいました。洗面器を脇にかかえてこれからお風呂やさんにくスタイルの人です。
この人はよく見かける人です。少し目立つ行動をする人なのでよく覚えています。


それからしばらく経ったある日、先日みかけた洗面器を脇にかかえたお風呂屋さんスタイルの人が社務所の前を通り過ぎて行きました。
そういえばこの前ゴミが入れられたいた日もこの人を見かけたなぁ・・と思い出して納箱を見に行くと・・・・・
なんとそこには例のコンビにの袋にはいったゴミがいつものように捨ててありました。

「こ、これは」
そのとき私の頭の中で何かがひらめきました
ポック
ポック
ポック
・・・・チーン (゚o゚;) ハッ
続きを読む