なぜ生きる3

前回かきそこねたので追記

なぜ生きる?
人が生きることに意味はあるのか?
そんな難しい内容でした。

あまりにも難しく深いテーマなので、結論的なことを書くとなんだか薄っぺらい感じになってしまいそうで書かないつもりだったのですが、ちょっと中途半端な気がしたので・・・


生きる意味?というとなんとなくある特定的なことを思い浮かべがちです。
たとえばフランシスコザビエルが日本にキリスト教を伝えた。ザビエルの生きる意味は日本にキリスト教を伝えることだ。とか

ある人は、洪水で被害の出る川に堤防を作って人々の命を救った。その人の生きる意味は堤防をつくることだ。とか

自分は音楽で人の心をなごませる。自分の生きる意味は音楽だ。とか・・・



いろいろ思い浮かぶかもしれません。もちろんそういったことも生きる意味だと思います。ただ、そういった具体的なこと以外にも生きる意味ははっきりしています。
続きを読む

なぜ生きる2

昨日の記事から続きですので、先にそれを読んでください。
生きる意味は?というような壮大なテーマですので私ごときがどうこう言うのは恥ずかしいので、昨日からの記事を続けるかどうか迷ったのですが、いくつかコントいただいていたのでもう少しだけ続けることにしました。


昨日までのはなしの中で重要なのは(私が重要だと思うのは)、
脳(全体)は細胞に意思があるとは思っていない。あるいは細胞に意思があることに気づいていない)

細胞(個体)は自分が体の一部であるとは思っていない。自分はあくまで自分自身であると思っている。


これがすごく重要なんだと思います。
続きを読む

なぜ生きる

昨日の記事で
「なぜ生きるのか」そんなことにはなしがおよびました。
もちろん私にそんなことがわかるわけはありません。

しかしちょっと思うところもあるので、自分の頭のなかを整理するために何かを書いてみようとおもいます。だから今日の記事は完全に私のひとりごとです。
あしからず・・・m(_ _)m


続きを読む

なぜ見える

いつものごとく以前によんだのですが(新聞記事か本だったのかは定かではない)、「なぜ見えるのか」ということについて面白かったので記憶に残っています。
記憶に残っているといっても新聞なのか本なのかの記憶にはないのですが・・・


なぜ見える?
と聞いてどのように理解されますか?


あなたの目はなぜ見えるのですか?



どのような答えが浮かびましたか?
続きを読む

無敵のじいちゃん

NHKでやっている「みんなのうた」をご存知でしょうか。たくさんの歌がこのみんなのうたからブレイクしていますから、みなさん一度はみんなのうたからのうた(早口言葉みたいですね)を聞いたことはあるでしょう。

1961年から現在でも放送していますからみんなのうたの曲数は膨大です。

最近では「おしりかじり虫」
私はこのうたは聞いたことはありませんが・・・

少し前だったら「だんご3兄弟」とか

古くは
「北風小僧のかんたろう」
動揺なんかも多数あります
「森のくまさん」とか
「大きなのっぽの古時計」とか

シブガキ隊の「寿司くいねぇ」
これもみんなのうただったのですね。知りませんでした。
でも平成生まれの方はシブガキ隊を知らないかもしれませんね。最近おくりびとでモックンが注目されていましたね。


でなんで今日はみんなのうたの話題かというと

いつもお世話になっているOAHUというお店がありまして、そこのスタッフブログで紹介されていたのでした。
http://oahu88.blog34.fc2.com/blog-entry-27.html


「無敵のじいちゃん」が
続きを読む

針仕事

いつも拝見させていただいているブログで、針仕事の記事がありました。
そのブログを書いている方は今年小学生になったお兄ちゃんと、4歳の弟くんのお母さん。
小学校にあがるときというのは、いろいろつくらなければいけないんですね。給食袋とか、ナフキンとか、おはし入れとか、お道具袋とか・・・
で、毎晩子供が学校でそれを使う姿を想像しながら縫ったのだとか・・


さらにその他にも、子供さんたちが手作りのぬいぐるみを欲しがるそうで、なんでもマヨネーズのヌイグルミとか、ぬいぐるみのサンドイッチとかを欲しがるそうです。1つ作るのに20時間ほどかかるのだそうです。
で、毎晩目に涙をうかべ泣きながら縫ったのだとか・・・

そんな記事ありました。

地獄のなかでも最も過酷とされる針山地獄、血の池地獄につづく苦行である
針苦行を体験されたようでした・・・



さてそんな記事に触発されて、先日私も針に挑戦しました。
続きを読む

龍馬 幕末をゆく

今日の新聞に載っていた記事です


来年の大河ドラマで坂本龍馬が主人公となるのにあわせて、京都市内の坂本龍馬ゆかりの地を紹介したガイドマップを発刊した。
地域の活性化に取り組む会が一年ほどかけて作成した。A5判36ページ。
龍馬と妻おりょうのエピソードが伝わる武信稲荷神社(ウチのことです)や木屋町、伏見などゆかりの地を紹介。散策してもらえるように商店街マップやおすすめ商店なども掲載している。
京都市内の主要書店や「匠と商人の会」事務所で1部300円で販売する。

090617CIMG0226.jpg


とこんな記事でした。
続きを読む

続なかとみのかたまり

先日の記事で紹介しましたが、ウチの神社の社務所のそばの木の枝にハチのかたまりができていました。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-591.html

このハチのかたまりは去年も同じ場所にできていました。


去年発見したのは6月の15日、今年発見したのはそれよりも4日はやく6月の11日でした。それで今年は発見してから様子をずっと観察していました。
6月12日朝6の時点ではまだかたまりでした。それが9時の時点ではただの枝に戻っていました。

1日で飛び立っていったのでやれやれ。と一安心。

・・・しているとその日の夜19時、ふたたび
思わず
「なんだこのかたまり」( ̄△ ̄;)
と思わず中臣鎌足と間違えそうな声をあげてしまいました


もとの通り戻ってきました。
続きを読む

子供はだれのもの2

たしか動物学者の方のインタビューだったと思います。
サルと人類(類人猿)の子育てには違いがある。
サルは子育てを個人(個サル??)でおこなう。
人類(類人猿)は集団でおこなうと。

サルは群れの中で母親が個別に自分の子供だけを育てるのに対して、類人猿は群れの中で協力して子育てをおこなうそうです。

類人猿は子供は群れのもの、自分たち全体のものという認識のようです。
人間もそうですね。もともとは村で協力して子育てをしていた。子供は社会のものという認識だったはずです。
子供が3歳、5歳、7歳で七五三詣の習慣がありますが、7歳のお祝いが済むまでは子供は神の子(社会のもの)であったと考えていた地域もあります。まぁこれらは昔は死亡率が高く成人するまでに多くの子供が死んでしまったからでもありますが。


ほんの数十年前までは地域全体で子育てをしていたのだと思います。
地域全体で大人たちも子供を見守っていたし、叱ったりしていたと思います。
私も子供のころは近所のおじちゃん、おばちゃんに叱られてり、声をかけてもらっていた記憶があります。
続きを読む

子供はだれのもの

最近ではあまり見かけなくなったのかもしれませんが、昔から神社で子供があそぶ光景はよくありました。
このブログでもよく記事にしていますが、当神社ではわりと神社境内で子供があそんでいる姿をみる機会が多いほうかもしれません。
子供が遊ぶ風景関過去記事↓
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-364.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-335.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-499.html



つい先日のはなしですが、3歳くらいの子供がお母さんにつれられて境内で遊んでいました。
続きを読む

645年大化の改新

みなさま今日が何の日かご存知でしょうか。
今日は昔々、大化の改新が・・・、とまず大化の改新について
大化の改新とは飛鳥時代になされた政治改革です。歴史の授業でも645(ムシもこロさぬ顔して改革)年と語呂合わせで覚えるこれは、1192(いい国つくろう)年鎌倉幕府とならんで年号覚えの代表選手のようなものですね。

実行したのは中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と中臣鎌足(なかとみのかまたり)です。この中臣鎌足(なかとみのかまたり)は小学校の時にクラスにかならず一人は
「中臣のかたまり」
とさけぶ子がいたはずです( ̄― ̄)



さて、今日は朝から地鎮祭がありましたので出かけておりました。戻ってきてすぐに御祈祷があり、そのあとすぐに赤ちゃんの命名を希望される方が連続しておこしになり・・・と一日バタバタとしておりました。

で夕方、それらがすべて一段落してさてそろそろ戸を閉めるか。と外へでたときなんとも驚きの光景に遭遇しました。
それはコレ↓

090611CIMG0198.jpg

木の枝にびっしりとハチがかたまっています。

思わず

「なんだこのかたまり」( ̄△ ̄;)
と思わず中臣鎌足と間違えそうな声をあげてしまいました


・・・・・・
・・とここまで書いて去年にも同じ記事を書いていることに気がつきました。
これが去年の記事→ http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-361.html
続きを読む

映画の撮影

以前の記事で書きましたが先月に当神社の境内で映画の撮影がありました。そのときの記事では映画の名前を書いていませんでした。
というのは、撮影許可をとりにこられたときにどんな映画なのだという資料をもらっていますが、その資料がブログ記事をかくときに見当たらなかったため。というしょうもない理由です。

で「なんていう映画ですか」というコメントをいくつかいただいていましたのでここで発表します。
といっても私が映画の資料を探し出してわけではなく、今日の新聞にその映画監督さんのインタビュー記事がのっていたので映画名がわかったということなんですけどね・・・
6月9日の京都新聞でした


「堀川中立売」
という題名の映画でした。ちなみに堀川中立売というのは京都の道の名前で、まぁ地名ですね。歴史が好きな方はすぐにわかると思いますが日本でもっとも有名な陰陽師のあの方の・・・


以下は新聞記事から
京都を舞台にした映画「堀川中立売」の監督 柴田剛さん
続きを読む

生まれ変わり

先週からおこなっていた本殿の一部塗り替え作業が本日終了しました。宇宙からやってきた皆様どうもおつかれまさまでした。
本日作業を終えられてみなさん自分の星に帰っていかれました。
なんのことかわからない人は前々回記事を参照
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-585.html

というわけで社殿が美しく塗り替えられて(一部)生まれ変わった当神社です。
写真を撮るのをわすれていましたので去年の写真・・・
080621SN330001.jpg



昨日、パソコンの再セットアップをおこないました。
以前にも大掛かりなパソコンのセットアップをしていますが、(これも過去記事にしています。)
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-179.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-180.html

今回はもしかするとウィルスに感染したのではないか?と少し不安になったので対処しました。
「疑わしきは処置せよ」です。
といっても私ひとりでは対処できないのでパソコンの師匠にお手伝い(というか全部)してもらって、半日以上かかってできあがりました。
で、すっきり新しく生まれ変わってウィルスの心配もなくなりました。
・・・が、生まれ変わらせるときにうっかりしていてネットのお気に入りページや神社関係の専門用語などをコツコツと登録した辞書も、まっサラの赤ちゃんに生まれ変わってしまいました・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!
私がうっかりそのバックアップをとるのを忘れていたんですよね
「生まれ変わってももう一度あなたと一緒になりたいわ」
とむこうは言ってくれていたはずなのに・・・( ̄_ ̄|||)

まぁ仕方ないので彼女(ネットのお気に入りやら辞書やら)のことはすっぱり忘れて新しい世界で生きていきます。
続きを読む

定番スポット

デートの定番スポットといえばどうなんでしょう。私は行ったことはありませんがレインボーブリッジとか?お台場?でしょうか。

お花見の定番スポットといえば京都なら円山公園でしょうか。

博多でラーメンの定番といえばとんこつラーメンでしょうか。

コロッケの定番といえばカニクリームコロッケでしょうか。


・・・なんのこっちゃ



気を取り直して・・・

もうすぐ夏がやってきます。
夏の夜の定番といえば肝試し。
夜の神社は結構、肝試しの定番スポットだったりします。怖いイメージがあるんでしょうね。ウチでも夏休みには必ず子供達が肝試ししています。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-379.html
続きを読む

昨日夢をみました

私には夢がある。

と世界中でもっとも有名なキング牧師の演説調で今日の記事を書き進めようかと思ったのですが、とてもそんなことはできないので最初の1行だけでやめておきます・・↓

今日の記事は題名のとおりです。
昨日夢をみました。(アップするのが遅いので1週間か2週間ほど前のことです)
私は普段ほとんど夢をみません。
1年に2~3回みるかどうかだと思います。まぁもしかするとみているけれど忘れているだけかもしれませんが・・
まぁとにかくいままであまり夢をみたという記憶がないのですが、ここ最近はよく夢をみます。

で怖い夢だったり、不思議な夢だったりします。そのうちのひとつがなんだか変な夢だったので、ブログ友のとある専門家の方にちょっと聞いてみました。

みた夢とはこんなものです



登場人物は私と父親。2人だけ。ちなみに父親は4年前に亡くなっています。

夢の中身はというと、どういう経緯でそうなったのかはわかりませんが、
父親がニコニコしています。
なぜか私は父親の体をバラバラにしています。
そしてそれを箱につめて整理しています。

なんともスプラッター(||゚Д゚)ヒィィィ!
続きを読む

今日宇宙人と遭遇しました

今日の記事は題名のとおりなのですが、宇宙には数え切れないほどの星があるのですから、地球以外に生命がいても別におかしくないと私は思うのですが。
でもいまだに宇宙人というと
「えぇ~??」と怪しげなものを見る目になる人が多いですね。

でもこれは実際に遭遇した人にしかわからないのかもしれません。
今日私が宇宙人と遭遇した話をするためには、ちょっと状況説明が必要ですので、すこし今日なにがあったのか説明をします。



昨年も記事で紹介していましたが、昨日から本殿の塗り替え作業がはじまっています。稲荷神社といえば朱色を想像されると思います。神社の社殿、鳥居などあらゆるものが朱色で塗られていますが、年月が経つと色が落ちてきますのでその塗り替えです。
丹塗りといいます。丹塗りについては昨年に同じような記事を書いていますので今回は省略。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-362.html
続きを読む