京の祭り舞台

天皇陛下御即位20年奉祝事業として「京のまつり舞台」が開催されます。
日時、平成21年6月7日 午後2時~4時 雨天決行
場所、平安神宮境内
入場無料

090531_1.jpg

パンフレットより抜粋
京都の祭りには華があります。日頃は一堂に会してみることのできない舞いや雅楽、踊りやお囃子などがこの日限り平安神宮に勢ぞろいします。
時間と空間を越えた京都の伝統芸能をお楽しみください。


14時25分~ 平安神宮時代祭り   維新勤皇鼓笛隊
14時45分~ 石清水八幡宮石清水祭 胡蝶の舞
15時5分 ~ 八坂神社祇園祭    綾傘鉾棒振り囃子
15時25分~ 北野天満宮      神若会 北野天神太鼓会
15時45分~ 丹後板列稲荷神社例祭 岩滝の獅子神楽
続きを読む

ミーム

今日私はミームという言葉を知りました。
みさなんご存知でしたでしょうか?
「ミーム」です


ミームとは、ミーム谷に住むカバによく似た生き物で、ガールフレンドがスナフキン・・・
。。。ではありません。

ミームのガールフレンドはスナフキンではなくノンノンです・・・
。。。そこが違うことが問題なのか?とツッコミがはいりそうです。
はい。問題はそんなことではありません。スナフキンとノンノンを間違えたくらい大した問題ではありません。


問題なのは、ノンノンとは初期アニメの頃の名前であって、現在ではフローレンと呼ばれています。
・・・しつこいですか?すみませんm(_ _)m



まじめに書くと、ミームとは動物行動学者のリチャード・ドーキンス博士が提案したもので、人類の文化進化の文脈において用いられる概念で、文化を人の脳から脳へと伝達される自己複製子(情報)であると見なしたときに、伝達される情報の最小単位のこと。
Wikiより

要するに生物は遺伝子によって自分の子孫を残す。
生物の遺伝子にあたるものが、文化におけるミームであるというわけです。
親の遺伝子を子が受け継いで伝達されていくように、文化はミームによって伝達されるということです。

たとえば服を着るという習慣は、とあるところで発生した「服を着る」というミームが多くの人々に伝達し広がり、受け継がれていった。というような感じでしょうか。
続きを読む

天運の男

私は最近よく思います。
「護られている」と

なんていうのかツイてるというのでしょうか。
ツイてるといってもお稲荷さんの神主だかといってキツネが憑いてるとかそんなことではなくて。

運がいいとでもいいましょうか。
例えばよく話題にでる「晴れ男」についても、いまのところ祭典の晴れ率は100パーセントですから。前日どれほど雨が降っても、また当日降っていても、祭典の時だけはピタリと止みます。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-494.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-482.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-293.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-367.html
「晴れ男」で→のメニューにあるブログ内検索してもらえればいくつでもでてきます。

それからクジ運も異常にいいのです。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-502.html
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-18.html

でそんなことだけでなく、護られていると思うのはいたるところであります。私がなにかしようとしたり、困ったことがあったりすると、どこからともなく助けてくれる人が現れます。
神様が助けてくれる人を遣わしてくださっているのでしょう。もしくはそう人と出会うタイミングで私がなにか事を起こすように調整してくださっているのか・・・
続きを読む

心眼

昨日まで「顔」についてはなしをしていました。
このチームの顔は彼だ。
あなたの顔を立てておこう。
子供の前では親の顔で、会社では仕事の顔。


いろいろな使い方があって、いろいろな意味もありますがが、顔はやっぱりその人の顔です。
ひとりの人にもいろんな顔がありますが、やっぱり顔にはその人の内面から湧き出してくるものがよく表れます。とそんな話をしていました。


記事でも紹介しましたが、私は神主の前にはサラリーマンも経験しています。その頃は会社として利益を出すために懸命に働いていました。大げさでなく本当に朝から夜中まで毎日仕事です。それも毎日が戦場のような仕事場でした。

その頃の私しか知らない人が今の神主の私をみると、驚きます。顔が違うと。すごく穏やかになっていると。
逆に今の神主の姿しか知らない人は、会社勤めをしている頃の話を聞かれ、こんな人だったと説明されてもその姿が想像できないそうです。

これが大方の人の意見です。
続きを読む

わたしの顔4

昨日からのつづきです。
昨日の記事の最後で書いていますが、神社の顔が神主であることはありえないが、このブログは神社の公式ブログという位置づけではない。だから私の顔はこのブログの顔であるべきだと思ってます。


ブログの顔という話題と関連があるかどうかはアレですが、ネットについてよく思うことがあります。
インターネットは匿名性があるので自由な意見がでる。という反面ネットいじめだとか、中傷、それから無責任な発言なども目立ちます。自分がどこの誰だか分からないのをいいことに好き勝手なことをする人もいます。


自分が安全な場所からゲーム感覚でやっていると、人間はどうしてもそうなってしまうのでしょうかね。
私の場合はどこの誰であるのかを明記してHP、ブログで情報、意見を発信しています。写真で顔を載せているのも読む人が
「あぁ、こんな人が書いているんだなぁ」とわかってもらえれば親しみを感じてもらえると思うので積極的に載せています。

自分が誰であるか明確にしてブログやHPでの情報発信に関しては賛否両論、いろんな意見があるとは思います。
誰が書いているのかわかるということは、自分の発言にある種の責任をもつことになるでしょうから、私はそれ結構重要だと思っています。あくまでも私個人の意見ですが・・

もちろん、誰が書いているのか明確でないものが良くないと言っているのではありません、誤解のないようにおねがいしますm(_ _)m
続きを読む

わたしの顔3

昨日からのつづきです。
顔はその人の心の状態、人柄を如実に語ります。私もそれをよく言われてきました。昨日の記事で書いたように会社勤めをしていたときの顔と、今の神主としての顔は別人らしいです。まわりの人にいわせると・・・


それからもっと前のはなしになりますが、私が学生だったころ。これは過去に「神主の身の上ばなし」シリーズでも紹介していますが・・
私は神主の子(神社の跡継ぎの子)として生まれています。昔はそれがコンプレックスになっていました。家が神社であるというのは普通の家庭と明らかにちがいますからね。

小学生の頃は他の人との違いはあまりわかりませんでした。それが普通だと思っていましたので。
中学生くらいになって回りにいろんな人が増えて「アレ?」なんだか家は他と違うのか?と気がつきました。←遅いなオイ(笑)

その頃からソレが(家が神社であること)他の人と違うということが恥かしく感じてコンプレックスになっていました。人に知られたくない、目立つと人に知られる、目立たないように、人の波に埋もれているように・・・というような心の状態になっていたと思います。

その頃の私の顔はそういう心の状態がすごく出ているように思います。写真でもいつもパッとしない顔をしています。
当時は「自分の顔がもっとこうだったら女の子にモテるんだろうなぁ」とよく思っていました(汗
思春期ですから(=^_^;=)ゞ 


高校生になってもコンプレックスは残ったままで、ちょっと心は屈折したまま残っていたので少し曲がった方向へ進んでいたようです(=^_^;=)ゞ 
相変わらず「自分の顔がもっとこうだったら女の子にモテるんだろうなぁ」とよく思っていました(汗
思春期ですから(=^_^;=)ゞ 
続きを読む

わたしの顔2

昨日記事を書いている途中で眠くなり力尽きましたので続きです・・・

自分の顔を好きになることは必要だというはなし。
なんだかナルシストだと思われるかも?とか恥かしいとか、照れがあるかもしれませんが、真面目なはなし自分の顔を好きになること、鏡を見ることは自分自身を見つめることです。また自分自身を認めるということで、とても大切です。
というような事を昨日書いていました。


ところで人間はひとりでいくつもの顔を持っていると思います。
子供の前ではお父さんの顔。
友達と遊んでいるときは悪ガキの顔。
仕事中は企業戦士の顔。
夜、お店ではおネエさんの顔。・・・オイ∑( ̄Д ̄;)


というように一人の人間にいくつもの顔があります。
そりゃそうです。仕事場で気を張り詰めた顔のまま家で家族と過ごすかというとそんなことはないでしょう。家が戦場だという方は別ですが(爆)
やはり家ではくつろいだというか気を緩めるような顔でしょう。
家庭と職場では「まるで別人のような顔だな」というのは気持ちというか心構えというかそれが顔に表れてきているとでしょうね。
だから鏡をみて自分の顔を確認する、自分の顔を好きになるということは必要だと思うのです。
続きを読む

わたしの顔

先日の記事で顔の話がでました。というか写真がでました。
そんなことで顔つながりで今日は顔についてちょっと私の思うところを述べてみようかな・・・と思いました。

顔はほんとに顔だと思います。
↑なんのことだかわかりませんね。具体的な使い方の中でいいましょう。
例えば、
○○さんはこのチームの顔だね。
とか
今回はあなたの顔を立てておきましょう。
とか、こういう使い方します。だから顔は、「代表」とか、あるいは「その人そのもの」といってもいいと思うのです。
実際その人の為人(ひととなり)が顔に表れる。その人の歩いてきた道、経験してきたことが、大げさにいうと人生が顔に表れると思います。


ウチには大量の本が山積みされているのですが、その中からこんな本があることを以前発見しました。

090520CIMG0162.jpg


「一流の顔」という本です。元NHKの化粧師の方がかかれたもので、各分野で一流といわれる方々との対話など実エピソードを書いておられます。


キャッチコピーは
「一流の顔」
鏡を見る人は成功する
続きを読む

いまのわたし

ブログを書き始めて2年が経ちました。よくもまぁ続いているなぁと自分でも関心しています。もともと私は一度決めたらわりととことん続ける性質なのですが、それでもよく続いていると思います。
これはいつも見てくださって、コメントくださって、ランキングなんかにもポチポチしてくださる(コレと、  コレね
)みなさまの励ましがあるからです。ありがとうございます。

大体カウンターを見ていると重複を除くと1日の訪問者数は100~200人くらいの間でいつも推移しています。わりとたくさんの方が見てくださっているのは嬉しいかぎりです。人気ブログは1日に千人単位でしょうが、まぁそれらと同じくらい面白い読みたくなるような記事が書けるように頑張ります。


で、見てくださっている方はいろいろです。
なかには神社関係の方も結構おられるようです。くだらない事や、いい加減なこと書いているから、同業者にみられるのは恥かしい限りですが・・
先日といってもずいぶん前ですが、社務所へお越しになった方がブログを見たんです・・とおっしゃってくださいました。くださった名刺をみると筑後国一の宮 ○○神社 とあります。あ・・神職の方ですか
おはなしを聞くと何度かコメントもくださっています。しかし福岡県からという長旅のなか訪ねていただきありがとうございます。


それからいろんな検索キーワードからひょんなことからこのブログにたどり着いたんです。という方もおられます。たしか↑の神職の方と同じ頃だったと思いますが沖縄の方でしたが、「天津祝詞」で検索してこのブログにたどり着きました。とおっしゃっていました。
もともとこのブログでは専門的な話をするつもりはないので「天津祝詞」について説明した記事はなかったと思うので、なんだか申し訳ないですが・・・
でもその後他の記事を読んで、面白いなと思ってくださって神社まで参拝されておられますから、うれしいことです。
続きを読む

竜馬がゆく

先日、司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」を読み終えました。

090517D0044060.jpg



ここ最近なかなか本を読む時間がとれなかったので全8巻を読むのに結構な時間がかかりました。最初のうちは食事後つぎの仕事にうつるまでの20分とかそういうふうな空き時間に細切れで読んでいたのですが、読み進めていくうちに面白くて、寝る前の時間にまとめ読み・・・となって寝不足気味になっていました。


坂本龍馬(歴史上の人物ということで敬称略とさせてもらいます)に関しては、ウチの神社にも伝説が残っていますので、私もどういうことをした人なのか程度は知っていました。(神社に伝わる坂本龍馬とおりょうの伝説
ただ細かいところまでは知りませんでしたので、すごく面白かったです。


小説ですのである程度の脚色というか、フィクションの部分もあるでしょうが、現在の坂本龍馬像はこの「竜馬がゆく」がもとになっているのでしょう。
司馬遼太郎先生が坂本龍馬の実名「龍馬」ではなく「竜馬」とされているのはあくまでも小説であるということだから・・・とかなんとか聞いたこともあります。


続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

花のあるくらし

花は心がなごみます。
暮らしに花があると気持ちが明るくなります。
花のある生活は華があります。

でも私は花の知識は皆無です。


皆様こんにちは。花のある暮らし実践普及委員長の神主です。

何度か記事で出てきたように私は園芸の知識は皆無です。以前もかなり大きな沈丁花を枯らしてしまいました。10年以上の木だったと思います。
榊の挿し木も枝ごと土にぶっ挿していました。

でもそんな花音痴の私の周りには花がたくさんあります。
というのは、有難いことにいろんな方から頂くのです。

続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

眠れない夜 リターンズ

眠れない 夜 きみのせいだよ 
さっき 別れた ばかりなのに
耳たぶが for you 燃えている for you
やった やった やったよ ohh

はじめての チュウ 君と チュウ
I will give you all my love
涙が 出ちゃう 男の くせに
Be in love with you

はじめてのチュウ
作詞作曲 実川 俊晴


・・・いまホントに眠れません
あなたを想うと
昨日会ったばかりなのに
また逢いたくて・・・


続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

名もなきうた

名もなきうたという名前の歌。いろいろなところでちょこちょこ聞きます。
私そういうのは結構好きです。
人知れず頑張っている姿、人の見えないところで頑張る姿と重なります。


ある人が花壇の手入れをするために雑草を抜いた。
そしてその家の主人に「花壇の雑草を抜いておきました」と報告すると
その家の主人は「雑草という名の草はない、みなそれぞれに名前があるよ」と言った。

そういう心というか、感性が好きです。
この雑草の話は、たしか昭和天皇のお言葉だったと思います。




昨日は祭りの後片付けで普段あまり作業しないところで作業していました。
そこで見つけました。
名もなき草

続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

一夜明けて

昨日5月10日は当社の例祭でした。

090510_pst.jpg


多くの方々の御奉仕により滞りなく執り納めることができました。ありがとうございました。
祭典についても他の神社の神主さんにお手伝いしていただきます。私がいろいろな神社の祭典のお手伝いをさせていただくように、私のところのお祭りもお手伝いしていただいています。
カバとカバとでカバいあい。おしりとおしりでお知り合いです。


続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

GW

世間ではGWの話題が多いようです。
そういえば私もこの前、GWはどうですか?と聞かれたことがあります。


あぁGWですか?あれはしょう油をかけると美味しいですね。
・・・えっ?違う?
あぁ、なるほど(*^―゜)b そっちのGWではないのですね。


私はGWの16文キックが一番強いと思いますね。
あれは圧巻で・・・えっ?違う?


ははぁ~ん・・・( ̄― ̄) となるとこっちのGWね。ハイハイ。
やっぱりGWの設備がないといけませんよね。特に女性はなかなか我慢もできませんし、外でというわけにもいきませんもの。



・・と無理やり間違える神主です。みなさまおはこんばんちは。
いや、私にはGWなど無縁ですからちょっととぼけてみました。

というか普段から休日もありませんしね。神社に定休日はないですし。基本的に1年365日出社ですね。

続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

さつき祭

5月10日(日)が当神社の例大祭(さつき祭)です
準備をボチボチはじめていますのでブログ更新がとまっています
明日にはまた記事をかけるようにしますので・・


今回ちょっとポスターなんぞ自作してみました

090510_pst.jpg


思いつきでつくったものなので今年はあまり張っていませんが、来年は地域に張ってもらおうと思います。みなさまよろしくお願いいたします。


更新の励みになります。↓クリックしてくださると嬉しいですm(_ _)m
お願いいたします。

人気ランキングへ1票入れる
 a_01.gif FC2ランキングへ1票入れる


昨日はFC2は15位。人気ブログ25位。→ 今日の順位

少女から女へ

何も知らなかった少女が女になった。
女は母親になって強くなった。
女性は不思議ですね。

ついこの前に見たときにはお子さまだったのに、今日みると女になっていてドキマギしてしまいまいそう。
先日、一ヶ月遅れでニセエイプリルフールの記事を書きましたが、その中でも登場していましたが禁断の鯉。

ついこの前まで子供の目だったのが、今私を見あげる目が、上目づかいの視線が、女の目だ・・・
((((o゚▽゚)o))) ドキドキ

なんだか禁断の鯉が泳いでいそうな予感・・・


続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む

銀幕のスター

本日、当神社で映画の撮影が行われました。
京都を舞台にした現代ものですが陰陽師の活躍するような、またそこに割りと深いテーマ性がある映画のようです。
今年のうちに全国の映画館で公開だと聞いたような気がします。と、撮影許可の打診にこられたときに資料を貰っているのでそれを見ればわかるのですが、今は・・・まぁいいでしょう(=^_^;=)ゞ 


神社だけではなく、この周辺で他にも撮影をされていますので近辺で撮影風景を見かけられた方も多いかもしれません。今日は神社の境内での撮影でしたが、前日も神社の前で撮影がありましたし、今日も神社のあとに三条会商店街でも撮影があったようです。


私は昔から芸能人といわれる方々をあまりしらない、というか顔と名前が一致しません。だから「あなたの好きなタイプは芸能人でいうとどの人?」と聞かれるといつも困ります。
で、もしかすると昨日、今日と撮影をされていた役者さんたちももしかするとテレビに出ている方なのかもしれませんが、私にはわかりませんでした。


続きを読む前に人気ランキング
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=147548

続きを読む