自然の造形

ほぼ一カ月ぶりに更新になりました。もう最近では時間のとれるときにだけ更新といいうように開き直りました・・・

神社、神道は自然崇拝のかたちが色濃くのこっています。自然崇拝というと太陽や海や山や川、自然を、または自然におきる現象、たとえば雨が降る、風がふく、雷がなる、こういういったことですが、それらを神とし崇拝します。
また自然物、自然現象に精霊が宿ると考え、その神霊を崇拝するアニミズムのかたちもあります。

ということで神社、神道がルーツである日本、日本人にとって自然は本当に大切にしてきたもので、共生していくもの、大切なパートナー。
その自然はときに素晴らしいものを生みだすことがありますが、昨日境内で発見してしまいました。すばらしいもの。


まずは少し前のはなしになりますが、2カ月ほど前におみくじ掛けを新しく作成しました。これプロに頼んだわけではなく、材料を購入してきて自作したものです。つくるのは友人に頼んで手伝ってもらっています。建築関係の仕事をしていますからセミプロですけどね。


IMG_20170703_141916.jpg

おみくじは、大吉でも凶でも持ち帰るのが本来です、大吉ならばよいものを身近においておくということでよいですし、凶ならばいましめのため普段から気を付けるために持ち帰るようにします。
ただ最近は持ち帰らないで結んでいく人のほうが圧倒的に多いんですよね。それで今まではおみくじ掛けがなかったので木の枝に結んでいかれていたのですが、木もいたみますし、古いおみくじを外すのも大変ですので、おみくじ掛けをつくろうと実行しました。
結構きれいにできています。
続きを読む

撮り直しプロ

春は祭り時期ですから日本全国あちこちの神社で春祭りがおこなわれます。神主は自分のところのお祭り以外にも、他の神社のお手伝いにもいきますから結構大変です。
今年は4月9日の日曜日が最初の春祭りで、それから1カ月半、ほぼ毎週日曜、祝日とあちこちの神社でお祭りを御奉仕していましたが、先週5月21日(日)のお祭りで今年の春祭りの御奉仕はおしまいです。あとは夏祭り子供みこしまで日々のお祭りだけです。

お祭りが重なるとどうしても普段の仕事が後回しになりたまっているので、それを今一所懸命さばいて遅れを取り戻しているところです。
それであまりにも頑張りすぎて頭が疲れてきたので、息抜きにブログ更新しております(^^ゞ

ほぼ1カ月前の記事アップしていますが、境内の写真。
新緑が美しく、あぁきれいだなと写真に撮ったわけですが、撮れた写真はまったく実物の美しさを表現できていない。くやしいなぁ、というような記事です。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1403.html


それで、ちょうど機会があったのでプロのカメラマンにおなじ場所を撮ってもらったのですが、それがコレ。
続きを読む

さつき祭御礼

平成29年さつき御例祭、お陰をもちまして無事に斉行いたしました。ありがとうございました。
今年は神賑行事がいろいろありまして、大勢の方がおこしになり大変にぎやかなお祭りとなりました。
子供むけのゲームコーナーや、屋台が出ていましたので、せまい境内ですが一時は子供でうめつくされるくらいでしたので神様もよろこんで見てくださっていたのではないかと思います。

また今年はじめての催しとして、十二単衣の着付け実演がありました。
十二単衣のお姫様ができあがっていく様子を解説しながらみていただけるというものでした。

ビフォー
20170515231753.jpg

アフター
20170515231704.jpg

お姫様ができあがって、扇をひらいたときには歓声があがり、同時に感嘆のため息がきこえてきました。

昨日は想定していた2~3倍の人出でしたので奉仕者(スタッフ)の方々は本当に大忙しでお昼ご飯もたべられないくらいでしたし、当然わたしも一日走り回っていましたが、みなさん楽しんでくださったようで、本当によいお祭りになったと思います。
御奉仕いただいたみなさんお疲れ様でしたありがとうざいました。

よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる

新緑

三寒四温を経てもうこの頃は寒い日はなくなってきました。神社境内でも新緑がまぶしいいい時候です。
わたしはこの時期が四季のなかでもっとも好きです。若葉の緑色が目にもあざやかですし、活き活きとした活動力というか、エネルギーがみちてくる感じがすごく心地よいのです。


御神木のエノキもあざやかな新緑で境内を覆い始めました。完全に葉が茂ると境内が御神木の枝葉で覆われます。社務所は木の下ですので夏は涼しいのですが、冬場は寒い。今くらいの時期は外がぽかぽか陽気で少し汗ばむくらいでも、社務所の中はひんやりしています。そんなときはよく境内の見回りをしています。というか用もないのに境内にでて日光浴ですね。部屋が寒くて外が暖かいので、温まりに外にでるのですから、ふつうの家とは逆ですよね。

境内のあざやかな新緑ですが、この記事をアップするのに写真撮ってみたわけですが、
この素晴らしい色、エネルギーにあふれるこの緑、それがまったく写真からは伝わってこないのです。残念。
CIMG4147.jpg


わたしの身近にプロのカメラマンが2人いますので、プロの撮る写真を見る機会は多いのですが、なかなかプロのようには撮れません。
そりゃぁそうか、だからプロですね。


続きを読む

絵本つくり

5月14日(日)が当社、武信稲荷神社の春のお祭りです。
お祭りにあわせて境内では、模擬店がでて焼きそば、うどん、フランクフルト、出し巻き、わたがし、ビール、ジュース他にもいろいろあります。子供向けに無料ゲームコーナーもあります。
IMG_7769.jpg



その他にも、毎年体験型の屋台も出店されまして、みなさん楽しんでもらっています。今年は豆本作り体験の屋台がでる予定です。
神社の近くにお住まいの画家の先生が協力してくださり、先生の作品展示と、先生の絵本のオリジナル豆本をつくるという企画です。
豆本とは要するに小さな小さな絵本のことです。手のひらサイズのものですのでだいたい7~8センチくらいの大きさのものが多いようです。小さいものだと1センチくらいのものもあります。

170417.jpg

こういうものです。画像はwikipediaより


それで、その画家さんから神社のオリジナルの絵本をつくり、それを豆本にしてはどうですか?と提案をいただきました。文章をわたし(神主)がつくり、それに画家先生が絵を描いてくださるというものです。
それはいい。ということでその方向でやることになりました。
続きを読む

一寸法師御守り

私のご奉仕する武信稲荷神社は童話一寸法師との御縁もあります。
それでこのほど一寸法師にちなんだ授与品ができあがりました。
御守り4種類、絵馬3種類です。一寸法師の図柄がはいったもので、授与所では好評です。


出世御守・絵馬
立身出世の出世(しゅっせ)はもちろん、世に出るということでものごとの始まり守護、旅立ち守護、旅行のお守り・絵馬です。
170304-om3.jpg   170304-ema2.jpg


叶う御守・絵馬
打出の小槌で大きくなった一寸法師のように、大きく育つように。またどんな願いでも叶うという打出の小槌で願いが叶う御守り、絵馬です。
170304-om2.jpg   170304-ema1.jpg
続きを読む

次は初午

節分祭は無事に終わりまして、次は2月12日に初午祭です。
ただいま10日の夜ですが雪が降り始めてつもりはじめました。天気予報では11日が一日雪で12日の祭りの日には積ってそうです。
しかしうちの初午祭は神主が一人で祭典をおこないます。参列者がたくさんおられるわけではないので雪が降っていてもテントを用意したり諸々気にする必要はないので気は楽です。

今年は2月12日は日曜日ですが、初午祭は2月の初めの午の日に行う祭りですから毎年日曜日というわけではありません。
初午祭は、稲荷の神様が約1300年前の2月の初めの午の日にこの世界に姿を現わされたことを祝うお祭ですので稲荷神社で盛大に行われるお祭りです。

私は武信稲荷神社のほかにもいくつかの神社のお祭りをさせて頂いていますが、その中に稲荷神社も数社あります。ですので当然その稲荷神社でも初午祭が行われますので私はこの時期にはそれぞれの稲荷神社で初午祭をおこないます。
2月の初午の日には武信稲荷神社の初午祭をおこないますので、ほかの神社の初午祭はその日以外におこなうことになりますが、たいていは日曜日になります。そのほうが役員さんたち集まりやすいですからね。

というわけで先週の日曜日も3つの神社をまわって3回の初午祭のご奉仕をしてきました。午前中に2回、昼から1回です。
続きを読む

エノキ保全

本日から、御神木のエノキの保全工事が始まりました。

161215IMG_20161215_094535.jpg   161215IMG_20161215_094709.jpg


もともとは、
10年以上前ですがエノキからキノコが生えるようになりました。その頃は私はまだ神社に常駐していませんでした、父親が生きていましたからね。その当時はキノコの量はほんのわずかでしたが、私が神社に戻ってきてすぐの頃ですから数年前くらいからそのキノコが頻繁に生えてくるようになりました。

それでキノコ博士
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-152.html
に相談してみたら、キノコが生えてくるのはやはり木が弱ってきているからだと言われまして、一度樹木医さんに診てもらうのがいいかもしれません。とアドバイスを頂いていました。
この御神木のエノキは京都市の天然記念物ですので、樹木医さんのことを京都市にも相談してみたところ京都市の他の案件で依頼している樹木医さんがいるんのでその方にみてもらいます、と紹介をしていただきました。
続きを読む

雲龍

3年前に御神木の大枝が折れ、それがチェンソーアート世界チャンピオン城所ケイジさんの手によって龍に生まれかわりました。いまでは神社の名物になっています。
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1128.html

本日、その龍を美しく空を舞わせたいということで雲を奉納いただきました。
龍を空に、雲をとはどういうことかというと・・・



まずトラックで運び込まれました

160924IMG_20160923_112707.jpg


山のような砂です

160924IMG_20160923_152129.jpg


これがどうなるか
続きを読む

遊び場

神社の役割、というといろいろな事がありますが、うちの神社のような街角の小さな神社だと子供の遊び場というのもひとつの役割だと私は思っています。
大きな神社、観光の人々が毎日大勢くるような神社では子供が遊び場とするのは難しいですし、またたとえば国宝に指定されている社殿があったりするとそこで子供が遊んでいて傷つけたり壊したりしたら問題になるのでそういう神社でも子供の遊び場にはなれないですしね。

私がそのように思っているので、子供が神社で遊ぶのはどうぞどうぞ、どんどん遊んでね、という感じです。
かくいう私も子供のころ友達と神社の境内でよく遊んでいました。神社の境内の様子は当時とそれほど大きくは変わっていませんから、子供のころ一緒に遊んだ友達が久しぶりに神社にくると懐かしい、変わらないなとよく言います。
というか昭和10年頃に境内の大改修がありましたので、その時点でそれ以前の姿からは大きく変化しましたが、それ以降はだいたい同じ姿です。
50年、60年ぶりに神社に来たという方も、あぁ懐かしい当時と変わっていないなとよくおっしゃいます。変わらないことというのも神社の一つの魅力なのかもしれません。もちろん建物などは直していかないといけませんから変化は少しずつありますけどね。


それで子供が境内で遊んでくれるのは歓迎なのですが、やっぱり子供のことですから悪さもするんですね。悪さといっても犯罪とかそういうのではなく、さわってはいけないものにさわる、のぼってはいけないところにのぼる、とかそういうものですが。

ダメ。と言われても子供がやってしまうベスト1、2が、献灯の火つまりローソクの火で遊ぶこと。と手水の水で遊ぶことです。
160906IMG_20160902_161932.jpg    160906IMG_20160902_161659.jpg
続きを読む

子供みこし御礼

昨日、8月28日子供みこしは無事に順行できました。
幼児、小学生、あわせると90名以上の子供たちがあつまって、賑やかにお神輿巡行ができました。私装束をつけてお祓いしたり、道中の御供していますから写真はありませんが、子供達も楽しそうにやってくれていました。

私が子供だったころにはまだ子供の人数も多かったので大勢集まっていた記憶がありますが、その後は少子化で子供の人数が減ったこともあって、私がまだ神社に戻ってくる前の話しですが、一時はお神輿が出せるだけの子供が集まらないことが続いていました。
それがここ数年は貸し出すハッピが足りなくなることもある位の人数が集まってくれるようになりました。浸透してきたということでしょう、子供たちも楽しみにしてくれているようで、うれしいことです。


さて、28日は近畿にも台風が接近してきて、天気予報では12時から雨の予報でしたので、みなさん心配してくださっていたのですが、いつものとおり晴れ男はまだ神様に見放されていないようです。
予報では午前中が曇り、午後から雨でしたが、午前中にざざぁっと強雨がふり、12時頃には止みました。お神輿が出発する14時には晴れてお日様が出てきていました。
強い日差しでもなく、雨のあとで涼しくて、ちょうど良いコンディションでした。

役員、お手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
続きを読む

お客様

今日も朝から快晴で、気温もぐんぐんあがっています。楽勝で35度越え。
すこしでも涼をとろうと打ち水したりもしますが、すぐに乾きます・・・

そんななかですが、今日は朝から神社の入り口が濡れており、水たまりができています。
おや?打ち水が残っている?まいた水がそんなに多かったのか?と思って一度はスルーしたのですが、いつまでたっても水はなくなるようすはありません。それどころか水たまりの大きさがどんどん大きくなっています。
涼しげでよいのですが、たぶんこれ地面から水が出てきているんだろうな。
神社では湧き水はよくあります、なんとかの名水というのも神社から湧き出るのもよく聞く話し。おぉうちの神社からも湧水!!



いや、道路から水が湧き出しているのですから水道管の破裂による水漏れですよねコレ・・・

ということで武信名水は幻におわり、暑いなか水道局のほうから神社の入り口道路で水道菅補修工事をおこなっていただきました。

160809IMG_20160809_132120.jpg     160809IMG_20160809_132230.jpg

続きを読む

○○はじめました

今日は○○始めましたの紹介。
この時期ですと、

160802.jpg


と言いいたくなるところですが、当然わが神社で冷やし中華をはじめたわけではなく。


ツイッターを始めました。

もともとあまり好きではなかったのですが、ちょっと思うところあって始めました。

https://twitter.com/takenobuinari

どうぞよろしくお願いします。


それから、7月からはじめました。ですが、新しい巫女が7月から来てくれています。
そのお陰もあって、また6月、7月とけっこうヒマだったこともあり、ツイッターはじめることもできたわけですが。
ヒマだったはずなのですが、こういうときにたまっている用事を片付ける、としているとゆっくりはできていないですが、まあそういう性分なんでしょう。

ということで新しい巫女ともども、今後もどうぞよろしくお願いいたします。



よければランキング↓にクリックお願いします。

人気ランキングへ1票入れる
”FC2ランキングへ1票入れる


きつね祭り

今日、7月30日は境内できつね祭りがおこなわれています。きつね祭りは今回で3回目です。
前回は2月初午の日でした。前回の様子
http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/blog-entry-1302.html

行われています、と現在進行中なのは今回は午後3時からで、夜8時までという夕涼み時間におこなわれているので、現在も開催中なんですね。

160730IMG_20160730_151337.jpg


160730IMG_20160730_151301.jpg

キツネに関連する作品を作家さんがつくり、その展示と販売。
大勢の方が来られています。好きな方結構多いんですね。



ほかにもキツネのコスプレもやっていました。コスプレについても、このキツネ祭りの主催者さんがマナーのよい方々なので、事前に注意事項、立ち入り禁止場所などの確認もきっちりとして境内でコスプレというのも許可しました。
これ無許可でやられたり、マナーを守らずにやられると規制したりしないといけなくなりますが、神社のルールやマナーをまもって楽しくやってもらう分にはどんどん来てもらったら構いません。
続きを読む

悪気はない

ここ最近わたし少しだけ迷っていることがあります。
ちょっと気になっています。でもすぐに忘れているから、悩んでしまうというほどのことではありません。

どれくらい前からかはわかりませんが、ほぼ毎日お参りにこられる方がおられます。ちょっと目立つのですぐに覚えました。
なにが目立つのかというと、自転車で颯爽とシャアっと神社へやってこられます。
自転車で颯爽たるシャアっとやってくることそれは別に珍しくはありません。自転車で神社に来られる方もたくさんおられますから。その後です。
普通は自転車でやってきて、境内でおりて、自転車を停めて、参拝して、そして再び自転車にのって帰っていくというのが一般的です。丁寧な方は神社の外で自転車を停めて参道を歩いて参拝されます。これが本来です。
ただ、その方は颯爽と自転車でやってきて、そのまま賽銭箱の前までいき、お賽銭を入れ、鈴を鳴らして、拝んで、普通に自転車で帰っていかれます。つまり自転車にのったまま参拝なんです。
最初みたときは衝撃でした。
おぉ、( ̄□ ̄;)!!自転車にのったまま拝んでいる人がいる!!と。

「ドライブスルー」というシステムがあります。車にのったままハンバーガーなど注文できてそのまま持って帰れるというもの。マク○ナルドなどファストフード店でよくある仕組みですが、もっと別のドライブスルーを以前テレビで見て驚いたことがあります。
それはドライブスルーお葬式。
続きを読む