04/17のツイートまとめ

takenobuinari

@mimichan0713 本日から雨ですが、桜はまだなんとかがんばっています。
04-17 17:12

絵本つくり

5月14日(日)が当社、武信稲荷神社の春のお祭りです。
お祭りにあわせて境内では、模擬店がでて焼きそば、うどん、フランクフルト、出し巻き、わたがし、ビール、ジュース他にもいろいろあります。子供向けに無料ゲームコーナーもあります。
IMG_7769.jpg



その他にも、毎年体験型の屋台も出店されまして、みなさん楽しんでもらっています。今年は豆本作り体験の屋台がでる予定です。
神社の近くにお住まいの画家の先生が協力してくださり、先生の作品展示と、先生の絵本のオリジナル豆本をつくるという企画です。
豆本とは要するに小さな小さな絵本のことです。手のひらサイズのものですのでだいたい7~8センチくらいの大きさのものが多いようです。小さいものだと1センチくらいのものもあります。

170417.jpg

こういうものです。画像はwikipediaより


それで、その画家さんから神社のオリジナルの絵本をつくり、それを豆本にしてはどうですか?と提案をいただきました。文章をわたし(神主)がつくり、それに画家先生が絵を描いてくださるというものです。
それはいい。ということでその方向でやることになりました。
続きを読む

04/09のツイートまとめ

takenobuinari

雨は朝8時頃に止みました。11時、13時のお祭りのときにはしっかり晴れました。ありがとうございました。よかった~
04-09 18:07

04/08のツイートまとめ

takenobuinari

明日は武信稲荷神社の他に、司が兼務している神社の春祭りです。天気予報は雨・・・宮司は晴れ男なので、神社の役員さんたちは降らないこと期待されております。なんとかお祭りの間だけでも晴れてくれますように。
04-08 12:15

04/07のツイートまとめ

takenobuinari

@meguriaic_maigo リプライというのですね。いま気づきました・・・私達が生まれるずーっと前からそこに在り、そしてこの先もずーっと在り続けられるよう、僭越ながら御奉仕です
04-07 16:48

@mimichan0713 社務所前の枝垂れ桜は満開になりました。開花を確認してからわずか2日。しかし今日から雨です・・・
04-07 16:29

一昨日開花したとおもったら、もう満開!!でも今日は雨、明日と明後日も雨・・・次の晴れまでがんばれ~ https://t.co/boaCKVbVP4
04-07 15:58

04/06のツイートまとめ

takenobuinari

桜さきました!昨日一斉にに開いたようです。よその桜はもう満開ですがうちの神社の桜はようやく1本開いたところ。明日から雨のようですが・・・ https://t.co/oHcCZUQuzf
04-06 09:45

御利益

先日、神様から大きな御利益をいただけて喜んでいるという話しを同じ日にお聞きしたので、ちょっとうれしいなと思いそれを紹介します。
一つ目は授与所にて。対応は巫女さんがしており、巫女さんが授与所で参拝の方とお話しをしていたときのこと。別に聞き耳を立てていたとかこっそり聞いたとかそういうことでなくって、私も授与所の横のほうにいて仕事していましたので自然と聞こえてくるのです・・・(^^ゞ

当神社には「えのき」の御神木あり、えのきは縁の木ともいわれ良縁を願う方がたくさん訪れます。縁結びの御守りもありまして、この御守りも神社に縁のある坂本龍馬とおりょうをモチーフにしたもので皆さんによろこんで頂いています。
170406_MG_0979.jpg


そのときの女性方も縁結びの御守りを受けていかれたのですがそのときに、
「私は今日はじめて来たのですが、友人達が以前この縁結び御守りをいただいているのですが、それまで異性とのご縁とか、そんな気配の全くなかった友達が立て続けに4~5人結婚しました。それでその友達がみんなこの御守りの御利益すごいよ。あなたも行ってきな、と言われたので今日きたんです」
とおっしゃっていました。

神社としてもやはりこういう喜びの声を聞くのはうれしいものです。
今回の方もぜひよいご縁が結ばれるようお祈りいたします。


次は御祈祷のあとにお話しをうかがったときのこと
続きを読む

04/01のツイートまとめ

takenobuinari

桜が咲いたとニュースになっていますが、うちの神社はまだ少し先のようです。あと少し! https://t.co/edG0nEwvbc
04-01 23:40

神棚

本日お焚上げを行いました。前回3月15日に予定していましたが雨と強風のため延期をして本日になりました。
お焚上げを平たく言うと古い御札や御守り等、神様にかかわるものゴミとして捨てることはできないものを燃やすことです。神社にはたいていは古札納処があり古い御札や御守りを納めることができますので、納められたそれらをお祓いして燃やします。
火の霊力によって本来あるべきところへ還すということですね。
170328CIMG4053.jpg


だいたい3~4カ月に1度くらいの頻度でおこなうのですが、前回は節分祭にもお焚上げを行っていますからまだ1カ月程しか経過していません。今回は通常の納め物(古い御札や御守り)ではなく臨時でして、引っ越しや家屋の解体等で止むを得ず撤去した自宅でお祀りしていた神棚等のお焚上でした。

今回のものは御自宅に神様にお鎮まり頂いていたかたちで、つまりは自宅に小さな神社をつくっていたというものですので、神棚の大きさもかなり大型。神棚でなければ専用の社殿をつくったります。最初にお祀りしてから数十年、もしかするともっと長いというのもよくあります。
まずはそのお宅へ伺って御祓い、祭典をおこないます。今までの感謝を申し上げ、これから神棚を外すことを奉告します。祭典の後、神棚を撤去して神社に持ち帰りお焚上げとなります。
これ重なるときは重なるもので同様のケース、2月と3月の間で5軒ほどのお宅に伺って神棚を撤去して神社に持ち帰っています。一つの神棚が結構大きいですから5軒分でかなりかさ張ります。
続きを読む

お焚上お知らせ

3月28日午前中
古札、古御守等お焚上をおこないます

3月15日に予定していましたが、雨天と強風のため延期しておりました
当日は少々煙があがりますがどうぞよろしくお願いいたします