ピュアピュア

今日は11月30日で明日は12月1日
毎月1日と15日は月次祭(つきなみさい)というお祭りを行います。月次祭というのは毎月のきまったお祭りで、いつもどおりのお祭りというような意味です。
お祭りですので普段できないところまでお掃除します。
先日の指がぱっくり割れていたひび割れ、
hibiwareyubi071126.jpg


今日は傷はふさがっていたので拭き掃除は楽でした。それに今日は暖かかったですので。

しかし掃き掃除は、落ち葉の大サービス期間ですからなかなか大変です。
朝はいつも通りに境内を掃除していますが、昼から細部の掃除をするときにはもう一面落ち葉のじゅうたんが出来上がっています。
今はまだ完全なじゅうたんにはなっていませんが、もう少しするともっと落ち葉の量が増えてイチョウの黄色、楓の赤、エノキの黄緑と色とりどりの完全なじゅうたんになってキレイです。
そうなるとキレイだから掃かずにそのままにしておいたりします。

しかし今は中途半端なのでおいておいくわけにもいかず、次々と落ちてくる落ち葉と競争しています。
葉が落ちるのが先か、掃くのが先か・・・って


実はこの関係は忍者の秘術と通じるものがあるのです

忍者が水の上で、右足が沈む前に左足を進めて、
次に左足が沈む前に右足を進めて
さらに右足が沈む前に左足を・・・
と繰り返して水の上を歩く・・・その関係と非常に良く似ています・・・


ところで毎日神社へ欠かさず参拝される方で、障害のあるかたがおられます。以前に働いていた最中に事故があったそうでその後遺症なのか最初からなのかは聞いていませんが、精神障害がある方です。
その方、以前に一度御祈祷をしてほしいということで御祈祷をしました。それが非常に心が落ち着いて、気持ちが楽になったといわれて、それから毎日朝、昼、夕とお参りされるようになりました。(家が神社の近くですからね)


突然ですが明日へ続く・・・
中途半端ですが続きを書く時間がなさそうです


↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。

banner2.gif
 a_01.gif

非ロマンティック日

先日11月27日は私の誕生日でした。web上ではとくに公表していなかった気がするのですが、にもかかわらずお祝いコメントやメールもいただきまして、本当にありがとうございます。自分の年齢は相変わらずあやふやなままですが・・・

昨日は誕生日なのに・・・それなのに・・・
何故だか神主さんのお集まりの席に出席しておりました。

誕生日にはロマンチックに
「おめでとうムネくん」
「ありがとう」
「来年のこの日まで素敵な一年になりますように」
「じゃぁ二人の未来に・・・乾杯」
となるはずが・・・


「みなさまようこそお集まりいただきました」
「秋祭りが一段落し、まもなく新年をむかえる準備に忙しくなることでしょう」
「日本国、皇室、各神社の繁栄と弥栄を祈念して・・・乾杯」
と野太い声の乾杯になりました


いや、別にいいんですけどね・・・野太い声で・・
そんなロマンチックなど久しく体験していませんし・・
そんなのないことが普通になってるし・・
昨日ももともとロマンチックな予定があったわけでもないし・・・
別にいいんですけどね・・・野太い声で・・
続きを読む

連れ合い

今年は猛暑で気温も観測史上最高値を各地で更新しました。近年毎年そうやって記録を更新しているように思いますが・・・温暖化も深刻です
その影響で(?)いつまでたっても秋にならず、秋になったかと思えばすぐに冬になったようで、(本当に四季がなくなってしまうのでは・・)ほんのつい先日までは暑い暑いといっていたのに、京都でも先週あたりから冷え込みが厳しくなってきています。


冬になると・・・
私には非常に付き合いの長い連れ合いがおります。たとえば雪山のロッジで恋におちたりすると毎年その季節だけの恋になるのでしょうか。
私の場合も一年中一緒だと「もう一緒にいるのはイヤ」とおそらくなってしまうので春、夏は一緒にはすごしません。
寒くなってきたら自然に一緒になります。

まるで冬の女王なんてよばれる広瀬香美さんのように、冬になるといつのまにかどこからか歌が流れていて自然に耳に入ってくるように。
広瀬香美 ヒット曲
「ロマンスの神様」
「ドラマテッィクに恋して」
「ゲレンデがとけるほど恋したい」
「真冬の帰り道」
「GIFT / 愛は特効薬」
冬のヒット曲が多いですね。やっぱり。


冬のロマンスみたく、私も冬になるたびコイツと付き合ってかなりながいです。
続きを読む

京都ご利益めぐり

少し前のはなしですがナツメ社 出版の「京都ご利益めぐり」という本に当神社の「勝駒」、「勝守り」、「開運熊手」も紹介していただきました。

071023goriyakumeguri.jpg


平成19年11月発行 ナツメ社
祈願のテーマ別に、京都の寺社を紹介し、ご利益、お守り、護符、おみやげグッズを多数紹介しました。アクセスや地図、周辺のおすすめスポット情報も満載しています。
ひとあじ違った、新鮮な京都観光のおともに、おすすめの一冊です。

1.縁結び・良縁祈願・悪縁絶ち
2.出世・勝運上昇
3.金運上昇
4.商売繁盛・商売守護
5.学業成就・合格祈願・技芸上達
6.交通安全・旅行安全
7.厄除け・災難除け・招福
8.子授け・安産・子ども守護
9.厄除け・病気平癒・無病息災
10ユニークご利益
(本の紹介文を転載)


続きを読む

成長の証

今日は11月23日、祭日で学校や会社など休日のところも多いことでしょう。
現代は勤労感謝の日となっていますが、もともとは新嘗祭(にいなめさい)というお祭りの日です。お祭りの日だから祭日です。
この新嘗祭とは千年以上の非常に古い歴史をもつお祭りで、「古事記」にもそれが記載されている日本でもっとも大切なお祭りのひとつです。
今日は日本全国の神社、それから皇室でもお祭りが行われています。

新嘗祭とは収穫に対する感謝の祭りです。その年に収穫した新米を神様にお供えをして、その後頂きます。皇室でも天皇陛下が皇室の御田で収穫した新米を奉りその後召し上がられます。

日本全国の神社で一斉に新嘗祭が行われていますがが当社 武信稲荷神社では簡単なお祭りとなっています。というのもつい先日の御火焚祭にて新米を供え同様の祭りを執り行います。
なので本日は新米と、その新米でつくった新嘗祭用の酒を神様にお供えをする。私が1人だけで行ったお祭りでした。

この新米で作った新嘗祭用のお酒は普通のお酒とはちょっと違います。
img_1079670_26921744_0.jpg


「白酒(しろき)」といい新嘗祭専用のお酒なのです。
img_1079670_26921744_2.jpg

ひな祭りのときの白酒(しろざけ)と似ていますがちょっと違う、まぁ濁り酒です。現代の清酒ができる前の昔のお酒はみなこうだったと思います。(たしかそう聞いたことがある程度のあいまいな記憶です)

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

木枯らし1号

昨日11月18日に私のいる京都でも木枯らし1号が吹いたそうです。
木枯らしとは晩秋から初冬にかけて北よりに吹く強い風で冬型の気圧配置になると木枯らしが吹くといわれる。

「木枯らし」という言葉は晩秋から初冬の少しもの寂しい感じがします。(と私は感じます)木を枯らすとは言いますが、実際に木を枯れさすのではなく、木の葉を落とす風ということですがそれでもなんとなく寂しいひびきがあります。

しかしこれに1号がついて「木枯らし1号」となるとちょっとオチャメな感じになります(と私は感じます)。なんとなく悪と戦うヒーローのようなものを想像したり、北風小僧のかんたろう的な子供を想像したり、言葉ってほんの少しかわるだけで受ける印象はずいぶんと変わりますね(私は)

さて秋も深まりいよいよ本格的な落葉の季節です。当社 武信稲荷神社にはエノキの大木がありますので落ち葉の量は「マジハンパない」のです(←マジ半端ないってこんな使い方なのかな?)。

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

数え年

今日人とお話しをしているときに歳の話がありました。
昔は歳を数えるのは全て数え年でした。私は50歳ですと言えば数え年のことでしたが、最近は満年齢を使いますので、満40歳です。とか、数えで50歳ですとわざわざ言います。
古くから年齢の数え方は数え年でしたので神社では大抵数え年です。厄年や七五三なんかですね。
そもそも若い世代の方は数え年というものを知っているのでしょうか??(私もエラそうに言える歳ではありませんが)

数え年(かぞえどし)とは年齢の数え方のひとつで、日本や中国など東アジアの国々で古来より使われていました。
まず生まれたらその時点で1歳です。
そしてその次の年の1月1日元旦に2歳になります。あとは毎年1月1日に1歳づつ年をとってゆきます。
生まれる(1歳)→元旦(2歳)→翌年元旦(3歳)

極端なはなしでは、12月31日生まれの人は、生まれた時に1歳、翌日の1月1日には2歳、と二日で2歳になるという、小学校を卒業してそのまま大学に入学してしまう超天才児のような子供なのです。


現代では満年齢が普通は使われます。
生まれたときは0歳、次の誕生日が来て1歳になるということですので、数え年と満年齢とでは1歳以上の差があります。
表にして考えるとすぐにわかりますが、自分の誕生日がくるまでは満年齢は数え年より2歳すくなく、誕生日が過ぎたあとは1歳すくないということになります。


続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

聖徳太子

聖徳太子(厩戸皇子)とは古代日本において統治国家をつくった偉大な人物としてあまりにも有名です。
なぜ急に聖徳太子の話になったかというと、旧1万円札を見たからです。
Taishi_10000JPY.jpg


わが国での初めての憲法、十七条憲法をつくり
初めて能力に応じて位をつくった冠位十二階
遣隋使を派遣して中国と対等の国交をおこなう
その功績は数え切れません


日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す・・・
(日が昇る国の王から、日が沈む国の王への手紙である・・・)

これは聖徳太子が隋(中国)に対して送った手紙の書き出しです

当時日本は未発達の小国。これに対し隋(中国)は大帝国であり、力の差はアリとキリギリスほどあったのです。
もとい、力の差はキリギリスとトノサマバッタほどあったのです。
いやもっと言えば、コアラとエリマキトカゲほどあったのです。

・・・とにかく、その大帝国の中国に対して、一国の王と名乗って手紙を出している。要するに対等の関係をとっているのです。
しかも自国を日の昇る国(これから勢いがどんどん増す)、相手を日の沈む国(これから衰えてゆく)としています。なんとも驚きです・・・
(※諸説あります)

そんな聖徳太子には数々の伝説が残っています。

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

御火焚(今年)3

昨日からの続きです。今日初めての方は昨日の記事を先に見ると意味がわかります。

話は前後しますが、当社 武信稲荷神社の御火焚祭のはなしに戻ります。
11月11日(日)御火焚祭当日。週間天気予報では11月10日の土曜日から天気は全国的にくずれて、11日の日曜日は強い雨が降るとのことでした。しかし雨雲の動きが早まって金曜日に大雨が降り土曜日には晴れ間が出てきていました。

土曜日に晴れてきてホッと一息。なにしろ火を焚く祭りです。雨の中では火がつけられませんから。
以前にも書きましたが私は晴れ男です。
いや正確にいうと晴れ神主でしょうか。
私が祭主をつとめる祭りではいままで一度も雨がふったことがありません。(もちろん、毎週するような神主だけで行う祭りは別です)神社でも祭典、外での地鎮祭なども含めて晴れ率100パーセントなのです。
前日まで大雨だったとか、台風が接近して警報が出ているとか、そんな危機的状況でも不思議と当日の祭りの間だけは晴れるのです。

神主になる前の1人の男としては、
君に逢う日は不思議なくらい
雨が多くて
水のトンネルくぐるみたいで幸せになる
君を愛するたびに愛じゃたりない気がしてた
君を連れ出すたびに雨がつつんだ

作詞 飛鳥涼
作曲 飛鳥涼
でした

・・・ようするに雨男だったってことです

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

御火焚(今年)2

御火焚祭は京都ではわりと一般的に行われています。そのためこの時期はあっちこっちいたるところで御火焚祭が行われるわけです。
私は当社の御火焚祭のほかにも、そのあっちこっちで御火焚祭をさせて頂きます。私がさせて頂くのは神社の近くの地域だけですが、それでも10月の最終日曜日から11月の最終日曜日までずっと日曜祝日はどこかで御火焚祭を行っています。
1日に別の場所で2回、3回となることもあります。

神社、町内で行われる場合はやはり日曜、祝日が多いですのでダブルヘッダー、トリプルヘッダーになることがあります。
逆に会社やお店で行われる場合は平日が多いです。休日は従業員が参列できないので。


さて先日の11月11日も御火焚祭のダブルヘッダーでした。その日は午前中に月光稲荷というお社にて御火焚祭を行い、昼からは武信稲荷神社の御火焚祭でした。月光稲荷は月光町という町内でお祀りされている立派な社ですが、専任の神主はおりませんので私がお祭りを奉仕させて頂いています。
自社の祭りと重なるときはバタバタと忙しいので、さすがに他には1回が限界です。

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

御火焚祭(今年)

昨日11月11日は当社 武信稲荷神社の御火焚祭でした。
準備やら祭典やらでゆっくりブログを更新する時間がとれませんでした。先日御火焚についての一般的な記事を書きましたので、今日は当日のこぼれ話を。

御火焚祭は京都ではわりと一般的に行われています。そのためこの時期はあっちこっちいたるところで御火焚祭が行われるわけです。
私は当社の御火焚祭のほかにも、そのあっちこっちで御火焚祭をさせて頂きます。私がさせて頂くのは神社の近くの地域だけですが、それでも10月の最終日曜日から11月の最終日曜日までずっと日曜祝日はどこかで御火焚祭を行っています。
1日に別の場所で2回、3回となることもあります。


非常に眠くなってきてしまいました・・・続きは明日に・・・

↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。

banner2.gif
 a_01.gif

アンケート

明後日の11月11日(日)が御火焚祭です。
hitaki071103.jpg

hitaki1071103.jpg


準備で忙しくなってきております。
面白いことはいくつかあったのですが(以外とリクエストの多いお笑い部門のネタ)ブログ更新する時間がなかなか・・・
次にゆっくり更新できるときまで覚えていられるだろうか、心配です。おそらく忘れていると思いますが・・・


で今日はあまり時間もないのでショートストーリー。早打ちで書き上げますので誤字脱字はご容赦ください。

本日の夕刻一本の電話がかかってきました。
「○○○リサーチです」
「神主さまのメディアの接触について調査をしております」
「個人情報は一切お答えいただきません」
「1~2分で終わりますのでご協力いただけませんでしょうか」

とこちらに話すスキを与えず一息で話されました
まぁ1~2分で終わって、個人情報が守られる、といことが頭に残り、とりあえず了解しました。

アンケートは有識者の方々のメディアとの・・・
あまりよく聞きとれなかったのですが、
「えっ!!私は有識者ではないのですが・・・」
アンケートが始まってしまったので、「私は有識者ではないですよ」とも言い出せず、有識者のふりをして答えておきました。(ごめんなさい。偽者の有識者ですよ)

まぁ質問の内容は難しいことではなかったのですが。

しかしよく考えてみると、無作為の電話アンケートではないですよね。コレ。
よくあるのはコンピュータでランダムに発生した電話番号にかけてアンケート。というのはありますが、
「神主さまに」といって電話を掛けてきているということは、神社だとわかってかけていますね。ということは番号を調べていますよね。
ということは武信稲荷神社にかけているとわかっています。でそこの神主がこう答えたということは、無記名のアンケートではないですね。

実はわりとあるんです。聞いたこともない会社から、してもいない契約の確認がどうのこうのという電話とか、最近話題の円天のような少しアヤシイお電話も・・
どういうときにそんな電話がかかってくるかとか、傾向と対策はつかんでいますが、今日はバタバタしていてすぐ済むならと、あまり考えていませんでした。

まぁ今回は悪意のあるものではなさそうでしたが・・・
でも本人は気が付かないようですね。後になってえっ アレが?となるそうです


↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。

banner2.gif
 a_01.gif

初穂

hatuho1_071107.jpg


hatuho2_071107.jpg


初穂です。今日は今週の日曜日のお祭りのためこの初穂を準備していました。

初穂とはその年に初めて収穫された稲穂のことをいいます。私はあまり知らないのですが、一番最初の新米ってことでしょうか。新米は一年間はずっと新米なのかな?

昔はとれた米をまず最初に神に供えて一年の豊作と恩恵に感謝してきました。なににつけても米が人の命をつなぐ大切なものでしたので。そして野菜や果物、魚などの初物(はつもの)も同じように供えるようになりました。
野菜や果物なども初めて供える場合、初穂と同義でありそうよばれていました。こういったことから初穂とは「神さまに供えるもの」という意味に用いられるようになり、現在では神さまに供える金銭を「初穂料」といいます。
だからのし袋などの表書きには「初穂料」と書きます。


さて、この初穂。これは11月23日に執り行われる「新嘗祭」(にいなめさい、しんじょうさい)にて神に供えて、新穀を得たことを神に感謝します。この新嘗祭は日本全国の神社で行われ、宮中(皇室)でも執り行われます。

当社 武信稲荷神社では御火焚祭にて初穂を備え、新穀を得たことを神に感謝します。
お供えをして後この稲穂は授与品に添えられて一年間皆様に受けていただいています。

071023goriyakumeguri2.jpg

om_kumade071107.jpg



↓ボタンを押して投票してくだされば幸いです。

banner2.gif
 a_01.gif

神社のススメ10月

先月もやりましたが今月も
当ブログへお越しくださったサーチワードランキング

10月度トータルの訪問数は6979回
重複除く合計アクセス数は2554回
たくさんの方に見ていただいてありがとうございます。

訪問回数
1回目(初めての訪問)898
100回以上 612
2~9回 244
10~50 474
60~90 326
一度見たかたが再度見に来てくださっているということですね。ありがとうございます。感謝。


検索ワード
1位 神主 58回
2位 t 14回
2位 神社のススメ 14回
4位 神主の資格 10回
4位 神社のすすめ 10回

先月とだいたい同じでしょうか。でもなぜ「t」で検索してヒットするんでしょう?なにかの略でしょうか?
ほかにも似たようなのありますが、ご存知の方おられますか?

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

神社名

今日の新聞の読者投稿ページに載っていました。

namazu071104.jpg

デンキナマズの写真です。
「おひげがすごいすね~」(ムツゴロウ調で)
「くちびるがふといですね~」(畑正憲 調で)
「電気がビリビリするとエコ発電ですね~」(ムツゴロウと愉快な仲間たち)
敬称略


さて今日この記事をみて何を思ったかというと、
(そのときの私の頭のなか)
へぇ~デンキナマズか。このヒゲは雷みたいでいかにも電気だなぁ。
コイツはどれくらい電気をつくれるのかな。これだけバリバリとしたヒゲがあるからたくさんつくれそうだ。
人間が1人1日で使う電気の量は一体このナマズの何匹分だろう?
1万匹くらい?
無駄な電気を使わないようにする。そうすると7千匹くらいになるのかな?
発電所で電気を作るにはそれだけでもCO2を排出したりするので、地球にとってはかなりのダメージだからなぁ。
電気を全く使わない生活は現代ではなかなか難しいので、過剰な冷暖房なんかダメだなるべく無駄のないようにしないといけない。
そうだ!新しい発電システムをつくろう。デンキナマズをたくさん水槽にいれて・・・
(1.8秒)

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

御火焚

11月となり今年もあとは12月を残すのみとなりました。
京都の秋の風物詩、「御火焚(おひたき)祭」がそろそろ始まります。
当社 武信稲荷神社では古くは11月8日でしたが(旧暦の)最近では新暦の11月8日、さらにもっと最近では11月8日に近い日曜日ということになりました。
ということで今年は平成19年11月11日(日)の午後三時より御火焚き祭を執り行います。

hitaki2071103.jpg

焚上げ前



hitaki1071103.jpg

祭典中


hitaki071103.jpg

そういえばこの写真の鳥居の上の中央よりやや左あたり、キツネが2匹いるように見えるといわれました。いわれてみれば、あぁホントだって

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む

吐白

今日は11月1日です
四十八節季では吐白(とはく)という日にあたります。
四十八節季というのは1年を日数や太陽の黄道上の視位置によって48等分し、それに季節を表す名称を付したもの。四十八季(しじゅうはちき)ともいう。

冬のころの四十八節季(二十四節気にも同様に含まれます)には

小雪(しょうせつ)「小とは寒さまだ深からずして、雪いまだ大ならざるなり。」まだ、市街には本格的な降雪はないが、遠い山の頂きには雪が見られ、冬の到来が感じられるころ。


大雪(たいせつ)「積陰雪となりて、ここに至りて栗然として大なり」日本海側や北国では本格的な雪が降りだす候。


雨水(うすい)暖かくなりはじめたころ雪が雨に変わり、雪や氷は溶けて水となる。忍びよる春の気配に草木がよみがえる、の意味だが、雪国の雪はいまだ深く、関東や東海地方の太平洋側に雪が降るのはこの時期である。


そして今日は
吐白(とはく)です。さぁこの日のいわれはわかりますか?

続きの前に人気ブログランキング
続きにの前にFC2ランキング
続きを読む