スピリチュアルフォト2

先日といっても少し前ですが、不思議な写真について相談しにこられた方がありました。
なにか不思議なものが写った写真スピリチュアルなフォト・・・
ということでしたが・・

まぁ・・ひらたく言うと心霊写真ですか?

mihon.jpg

(↑これは違います。私の写真ですが恥ずかしいのでモザイクかけてあるだけです)

私にはテレビでよくやっている「霊能者」の方のような「霊能力」はありません。
まぁテレビでやっているものはエンターテイメント的なものが多いようですが。どれが本物でどれが見せ物かはわかりませんけれど。


で私には特別な霊能力はありませんが、人間が普通にもっている力は、あります。人間には結構すごい力があるのですが、案外それを自覚していないもんなんですね。

そういう力というか、或いはそういう存在というか、非日常的な環境、非日常的な行動でそれを感じられることがあります。
例えば私の場合は以前いろいろ勉強させてもらっていたとき(それっぽい言い方をすると修行)、山の上の神社で真夜中に一人で神様の前で座って、長い時間目をつむっている。なんて非日常的な場面では不思議な感覚になり、自分はごく普通の人間だけれども自分の周りの大きな力と一体であるような。

ひとことで言うと神様の力が自分の中に入っている。

まぁ、そんな山奥に真夜中に一人でいなくても、神社で素直な心で手をあわせて静かに拝んでみれば体験できるはずなんですけどね。
神社というのはそういう場所であるはずなのですが・・

話を戻すとスピリチュアルフォト。このスピリチュアルフォトに関しては・・名前が長いので普通に心霊写真といいましょうか。
心霊写真に関しては私は非常にズルイ立場にいるのです。
私の身内には写真家がいます。だから写真の専門家がたくさん出入りします。
不思議な写真の場合はまずその写真の専門家の方々に見せて、分析してもらいます。すると9割方は原因が特定できるそうです。

まぁ基本的に私は「霊能者」ではないので、「霊能者」的な措置をのぞまれる方には最初にお話をするときに断っておきますけど

でもどんなときでもお祓いだけはするんですけどね。
イヤ念のために・・・(笑)


また眠たいので文章メチャクチャです(;_;)
最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


桜待人

また暴落中救済措置お願いします。
「忘れずに押してあげて」→人気blogランキング
「考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング

ここ数日ニュースで開花が話題に上っています。先日は大阪での開花が確認されたそうです。京都は25日だったかな?
今年は気象庁の開花予想に計算ミスがあって大幅に狂っていたため予想をやりなおすといったこともあったそうです。異常気象のためそんなところでも苦労するんですね。

温暖化のために、シロクマが生きていけなくなって絶滅寸前です。日本には美しい四季があり、はそんな日本の繊細で美しいをそのまま写し出したような花だと私は思います。そんなを、春というものをいつまでこうやって感じることができるでしょうか。専門家の方々の間では日本でも一年の大半が夏になってしまう日も遠くないそうです。


さて突然ですが私ののイメージです。
の花は白、色、桃色、まぁいろいろありますが、淡い色をしていて、カワイイ形の花びら。それで風が吹いたらハラハラと散ってしまう、可憐でなんとなく弱々しい。
はんなりとした京都。女性。
はんなりとした京の舞妓さん。

でも桜は風に吹かれて、雨に降られて、すぐに散っていきます。
その姿はなんとなく可憐で弱々しく感じるのですが、
それはつまり、桜はパッと咲いて、パッと散っていくわけで・・

それは、
熱い湯にパッと入って、サッと出る。
巨人、大鵬、玉子焼き
江戸っ子だっ!


だから私の桜のイメージは
京都に来て舞妓さんになった、チャキチャキの江戸っ子。の女の子。

わかりにくいですか(笑)


えぇ~ ウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)にも桜の木が数本あります。
京都では開花宣言されましたがウチの桜はまだまだ咲く様子はありません。まだつぼみもさほど膨らんでいませんし。

開花宣言はたしか3月25日だったと思いますが、その少し前くらいから男性の方が毎日ウチの桜を見にこられます。まだ咲いていませんが、木の前で立ち止まり上を見上げて咲いているかなって確認されているのだと思います。

最初は何かわかりませんでした。お参りしているわけけでなし、ツカツカとやってきて同じ場所で立ち止まって、上を見上げて、帰っていく。「うぅ~ん??」
何日かして「あぁ~!桜の確認かっ!」て気が付きましたけど。

実は私も咲いてるかなと確認しています。それで今日は気が付いたのですが1輪だけ咲いていました。でもそれは桜の木ではなくて、社務所の花瓶に挿した桜の枝から咲いてました。
やっぱり外より建物の中のほうが暖かいから早く咲くのでしょうか。
sakura.jpg



さて今日も同じ方が桜の確認にこられてました。
私は社務所の中で用事をしていましたので、その方は私には気付いていないと思います。
私も社務所の中ですから音しか聞こえませんが
足音が桜の木の前で止まって、上を見上げてから、帰るときに・・・「あっ!」って声が。多分花瓶に挿した枝に花が咲いてるのに気が付いたのでしょうね


最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


鳥類

回復の兆しはみえてきました。引き続き救済措置お願いします。
「忘れずに押してあげて」→人気blogランキング
「考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング

だいぶんと暖かくなって春らしくなってきています。うぐいすの鳴き声も早朝にすこし聞けただけでしたが、今日は昼間に鳴いていました。
うぐいす以外にもいろんな鳥たちがやってきています。どの鳥がどんな鳴き声なのかは私はわからないのですが、いろんな声が聞こえてきます。
私がわかるのは、うぐいす、すずめ、はと、からす、の声くらいでしょうか。

以前にも何度か話に出ているように、私は以前は会社勤めをしていました。でその時の仕事では非常にたくさんの方々と一緒に仕事をしていました。数百人規模です。
私の役目はその数百人の方々に仕事をしてもらうこと。まぁ全員に直接仕事の依頼、指示をすることはないにしても報告が上がってきたりするので、顔と名前を知っておく必要があったのです。
だから私は人の顔と名前を覚えるのがすごく得意です。300人くらいなら1週間で顔と名前は一致します(ちょっと言い過ぎか^_^;)。

そんな特技を持つ私なんですが、うぐいす、すずめ、はと、からす、以外の鳥の姿と声が一致しません。わずか3~4種類程度だと思うのですが・・・


今日は朝のうちは強い雨が降っていましたが、昼からは晴れていい天気になりました。で境内に出るとハトがたくさんで地面をつついていました。何もないように見えるが何かあるんでしょうか。

えぇ~、ちょっと話はとびますがウチの神社にやってくる鳥たちのなかで一番近くにまで近寄れる鳥がハトです。他の鳥たちは近寄る前に飛び立ってしまいますが、ハトはすぐ側にいくまで飛び立ちませんから。
hato


今日のハトたちの様子。
雨が上がり、私には何もないようにみえる地面をハト達が一生懸命つついています。

そこへ私がやってきました。おどかすつもりはないのですが、側を通りかかりました。

ハトは一度こっちをみて、「ちぇっ!せっかく、おいしいもの食べてるのに」とぼやく。(私には何もない地面をつついているようにしか見えないですが)

そしてまだ飛び立たずに歩いて私から逃げる。

私のほうが歩幅が大きいので距離が縮まる

まだ飛び立たずに今度は走って私から逃げる

それでも私のほうが歩幅が大きいのでさらに距離が縮まる

ついにハトは飛び立つ



こんなふうにハトはギリギリまで飛び立とうとしないんです。やっぱり飛ぶことにすごくエネルギーを使うのでなるべく避けたいのか。
それともハトはスリルが好きな種族なのか・・・

でもこの気持ちは私にも少しわかります。

バスに乗っていて、自分の降りたい停留所が近づいてきたがまだ『止まります』ボタンが押されていない。
自分が押さなければこのまま、バスは停留所を通過してしまうかもしれない。という危機感と、でも他の誰かが押すかもしれない。と思う期待感。
そんな状況でどれだけ『止まります』ボタンを押すのをがまんできるか・・・


最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



同級生

先日、私の小学校の同級生から小包がとどきました。以前の記事(過去記事マンガだったのか参照)で少し話のでた彼です。彼は家が同じ町内で、少年野球でも同じチームでしたし、仲良くしてもらってましたが非常に頭の良い子供で(子供でって同い年ですけど・・)中学校からは進学校に進んだのでそれ以降はあまり交流はありませんでしたが。

この間ばったり会って、「結界師」の称号を頂いたときに連絡先を交換したのでそれで送ってくれたのだと思います。ちなみに「結界師」の称号をくれたのは別のお友達でしたが。
kekkaisyi.jpg

↑アニメ結界師

それで彼はすごく賢い人にしかできないような研究のお仕事をしていて、今は「キ○ンビール」のお仕事をされているそうで、送ってくれたものは「キリ○ビール」の新製品「ザ・ゴールド」の発売前のサンプルギフトというものでした。
ありがとうございます。
kiringold.jpg

私はお酒が強くないので毎日晩酌するわけではないです。お酒は人との御付き合い程度ですが、頻繁に来客もありますしビールの好きな方がこられた時に一緒に飲もうと、とってあります。
なんでも、「隠し苦味」があって、2杯目3杯目まで飲み飽きない味なんだそうです。楽しみ~

さて、小学校の頃彼のことをあだ名で呼んでましたのでそれで思い出しました。
例えば「ナカムショー」 中村君だから
他にも「ハヤショー」 林君だから
さらに「ハギショー」 萩野君だから

ここで今あらためて疑問。「ショー」ってなんだ?
小さ子供のころの名付けのセンス、法則って不思議なものがありますね(笑)

ウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)には赤ちゃんの名付けでたくさんの方々がこられます。
今度はぜひ「あだ名」の名付けをやってみようと思います。
(↑ウソです)

さてここで問題
ハヤショー」 は、林君だから
ハギショー」 は、萩野君だから
ハマショー」 は、何君?

答えは
ここと
ここを
クリックした先の10位あたりにあるこのブログの紹介欄にあります

最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


やまとなでしこ

多少回復傾向にあったが2日休んだら再び落下。引き続き救済措置が必要です。
忘れずに押してあげて」→人気blogランキング
考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング

先日外国籍の方が命名のことで来社されました。
お友達がウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)を知っていたらしくその友達から紹介されてきたとおっしゃっていました。
日本に帰化するにあたり日本名をつけてもらいたい、また他にも少し思い悩むこともあるので運気運勢も少しみてもらいたとのことでした。

ドイツの方ですが日本に住んでもう長いそうで、また外国語学校の先生なので日本語はペラペラ。お話するときに日本的な表現が通じるのかな?と思いながら話していましたが、ツーツーでした。
その時に少しこれは通じるのかなっ?と思ったのは『縁』と『因果応報』
どちらも、なんとなく東洋的な考え方なのかな?と
でも通じましたからそうでもないみたいですね。
何の話で『縁』と『因果応報』が出てきたかは想像にお任せします・・

さて、この方かなりの日本好きでお花、お琴などをたしなまれるそうです。話をしている時も足を楽にして、くずしてくださいね。って言っても正座してられましたし。
私などは毎日神様の前で正座しますから多少は慣れていますが、最近は日本人でもなかなか長く正座できないのに・・・
う~ん。やまとなでしこ。

そんな日本好きなので名前も漢字の日本的な名前が希望とのことでした。
以前に名前の変わった後の自分が夢に出てきたことがあるそうで、その時の名前が「○○でした」とおっしゃってました。で、できればその名前を使いたいのですけれど・・っておっしゃていました。
その名前すごくキレイな名前で、苗字にも名前にもどちらにもつかえるような名前でしたから希望通りの素敵な名前になったと思います。
その時に、その日本的な新しい名前と、元々のドイツの名前も一部残せないかということも少しあったので、やってみたのですが・・・やはり昔の暴走族みたいになりました

こんな感じになりました→「花有羽印津 主内打亜
これはこの方の名前ではないですが、こんなイメージってことで・・読めますか?


その日は名前の話をして、その後神前へ行きお祓いをして、参拝をしていただきました。
思い悩んでいることがあったが、軽くなったと言って、また名前が決まったら命名報告の御祭をしたいと楽しみにして帰られました。よかったよかった。


最後までおつきあいありがとうございます。
非常に眠たいなかで書いていますので文章がメチャクチャな気がします

↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

不都合でない真実

まだ回復していませんが多少は回復の兆しはみえてきました。引き続き救済措置お願いします。
「忘れずに押してあげて」→人気blogランキング
「考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング


今月に入ってから4月並の暖かさだったかと思えば、ここ数日は真冬なみの寒さです。昨日見た映画不都合な真実でもいってましたが各地で異常気象の競争をしているようです。
昨年日本でも台風の数、規模が凄まじく被害も甚大なものでした。雨の降り方も一斉に大量の雨がふり大洪水になったりしました。温暖化に原因があると説明できるそうです。

さて、以前にも紹介しましたが(過去記事春の足音、虫の足音参照)神主の一日は朝の清掃からはじまります。
まず本殿の御扉を開け、神様に御挨拶をして清掃します。それから境内の清掃を始めます。

この清掃に関しては若い頃に・・・って今でもまだ若造なんですが。
神主になるための修行中に・・・って神主になった後でも人生死ぬまで修行なんで今も修行中なんですが。

とにかく以前、高名なお坊さんに教えて頂いただきました。

雑巾がけをすることは掃除にあらず。雑巾で磨くのは己の心である。

ほうきで掃くのは落ち葉にあらず。掃き清めるのは己の心の汚れである


と教えて頂きました。
いや、正確にはこのように聞こえた、理解した。でしょうか。
多分こういうことをおっしゃっていたのだと思います。私はその場の隅っこにいただけですし、お話されている話題の中ででてきたことですから、こんなカッコつけた言い方されませんしね(笑)。

まぁこのように私は理解していますので、毎朝の清掃はそういうつもりでやっています。

さて先日から朝は非常に冷え込む日が続いていました。ここ数日の間に朝の清掃の時に雪が降ることも3日ほどありました。

本殿の内は雨が降ろうと雪が降ろうと影響はありませんが、境内は雨や雪が降ると、全天候型の境内ではないのでぬれます(当たり前か)。
先日からの雪の日は最初の2回は、境内の清掃中に降ってきましたので、濡れながら掃き集めた落ち葉などを急いで取って終了です。

3回目の雪の日は、もう朝起きたときから既に降っていました。
まず御扉を開けて、神様に御挨拶して、本殿内の清掃をして、続いて境内の清掃に・・・あっ!雪が降っている!全天候型の境内ではないのでこれでは清掃ができない!
イヤ、決して自分が濡れるのがいやなわけではないんです(笑)。でも落ち葉が濡れていると掃けないんです。

こんな日はもういちど暖かい布団に帰ります。

朝一番から降っている雨や雪はまったく
「不都合でない真実」
・・・




最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

不都合な真実

ランキングまだ回復していない模様。引き続き救済措置が必要です。
忘れずに押してあげて」→人気blogランキング
考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング

今日映画不都合な真実」を見てきました。私はわりと映画が好きです。で近くに映画館ができたので一人でふらっと見に行くということをします。JR二条駅前の複合施設?(飲食店や、ゲームセンター、映画館、などがあるビルこういうのはなんて呼ぶんでしょう)BiVi二条(『ビビ二条』或は『ビィヴィ二条』どっちでもいいですか(笑))に入っている映画館です。

そういえば、このBiVi二条は数年前に建設されましたが、その建設をされるときに、当時まだ健在だった父と私と二人で地鎮祭をさせていただきました。
こういった規模の大きい建物などの場合は、神主も複数人で行うことがありますが、通常個人の家の場合はだいたいは神主はひとりでおこないますので、父が一人で、もしくは私が一人で、ということになりますので一緒に行うということの方が少なかったです。
この建物が父と一緒におこなった最後の地鎮祭でしたので覚えています。改めて、無事に工事が終わってなによりです(^.^)


さて「不都合な真実」まぁご承知でしょうが、
アメリカ合衆国の元副大統領アル・ゴア氏が世界各地で行われている環境問題の講演についてのドキュメンタリー映画です。元副大統領といっても現アメリカ大統領のブッシュ氏と大統領選挙を戦ったのですからすごく記憶に新しい方のはずです。
でも正直、私はこの映画を見るまでアル・ゴア氏はあまり知りませんでしたが。

この映画では地球の環境問題がテーマです。

今地球に何が起こっているのか。

この先地球がどうなるのか。(この先といっても遠い未来ではなく20年30年先の話)

そして人類は何をしなければならないのか。

私は何ができるのか


ということをゴア氏が笑いを交えながらわかりやすく語られています。
この映画は全ての人がまず一度見るべきですね。見た後にどうするかは別としてまず見るべきです。
以前新聞で見ましたが、アメリカの学校で生徒達にこの映画「不都合な真実」を教材として見せて、環境問題を学ぶことが企画された際、ひとりの保護者のクレームが付き中止されたそうです。
まさに「不都合な真実」だったんでしょう。
見た後にどうするかは別としてまず全ての人が見るべきです。


映画を見て不思議だったのは、お涙頂戴ものの映画ではないのに涙が出てきたことです。
熱っぽく訴えるゴア氏の姿に涙がでました。けして泣くところではないはずですが・・^_^;

ちなみに私は『タイタニック』を3回みましたが1回も泣いていません。
歳をとって涙腺が弱くなったのかどうか・・・^_^;

いずれにしても、全員が絶対に一度みなければいけない映画でした。

あっ!それから私は初めて体験したのですが、上映終了後に拍手が起こりました。すごいです。

banner2.gif

不都合な真実 http://futsugou.jp/main.html
BiVi二条 http://www.e-bivi.com/nijyo/

最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

一休

先日お伝えしたニュース『当ブログ神社のススメ~神主のひとりごと~ のランキングが大暴落』に関する続報です

まだ回復していない模様。引き続き救済措置が必要です。
「忘れずに押してあげて」→人気blogランキングbanner2.gif
「考える前にまず押すべきです」→fc2blogランキング a_01.gif


などの声があがっています。
以上現場からお伝えしました。

ということですのでまず押して1票をいれてくださいね<(_ _)>


先日ある方から絵本をいただきました。

SN330009.jpg


一休さんの絵本です。
絵本といっても、完全な子供むけの絵本ではなくて、優れた日本画家の方たちが手がけたものです。一場面一場面を一枚の絵画作品として鑑賞できるような「絵本画集」とでもいえるようなものです。

平安建都1200年を記念して企画された特別企画のようです。だから京都にちなんだお話が全部で10話あるそうです。
今回の一休さんのほかに、『一寸法師』、『牛若丸』、『安寿と厨子王』、『祗王・仏』、『桐壺-源氏物語より-』、『酒呑童子』、『竹取物語』、『ものくさ太郎』、『羅生門』の10話。

このお話たち全部知ってますか?
私は正直あれ?これってどんな話だったっけ?てのがあります。

一休さんの絵本を見てみて、「あっ いいな」と思ったので他も見てみたくなりました。今ちょっと揃えてみようかな。って気になっています。

しかし、以前の記事で少し話にでましたが、(過去記事「一年前」参照)私の父親が歴史、文化、美術、芸術、音楽、などなど数えだすときりがないくらい多趣味な人でした。

勉強好きで、本当に幅広い分野の知識を持っていました。
ただ、ひとつだけ困ったことは、父はコレクターだったのです(奥様は魔女風に読んでください)。

多趣味な人がコレクターであった場合、ものすごいことになります。収集するものが場所をとらない小さなものだけとは限りません。保管する場所がありません。
私はコレクターではないと思うのですが、そんな血をひいているので、何かがきっかけでコレクター魂に火が付かないかちょっと心配です。

さて、この絵本をくれた方。なぜ一休さんだったんでしょうか。
何かメッセージを込めて一休さんなのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。


①:ブログにひねりが足りない。一休さんのとんちをすこし勉強しなさい?



②:いつも朝はやくから頑張っているね。ここらでちょっと一休(ひとやすみ)してはどう?



③:↓これ?(過去記事 京都の宮司参照)
nisicyo2.jpg

マルコメミソにしろと?



最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

地鎮祭のつづき

番組の途中ですが臨時ニュースです。

当ブログ神社のススメ~神主のひとりごと~ のランキングが大暴落。各地で心配の声があがっています。
忘れずに押してあげて」→人気blogランキングbanner2.gif
まず押すべきです   →fc2blogランキング a_01.gif


などの声があがっています。
以上現場からお伝えしました。

ということですので先に押していってくださいね(笑)


先日の地鎮祭の記事で、地鎮祭がだんだん少なくなってきて・・・とコメントくださっていまして、そうだなった思ったので今日は地鎮祭についての続きをひとつ・・・

まず地鎮祭(「じちんさい」、あるいは「とこしずめのまつり」)とは、土地の神様、建築の神様、その郷の神様たちにおいで頂いて、これから家を建てるということを報告して、工事の安全、無事を祈るお祭りです。

日本には八百万の神々(やおよろずのかみ)がおいでになります。そのなかに土地の神様や、建築の神様もおられます。地鎮祭ではそういった神々に来ていただくわけです。

地鎮祭以外にも人間の一生には人生儀礼といわれる数々の儀礼があります。
例えば、まず赤ちゃんに名前をつける命名の儀礼
初めて神様に御挨拶して健康に成長するようにと家族で祈る初宮参り
七五三参り成人式結婚式長寿祝などたくさんあります。

これらは、すべて人生の節目にあたります。
だから節目節目に儀礼を行い、けじめをつけます。「けじめ」とは「気締め」であり、気持ちを引き締めて節目を向かえることで、その先の道のりをスムーズに進むことができるわけです。

話を地鎮祭にもどします。
さっき話しましたが、地鎮祭はまず土地の神様にこれから家を建てるということを報告します。これがポイントです。日本人が古くからもっている素晴らしい考え方。

家を建てるその土地は、自分の土地ですが、もともとは神様のものである。
だから神様から土地をお借りして、これから自分が家を建てます。ということを報告するのです。

こういった考え方が現在の世の中で忘れられてきているのでしょう。
お金を出して買えばそれは自分のものであるので、どうしようと自分の勝手だ。というのが現在の考え方。(もちろん全ての人がこうではないですが)
これが今の世の中の歪みの大きな原因のひとつでしょう。


お金を出して買ったら、もうそれは自分だけのもの。これは違います。
土地もそうですし、他のものもなんでも神様から貸してもらっているのです。
自分の命もそうです。
先祖、親から命を預かって、子供、子孫に渡します。もしくは神様に返します。
自分だけのものなんてなにもないのです。』

借りているものですから、いずれ返します。だからそれまで一生懸命大切にしたいですね。

あっ!それから。今日の話の主役建築のお祭りは、地鎮祭、上棟祭、竣工祭と3つほど行います。できればこれをおこないましょう。もし日本に住む人みんながこの祭りの心を思い出せばきっと日本は美しい国になります。安倍総理じゃないですが(^^)v



最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

東大寺お水取り

今日は奈良春の風物詩 東大寺二月堂修二会お水取り)がクライマックスです。
私はテレビや本などでしか見たことがないのであまり詳しくはないですが、なにしろ3月1日から14日までの二週間、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)に天下泰平、五穀豊穣、万民快楽などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるというものです。

有名なのは3月12日深夜(13日の午前1時半頃)に、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。この行を勤めるお坊さんの道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされ、参集した人々をわかせます。
(詳しく教えてくださる方おられたらお願いします。)

私がなによりもすごいと思うことは、天平勝宝4年(752年)、にはじめられたと伝えられるこの行が、1250年間、1250回一度も途絶えることなく続けられてきたことです
僧侶たちは(僧侶たちって言い方えらそうですか?)、お坊さんたちはこの行を通して1250年の間に生きた僧侶たちと一体になるのですから。
えぇ~っと、ちょっとへんな言い方すると1250年間ずっと伝言ゲームをつづけているんです。
これってものすごいことです

1200年前からってひとことでいってしまうと、一言なんですが(当り前)、すごくロマンあふれるはなしです。
牛若丸も源義経と弁慶も織田信長も坂本龍馬も(敬称略)この同じ場所で同じものをみていたんですから。
ウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)も1100年前からあります。で榎の御神木も850年まえからこの同じ場所にありつづけています。

enoki.jpg


たとえば、武信稲荷神社の榎の御神木には坂本龍馬と恋人おりょうの縁結びの逸話が伝わっています。(過去記事恋に効く参照。そんなことで恋の成就を願ってひとりで参るひとが多いのですが)
坂本龍馬おりょうも榎の御神木を二人で見上げていました。

夫婦でも恋人でも今二人でこの榎を見上げてみてください。坂本龍馬おりょうも今のあなた達と同じ場所に立って同じように木を見上げていたんです。

さらに、もしかしたら・・龍馬たちのそのもっと前かもしれないし、後かもしれないけれど、この榎を見上げる二人がいました。
それから何百年後の今、その二人が生まれ変わったのがあなた達。そしてもう一度ここで同じ榎の木を見上げているのかもしれません・・・

ほら、ロマンチックでしょ?


東大寺お水取り
武信稲荷神社榎 
人気ブログ


最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします。
そして記事を一生懸命書くようになります
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

地鎮祭

今日は午前中に地鎮祭(じちんさい)がありました。
地鎮祭というと、新しく家を建てるにあたり土地の神様、建築の神様、その郷の神様達に家を建てることを報告し、工事の無事を願うお祭りです。建築のお祭りでは最もポピュラーなお祭りではないかと思います。

地鎮祭は家を建てる工事を始める前にするお祭りです、まだ家はありませんから必ず屋外でのお祭りです。だから雨や雪が降ると非常に困るのです。また冬は寒いし、夏は暑い中で行います(当たり前ですが)。

今書いている途中で思い出しました。去年の夏の地鎮祭のはなし。ちょっと季節外れのはなしですが・・・
先日から寒の戻り、今日の地鎮祭は結構寒い中でのお祭りとなりました。途中でみぞれが降ってきてましたが・・・。神主の格好は白衣、袴、に狩衣(かりぎぬ)を着ます。着物の下にはわりと着込むこともできるので、まぁまだ大丈夫です。

kariginu.jpg
↑この着物が狩衣です

しかし夏は、Tシャツ1枚だけでも汗がでるような中で、冬と同じ、白衣、袴、狩衣ですからコレは暑い。もちろん薄手の着物ですが、えもいわれぬ暑さ。サウナスーツのようなもの。

お祭りで神主に絶対に必要なものは、笏(しゃく)、祝詞(のりと)です。
syaku.jpg
↑これが笏(しゃく)です

これは基本的にずっと手に持っているのですが、別のものを持つとき、拍手をするときなどは、懐に入れるわけです。


さて去年の真夏におこなった地鎮祭です。気温は30度を越えているうえにサウナスーツをきているのでもう全身滝の汗。
全身から汗が滴りおちながら、お祭りも終盤にさしかかりました。最後に神様を拝むのですが、拝む作法は2礼、2拍手、1礼です。2回おじぎ、2回拍手、1回おじぎです。
先ず2回おじぎをしました。次に2回拍手をするのですが、手には笏(しゃく)と祝詞を持っているので、笏と祝詞を懐にいれて、2回拍手をしました。そして最後にもう1回おじぎをします。
そのときにさっき入れた笏と祝詞を取り出すために、手を懐にいれて、そして手をだすと・・・手が真っ黒に染まっていました。

なんじゃこりゃぁぁ

太陽にほえろで松田勇作さん(ジーパン刑事)が腹を撃たれて、腹に手をあて、手が血で真っ赤に染まったのをみて
なんじゃこりゃぁぁ

まさにそれ。私は懐に入れ、その手が真っ黒に染まったのを見て。
なんじゃこりゃぁぁ

原因は祝詞でした。祝詞は墨で書きます。その祝詞の墨が、祝詞を懐に入れたときに汗でにじみだしたのでした。



今日のお祭りもみぞれの降る寒いなかでしたが、暑いなかよりもいいです。その時々のつらいことを見るのではなくて、いいところを見ていくと、寒いなかでのお祭りでもヘッチャラです。


地鎮祭についてのHP http://jichinsai.net/

最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

一年後

3月10日晴れ。うぐいす初鳴きを確認。
今年のうぐいすはちゃんと練習を重ねてから来たようです。去年はウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)にきてから練習をしてましたから。(過去記事参照→梅うぐいす
日付をみてみると去年は3月16日に初鳴きを聞いているので、1週間ほど早いわけです。これは暖冬とあんまり関係ないのかな?

今日の朝6時過ぎくらいかな。境内の清掃中に聞きました。
そのとき「ホ~ッ・・ホケキョッ」という鳴き声を聞いて、私はなぜか「あっホトトギス」ってつぶやいていました。
それで今日のこの記事を書き始めてから、あっ!違う。うぐいすやった。と気が付きました。「うぐいす」の「す」とホトトギスの「ス」“す”しかあってないのに・・・
これは、先日の記憶喪失の記事の「物忘れ」の類似品「思い込み」です。
う~ん。やっぱりだんだんひどくなってきている。

さて、去年のこの記事を書いているときはまだブログを始めていません。HPの一つのコーナーでしたが。それで1年経つのは早いな~って、その去年の記事をあらためて見ていて、ハッとしました。

去年 うぐいすさんと約束していたのでした。↓去年の記事。

やっぱりうぐいすも練習が必要みたいです。まだまだ練習不足。もうちょっと練習してきれいな合唱きかせてね。僕も負けないようにいろいろ勉強と練習していくから。  

うぐいすさんは、ちゃんと約束通り1年後に練習を重ねて美しい鳴き声を聞かせてくれたのでした。
しかし、私は去年と比べて勉強も練習もできていないことに気が付きました・・・

去年のこのときに何を意識して、勉強と練習と言っていたかというと、古典、短歌、和歌を勉強してみたいな。と。神主にとって最も必要なもののひとつに祝詞(のりと)があります。
この祝詞は古語、大和言葉で書きますから古典、短歌、和歌ができると非常に美しい祝詞が書けるわけです。私の父親はこういうのが好きでしたから本はたくさんあるんですが・・・

それから、雅楽の練習もしてみようかなと思っていました。雅楽といっても楽器には、(しょう)やら、やら、篳篥(ひちりき)やら他にもいろいろあります。
私は神職養成学校では篳篥を習っていましたから、マイ篳篥(マイひちりき)があるんです。そういえば篳篥東儀秀樹さんが演奏されるので最近はわりとメジャーになってきたのかもしれませんが・・・
これをもう一度練習しようと思っていました。私の父親はこういうのが好きでしたから他の楽器もあるんですが・・・

gagaku.jpg

↑マイ篳篥(マイひちりき)

オイっ!何もやってないじゃないか!!
一年間でなにかレベルアップしただろうか?・・・


①メガネを初めてかけた。(過去記事 レベルアップ・・・か?参照)・・・イヤ、老化だ

②書道が上達した。(過去記事 奥深い道 参照)・・・イヤ、先生に酷評された

③物忘れがひどくなった・・・問題外

④人類の限界に挑戦(賞味期限2ヶ月切れたハムを食べた)した(過去記事 進め人類 参照)・・・腹が丈夫


・・・・・・
「頑張らねば・・」


東儀秀樹さんHP http://www.toshiba-emi.co.jp/togi/

今日はただのバカ話でしたが。最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。



エアディナー

エアディナー」これなにかわかりますか?
AIR DINNER(エアーディナー)空気食事

これは中国のとある山奥の村で、村おこしの為に企画されたもので、仙人は霞(かすみ)を食べて千年生きるといわれることから、霞を食べて仙人の気分を味わってもらおうとして選び抜かれた極上のエアーを食べてもらうという企画。これがエアディナーです。



・・・というのは全部ウソで

ホントはエアギターの食事版。
エアギターは最近認知度も高まってきているみたいですけれど、ギターを持たずに、ギター演奏のパフォーマンスをするのがエアギター

で、これの食事版ですから、料理の並んでいないテーブルの上で、いかにおいしそうに料理を食べているふりをするか。これがエアディナー

主催は大阪の「風の会」というNPO法人。「飽食の時代への戒めというメッセージを込めた。演じることで『本当のおいしさ』を考え直してほしい」が趣旨という。
採点の基準は「おいしそうに食べる」(←実際には食べません。食べるふり。)これだけ。

私はこういう企画大好きです。込められたメッセージは深い、重要なテーマですが、それを真正面から重々しく放たず、面白おかしく発信する。これって非常に大切だと私は思っています。だからこういった企画大好きです。エアディナー参会してみたいなともおもいます(笑)

さて、食べ物の話で思い出しました。先日に報告したミッションですが1週間経過し、パーフェクトクリアが認定されました。これで今後は賞味期限後2ヶ月までなら安全に食べられることが立証されましたので、安心してどんどん食べてください(※個人差があります)。

いや実際にもったいないと感じることは多々あります。滋賀○の嘉田知事が・・って伏せ字の場所がおかしいですね。
改めて、滋賀県の嘉田○事が・・これもおかしいですか?

滋賀県の某知事が、「もったいない」をキャッチフレーズにして当選されましたが。どういう意味で「もったいない」という言葉を使っておられたかは詳しくは知りませんが。
私の思う「もったいない」は物の本来の価値が発揮されずに廃棄されたり、本来の価値の通りに使われないこと、これをもったいないだと思います。

だから、食べ物も食べ残して捨てることは「もったいない」です。
物もそうです。えんぴつでも、カバンでも、テレビでもまだ使えるものを捨てるこれも「もったいない」です。
自分がお金を出して買ったものだから、自分がどうしようと勝手だ。というのが現代の考え方ですが、これは改める必要があるでしょう。(業務で行っている方々を否定批判するわけではありません。しかし根底にこの気持ちが絶対に必要だと思います)

時代劇なんかで志半ばで倒れた人が「無念!」というように、「食べ物」も「物」でも「もったいない」ことをすれば絶対に「無念!」って言うと思います。
牛さんは人間に食べられるために生れてきたわけではないし、好き好んでローストビーフになったわけではないですからね。

だから、「もったいない」ことをすれば罰則をつけてみてはどうでしょう。

「もったいない」ことをした人は、エアチェアー3分間(空気いす)

「もったいない」の度合いに応じて1分づつ増えていきます



エアディナーの詳細ページ↓
http://www.g-kaze.com/index/event/air_dinner.html

今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。


地球の大家族

先日新聞を読んでいて気になる記事がありました。
コレはダメなんじゃないか?・・・と一人で考えていたのですが、その記事の発言者は偉い先生なので大きな声で否定はできない。でもちょっと人に言いたい衝動にかられました。
では穴を掘って・・・

王様のミミはロバのミミ~


いや、webで書けば穴に向かってではなく、外に向かって大声で叫んでるのと同じですね。
う~ん・・・。皆さん今日の話はくれぐれも、ここだけの秘密に。←ここだけの秘密ほど広がるのが早いものはないですけどね(笑)

あっ!そもそも皆さんって、すでにその時点で多数の人にむけて話しているじゃないか・・・

まぁ、前置きはコレぐらいにしておいて。
いつも前置きが長いから本題に入る前に長くなってしまって、本来言いたいことを省略してしまうんですよね。
前職の時もそうだったと思います。私は一昨年前までは会社勤めをしていました。で、その時は立場上毎日、多勢の方々の前で朝礼、昼礼、を行います。
訓話など、そんな大そうなことは私はできませんし、時間も限られているので業務上の注意事項や、連絡事項、など業務連絡が主でした。

学校や職場などでいろいろな集団ができあがりますが、1クラスほどの規模の集団になると朝礼やらの場で全員がきっちり話を聞くということはまずないでしょうね。半数が聞いてくれていれば良しとしなければならないと思います。
で私はその半数でよしとするところを、7割、8割、9割にしようと思うので、興味をもってもらうために少し笑いを入れてみたり。
業務連絡にしてもできるだけわかりやすくと思うので具体的に説明を詳しくしてみたり。

笑いを取るならネタふりが必要です。だから前置きが長くなって朝礼が長くなってしまう。だから退屈して話を聞かなくなる。悪循環ですネ(笑)。
世の中の挨拶、スピーチを行う方々へ。先人の智恵、古い格言を紹介します。


挨拶とスカートは短めに』←問題発言?(;一_一)

ほら今日も前置きだけでもうこんなに長くなってますね。イヤ、今日のは前置きというより話の脱線ですね。


えぇ~。改めて。
読んで気になっていた記事は環境問題についての記事でした。
動物行動学の分野の著名な先生の発言でしたが、人間は多くの失敗をしてきた。たとえば砂漠の緑化。無理をすれば砂漠にも木は生える。しかし地下水を吸い上げた木は葉から蒸散させる。地下水はなくなりもっとひどい砂漠になる。
地球にやさしく」ではなく「人間にやさしく」でなくてはならない。人間のいなくなった地球がどんなに立派になろうと無意味です。
といった内容でした。私の理解力ではこの記事だけでは真意はわからないですが。

人間のいなくなった地球がどんなに立派になろうと無意味と、人間が考えるからここまで環境が破壊されてきたのではないか

地球は母なる地球です。自分の親(地球)、兄弟達(動植物)に対して、末っ子である自分(人間)が死んでしまったら、親や兄弟がどうなろうと知ったことではない。と言っているように聞こえます。
私の理解力が足りないせいもありますが・・・

「地球にやさしく」などということは母なる地球にたいする人間の思い上がりです。
無理に砂漠に木を生やすのではなくて、砂漠化の原因になる人間の活動を抑えることが必要でしょう。
だから私は人間中心の「地球にやさしく」という言葉が嫌いなんです。
地球に大自然に生かされていることを思い出せば、「地球にありがとう」、「地球にごめんさい」だと思います



今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。


春の足音、虫の足音

今日は3月6日。二十四節気のひとつ啓蟄(けいちつ)です。
四柱推命などで暦を使うことが多々ありますので、暦を見て今日だって気付きましたが、普通はあまり気にすることはないですよね。
二十四節気というのは1年間を24等分します。そしてそれぞれの季節に名前をつけたのが二十四節気です。まぁ春夏秋冬をもっと細かくしたものです。
で、啓蟄(けいちつ)とは、陽気に誘われて虫たちが土の中から地上に這い出してくるってこと。ようは暖かくなってきましたねって季節です。ちなみに立春(りっしゅん)や春分(しゅんぶん)も二十四節気のひとつです。

そのはずだが今日は寒かった。昨日は暑かったのに一転して今日の寒さはなんだ。
まぁ確実に春がやってきていることは確かですが。えぇ~今日はそんな話を一席。


神主の一日は朝の境内の清掃からはじまります。
先ず一番に本殿の御扉を開けて神様に御挨拶をして、続いて清掃をはじめます。
ま朝一番からなんですが、何時が朝一番で、何時が朝二番なのかは季節によって変えてます。
最近は6時には明るくなってきましたが、少し前までは6時半ではまだ辺りは真っ暗でしたから。
だから明るくなるのが早い夏場は5時半から、春秋は6時から、冬は6時半からてな具合です。

それで今日も朝から境内を一周、掃き掃除してまわりました。そこで「小さい春、み~つけた」。

SN330002.jpg



今年はじめて、梅の花ビラが散って地面に落ちていました。昨日までも梅の花は咲いていましたが花ビラは散ってはいませんでした。昨日から風が強かったので散ったのでしょう。
雨で散った花ビラは濡れて地面にくっついてしまって、あまりキレイではないのですが、風で散った花ビラはすごくキレイです。
だから散った花ビラを掃き集めるかどうか迷いました。でも空を見上げると少々雲があったので、雨が降って地面にくっついてしまうとやっかいなので、結局掃き集めました。

梅が散っていくと次は桜です。桜のほうままだ咲く気配はないようですけど。
あっ!そろそろ「うぐいすも」やってくる頃です。以前の梅うぐいすの記事で紹介しましたが、去年のうぐいすは本番前のリハーサルをウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)でやってましたから。
今年はどうかな(^.^)

長い間かわることなく繰り返してきたこの季節の移り。近年の異常気象で少しずつ狂ってきています。これから先の時代、どこまでこの季節の移り変わりを感じることができるのでしょうか。
私達の子孫たちにもこの美しい四季を見せてやりたいです。二十四節気がなくなってしまわないように。
環境破壊がこれ以上深刻にならないように、自分のできることをやっていきたいですね。

人間は文明は今さら後戻りはできないです。
車のない生活は難しいです。でも不用な車のアイドリングをやめることはできます。
エアコンのない生活も難しいでしょう。でも設定温度を少し抑えて使うことはできます。


今日はオチのない、ほのぼの話しでした。


今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

進め人類

昨日は少し固いマジメなはなし(実はそんなに固くはないのですが、自分では固いはなしをしたつもりになっている^_^;)をしたので、今日はその反動で、神社のススメでも、神主のひとりごとでもない、「ムネヤスのひとりごと」になりそうです。

あっ!その前に、以前の記事で紹介した、コンピュータ関係の師匠に教えてもらったことがあります。
会社のパソコンからこのブログを見ている方へ『業務連絡です
何台のパソコンからクリックしても、同じ会社の回線を使用するので、1回としかカウントされないんじゃないかな?そうでない場合もあるけれどネっておっしゃってました。
だからやっぱり、職場で1回、自宅で1回、出先で1回、1日1回づつポチッとな。という合言葉は正しいのです(何が正しいのやら・・・)。


さて、では今日のテーマへうつりましょう
人類の歴史は挑戦の歴史です。

そぅ。人類は挑戦し、成功、敗北を繰り返し発展してきたのです。
ライト兄弟は大空への夢へ挑戦して見事勝利しました。
発明王エジソンは失敗が成功への近道であるとして、99%の努力で発展を遂げました。

余談ですが、私は神主養成学校で勉強させて頂いていた頃、石清水八幡宮で勉強させていただきました。その石清水八幡宮にはエジソンが、電球を発明したときに電球の芯(フィラメント?)の材料に石清水の竹を使ったので、エジソンの記念碑が立ってます。http://www.iwashimizu.or.jp/9/index.html

このように人類はものごとに新たに挑戦することで発展してきたのです。

再び余談になりますが、私達日本人は、功績のある偉人たちを敬いお祀りします。また自然を畏れ、敬います。そしてその全てに神が宿ると感じたのです。
これが八百万の神々ですが、この「今の自分がいるのは先祖、先人たちのおかげである。そして人間は自分で生きているのではなく、大自然に生かされているのである」といった考え方は神道の基本である「敬神崇祖」とつながりますが21世紀に最も必要になります。

さて話しは戻って、私はこのような偉大な先人達の偉業を聞くたびに、自分は何に挑戦し、人類の歴史に貢献できるのか常々考えています。


そこで今回やってみました。
用意したものは、昨年末にお歳暮に頂いたローストビーフ。

そう。賞味期限の切れたローストビーフをいつまで食べることができるのか。体を張りました。
さらに今回は今年の1月に賞味期限が切れたものですので、約2ヶ月の期限切れのレアアイテム(いろんな意味で)にいきなりの挑戦です。

挑戦当時の心境は、「いきなり2ヶ月は少し早まったか・・・」と。
やることに恐れがなかったと言えばウソになります。しかし自分がやることで今後の人類に希望が与えられるなら・・・その思いが背中を押してくれました。



挑戦から現在3日が経過していますが、いたって快調です。
(ブログに書くとは思ってなかったので賞味期限表示の写真を撮ってなかったです)



今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがりムネヤスがパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

唯吾知足

先日からちょっとブログランキングに燃えてます。
なのでブログをはじめたので見てね~。でランキングのボタンをクリックしてね!!!って周囲に初めて伝えました。
おかげさまでちょっとづつあがってきて、登録ジャンル内のベスト10がみえてきました。って「あぁ~あそこに何か見えるぞっ」程度に見えてきただけですが・・・目指せナンバー1!

いつもおこしいただく皆様。ありがとうございます。
それから、カワ○キのみなさま、ありがとうございます。結構効いてます。
それから、今日はじめておこしくださった方、今日からよろしくお願いします。

合言葉は、職場で1回、自宅で1回、出先で1回、1日1回づつポチッとな。
そこんとこヨロシク。(笑)

順位が上がると、眠たいけど頑張って新しい記事を書こうって!気になりますね。
職場で1回、自宅で1回、出先で1回、1回づつポチッとな。ってやってるとどれかで必ず新しい記事に当たります(笑)。


さて、今日は3月5日(日)
3月のはじめです。3月です。
なんだこの暖かさ。いや、昼間は暑かった
ただひとことで「暖冬」では済まないですね。本格的に地球温暖化の影響が出ているのでしょうか。温暖化防止のために自分のできることから少しづつでもやっていきたいものです。


先日、とある飲料メーカーさんから連絡がありました。
ウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)の前に自動販売機を設置しませんか?というものでした。
でいろいろ資料をもってきてくださって、簡単に説明もしてくださいました。

周囲に自動販売機がないため競合することもないだろうということ。
管理は全てメーカーさんが行うということ。
空き缶などの回収や景観への配慮のあること。
収益性があること。

特にこちらにとっての不都合や不利な点はないように思いました。で、メーカーさんを連れてきてくださったのが、神社のお祭りで世話係をしてくださる方だったのですが、非常に言いにくかったのですが今回はお断りしました。

誤解のないように言っておきますが、メーカーさんや、販売機を否定、批判するわけではありません。
自動販売機には月間そこそこの電気が必要です。もちろん電気料金は売り上げが相当額見込めるのでマイナスになることはないそうです。

しかし、近くに自動販売機がないといってもほんの少し歩けば幾つもあるんです。
冬の暑すぎる暖房、夏の寒すぎる冷房、そして目の前に必要な自動販売機、人間は生活に利便性を追及することで社会経済は発展発達してきました。
そろそろ一度立ち止まって周囲を確認することが必要なのかなと思います。


古い格言にある、吾唯足知(「吾」われ、「唯」ただ、「足る」たる、「知」をしる)
漢文では唯吾知足となるのでしょうか。この心が今必要なのでしょう。

人間の欲求は社会経済の発展する原動力でありました、しかし際限のない欲望ばかりでは喜び、幸せというものは得られません。逆にその欲望が叶わなければ不平不満を抱くことになります。
今の世の中に蔓延する、利己主義、拝金主義、行き過ぎた個人主義、
足ることを知る ことが今もっとも必要なのではないでしょうか。

まぁそんなわけで、安定的な収益はもちろん欲しいのですが、ほんの少し歩けば自動販売機があるのに、新しく販売機を設置し電気をこれから使い続けるのは・・・と考えてしまい、やめにしました。(くれぐれも、批判否定しているわけではないです)

ストップ地球温暖化、減らそうCO2、できることからコツコツとやってみます(^.^)
できることからコツコツやってる記事がありました

みなさんもできることから少しづつ
まずできることは、ボタン↓をポチッとすることです(笑)


banner2.gif
 a_01.gif



↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

記憶喪失

今日は3月3日桃の節句ひな祭りです。
起源は古く平安時代の貴族の習慣で、季節の節目の上巳の節句(後の桃の節句)に身のけがれを祓い、健康・厄除けを願いました。この行事が自分の災厄を肩代りさせた紙の人形を川へ流す「流し雛」に発展します。室町時代以降には豪華な「飾り雛」となり一般家庭の間にも定着します。

というようなことを他で書いたのですが、このブログではそういう類のマジメなはなしはあんまり似合わないので、ヤメ

上巳の節句と桃の節句なんてはなし今日の旬のネタですが他の神社や神職様のブログなどで書いて下さっているでしょうから、お任せします。←そんなことを言うと先輩神職様から怒られるんでしょうネ(苦笑)


では今日の出来事を一席(←早い立ち直り)
先日のちょんまげの記事にくださったコメントの時にもはなしにでましたが、私はここ最近(1~2ヶ月くらい前から)ものすごく物忘れが激しいのです。イヤほんとにスゴく

何年か前に福山雅治さんがラジオの番組で言ってました。自分は30歳を過ぎてから急激に物忘れが激しくなった。仕事のことや、興味のあることは記憶は残るがそれ以外のことは全く記憶に残らない。って。

私が今それです。
用事があるので家の外に出ました。外に出てからなぜ外に出て来たのか思い出せないとか・・

筆と半紙を取りに行きました。途中で「あっ!たしか墨がなくなっていたな」と思い出したので、墨汁だけを持って、筆と半紙を持ってくるのを忘れたりとか・・

そば屋さんでそばを食べてお勘定のとき。店員さんに800円を100円玉で払うので数えてくれと頼み、100円玉が1枚、2枚、3枚、4枚、5枚
私「今何時ですか?」、
店員さん「3時です」、
100円玉が4枚、5枚、6枚、7枚、8枚
と200円損をしたり・・・

とにかく何かをしている最中に別の何かを見たり聞いたりすると、その直前のことを忘れているんです。
境内の掃除をしている時もそうです。石の上、土の上、草むら、どこを掃くかにより使うほうきを変えます。使う道具は、竹ほうき、しゅろほうき、熊手、ちりとり大、ちりとり小、ゴミ袋です。

さてこれが、掃除が終わって手に持っている道具を片付けて。さぁ帰ろうとして他の道具が出しっぱなしになっていることに気が付きます。
いつの間にか、掃除をした順番に道具が置き去りにされているのです。本人は次の道具を使って掃除をするので、前の道具を置き去りにしたことを忘れているのです。

道具が順番に置き去りにされているので、私がどこを通っていったかがすぐにわかるようです。
まるで「かたつむり」や「なめくじ」が通ったあとにネバネバがついていて、すぐにわかるかのように・・・(;一_一)

きわめつけは今日のはなしですが
神社の横には車の駐車スペースがあるのですが、その入り口のコンクリートが割れてしまっていたので、今日はその補修をおこないました。
手の空いたときにスグにできるように事前に使う道具類はそろえてありました。ホームセンターでセメントも購入してありましたし、コテやバケツもそろえておきました。

で今日手が空いたので、「よし今日やるぞっ」とコテやバケツ、ほうきなど道具を持っていき、さぁ!やるか・・・

ない・・・。」

いくら探してもホームセンターで購入しておいたセメントが「ない。」
すみからすみまで探しまわったのですがどうしても見つからないんです。
もうさすがにこれ以上さがしてもってくらい探して、仕方がないのでもう一度ホームセンターへ買いにいくことにしました。時間をロスしたので急いで車に乗って、

・・・・車の中からセメントが出てきました。

事前に買いに行き、車から降ろしてなかったのです。
多分買いにいったとき車から降りるときに何か別のことをしたんでしょう。それにしてもひどすぎると思いませんか。自分でも恐ろしいです・・・

ま、無事にコンクリートの補修ができました。
と今日の出来事を夜にブログにかいてます。
あっ!(;一_一)雨が降ってきた。塗りたてのコンクリート・・・




今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
(おそるおそる)できれば2つとも・・お願いします
banner2.gif
 a_01.gif


↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

ススメその道を

先日の記事に同業者さまがコメントをくださいました。
同業者なんて失礼な言い方していますが、先輩の神職様です。こういう名前で投稿(これをハンドルネーム?っていうんでしたか?あってます?)されたんですもの・・・(汗)

また前回の記事でも紹介した「京都の神主の集まり」の席でも、テレビや雑誌にひっぱりダコの有名神社の宮司様が、「ブログみたよっ」っておっしゃっておられました。
見た感想は・・苦い顔されてました(苦笑)

とにかく神社関係者の方々もたまに見てくださっているようなのです。
ということは・・・、いい加減なことや、くだらないことを書いていると、
「コラ、いい加減にしたまえ」←怒るときも上品です?
怒られてしまうのです・・・

しか~っし
おそれてばかりでは私のようなヒヨッコ神主はいつまでたっても一人前になれません。
だから今日もススムのです(^O^)/・・・お笑いの道を・・イヤ、神の道を
「神社のススメ」って名前いろいろかけてあるんです。

さて本題に入る前にかなり長くなったので、今日書くつもりだったことはまた今度にして今日は短そうな小話を一つ・・・

数日前からウチの神社(京都三条 武信稲荷神社)の真裏の家が建替えのための解体工事が行われていました。「今日から工事しますので迷惑かけますが協力お願いします」とか何も聞いてないので工事の初日はびっくりしました。←ちょっとイヤミっぽいですか(笑)別に腹を立てているわけではないですので(笑)

その日は地域の老人会、その名も寿倶楽部連合会(カッコイイ名前ですがちょっと昔の暴走族みたいな雰囲気も・・・)の皆様方が神前で参拝の途中でした。(その後に、ごちそう食べて、お酒をのんでって懇親会をされるんですけどね)
その参拝の途中で急に 

ドガガガガっ
というものすごい音がしだししました。そしてみるみるうちに辺りが曇ってきました。
曇ってきたというのは、雲がでてきたわけではなく、大量の砂ぼこりが飛びまっていて薄暗くなったのです。

せめてもの救いは祝詞の奏上が終わっていたことですね。最中であれば全く聞こえなかったでしょうから。でも参拝の最後に御神酒を頂くのですが、その御神酒をのむ朱塗りの杯がわずかな間にほこりまみれになってしまい、交換するはめになってしまいました。

一番ひどかったのが初日のこのときでしたが、多少ましになっても数日間この状態が続きました。太陽の光をさえぎるほどの砂ぼこりがまっているのですから、普通にしているとのどが痛くて仕方ないのでその日からマスクを使用してました。
鼻が押さえつけられてるようですごく圧迫感を感じるので僕はマスクが大嫌いなんです。

masuku.jpg



で数日後ようやく工事が終わったらしく、ドガガっていう音がしなくなりました。
やっとマスクがはずせる~。っと久しぶりの開放感を鼻に与えてやっていると、どうも鼻とのどがおかしい。工事の音はしないのにおかしいなって思ってたのですが・・・

はっ!

ヤツだ!花粉
!!

暖冬の影響で花粉の時期も早くなったのでしょうか。
というわけで今日からまたマスクの生活が始まりました。
ストップ地球温暖化。減らそうCO2。減らそう花粉


今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
banner2.gif

↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

伝え継ぐもの

ウチの神社京都三条 武信稲荷神社)の周辺は住宅地域です。
だから近所にはお家がたくさんあります。
だから子供もたくさんいます。
たくさんといっても少子化ですので私らの子供の頃に比べると寂しいのですが。


私は小さい頃よく友達とみんなで境内で遊んでいました。そのへんは昔から変わらないみたいですね。私の親の世代の方々も「子供の頃はよく境内で悪さして遊んだもんだ~」っておっしゃいますし。
それは今の子も同じみたいです。
さすがに現代では毎日とはいきませんがたまに、ガキ共・・・お坊ちゃん、お嬢様たちが境内で悪さ・・・お遊びになられます

2月の初め、節分の前でしたので私は準備で境内をうろうろしていたのですが、そのときも結構な人数のガキ共・・・お子様たちが、境内でかたまって何やらやってました。
ぶつぶつ何やらつぶやいて、ごそごそやっている様子。準備が忙しかったので相手できなかったんですが、通るたびにだんだん騒がしくなっていくのがわかりました。

「うわ~ 呪われる~」
「ごめんなさい~」
こっくりさん」をやっていたみたいです。
神社こっくりさんをやるのもどうかとおもうが・・・


数日後、今度は数人のガキ共・・←しつこいですか?(笑) たしかこの前こっくりさんをやってた数人の子らがいました。
本殿の横にはローソク立てがありローソクに火をつけるようになっています。

rosoku.jpg


そのローソク立ての前でなにやらはじめました。
その日は時間がありましたので、「何をしてるんや~」ってのぞいてみると、こっくりさんで使った紙やらを燃やしていました。
「火はあぶないからダメ」って言うと、「こっくりさんをやった場所で燃やさないと呪われる~」って言うのです。

ふふふっ(^.^) そういえば自分が小さい時もこうやってローソク立ての中で火遊びしたのを思い出しました。ほんとはしちゃダメだけど。で幾つかの約束をしてさせてやることにしました。
もちろんローソク立ての場所が社務所から見える場所にあるからですが。

ルール①:お参りの人が近くに来たらすぐに離れること!
ルール②:絶対に火をローソク立てから出さない!!
ルール③:他では絶対に火遊びをしない!!!



さて、さらに数日後、またこの前の子達がいました。今日はコソコソと何かやってます。
相手がコソコソやっているので、私もこっそり何をやってるのかのぞきました。
すると・・・境内の奥の見えないところにローソクを持ち出して、落ち葉やら、小枝やら
を燃やしたりしていました。

くぉぉぉぉらぁぁぁ~ ガキ共~』←訂正しませんガキのまま(笑)
お前らこの前約束したやろ。なんで守れへんねん!!と怒っときました。


お近くのお父様、お母様。もしお子様からこの前あそこの神社でおっちゃんに怒られた。っていわれていても、くれぐれも誤解のないよう愛のムチです(笑)

やっぱり子供達には神社で遊んで欲しいし、その記憶を持って大人になって欲しいし、それを自分の子供に伝えて欲しいし・・・
そのためにはルールは教えておかないとm(__)m


今日も最後までおつきあいありがとうございます。
↓ボタンを押してくださると順位があがり神主がパワーアップします
banner2.gif

↑blogランキング参加中。ポチッとお願いします。